G Tips

Google アシスタントで英会話をする

  • Release

Google アシスタントで使用する言語を変更して、英会話の練習をする方法をご紹介します。

アシスタントが話す英語は、アメリカ、イギリス、インドなど数種類の中から選択することができます。

アシスタントに英語で質問や依頼をして、英会話の練習を始めてみましょう。

Google アシスタントで英会話の練習をする

Google アシスタントで英会話の練習をするには、アシスタントの設定で言語を変更する必要があります。

ただし、言語を変更すると、そのアカウントにリンク済みのGoogle NestやGoogle Homeのスピーカーやディスプレイのアシスタントの言語も変更されます。また、言語が変更されるまで約1日かかることもあります。

iPhoneとAndroidそれぞれの操作手順を説明します。

iPhone

プロフィールアイコンをタップ

Google アシスタントアプリを開き、プロフィールアイコンをタップします。

言語を選択

「言語」を選択します。

日本語をタップ

アシスタントの言語は、日本語以外の対応言語に変更することができますが、日本語と英語のように2つの言語を設定することもできます。

ただし、日本語と英語を設定すると、英語で話しかけても日本語で答えてくることもありますので、今回はアシスタントの言語を英語に変更します。

「日本語(日本)」をタップします。

English(United States)を選択

対応言語一覧が表示されますので、「English」を選択します。

「English」だけでもAustralia、Canada、India、Singaporeなどいろいろあります。例として「English(United States)」を選択します。

<をタップ

「English(United States)」にチェックマークがつきます。「<」をタップします。

Englishに変更

アシスタントの言語が「English(United States)」に変更されました。

英語の会話の内容

設定が完了したら、さっそく英語で話しかけてみましょう。

例として「OK Google how are you」と聞くと、「I’m fine. You’re very kind to ask, especially in these tempestuous times」と答えてくれました。

画面に会話の内容が表示されますので、アシスタントがなんと言ったのかわからなくても、確認することができます。また、自分の音声が正しく認識されているかのチェックも可能です。

Android

アシスタントの設定を開いての表示

例として、Pixel 4aでの操作手順をご紹介します。

「OK Google アシスタントの設定を開いて」と話しかけます

Voice Matchを設定していない方は、Google アシスタントアプリを開き(またはGoogle 検索バーのマイクアイコンをタップ)、「アシスタントの設定を開いて」と話しかけます。

設定をタップ

「設定」をタップします。

言語を選択

「言語」を選択します。

日本語をタップ

アシスタントの言語は、日本語以外の対応言語に変更することができますが、日本語と英語のように2つの言語を設定することもできます。

ただし、日本語と英語を設定すると、英語で話しかけても日本語で答えてくることもありますので、今回はアシスタントの言語を英語に変更します。

「日本語(日本)」をタップします。

English(Australia)を選択

対応言語一覧が表示されますので、「English」を選択します。

「English」だけでもAustralia、Canada、India、Singaporeなどいろいろあります。例として「English(Australia)」を選択します。

English(Australia)に変更

言語が「English(Australia)」に変更されました。

マイクアイコンをタップ

さっそくアシスタントに英語で話しかけてみましょう。

言語を変更すると「OK Google」がオフになりますので、Google 検索バーのマイクアイコンをタップします。

ダウンロード開始ボタンをタップ

「アシスタントでデータのダウンロードが必要です」と表示されますので、「ダウンロードを開始」ボタンをタップします。

Hi, how can I help?の表示

ダウンロード終了後、Google 検索バーのマイクアイコンをタップすると「Hi, how can I help?」と表示されますので、「what kind of animals do you like?」と話しかけてみます。

Emus amuse meの表示

アシスタントが「Emus amuse me」と答えました。

会話の内容が表示されますので、自分の発音が正しいかどうかもチェックできます。

Voice Matchの設定

言語を変更後に「OK Google」をオンにするには、Voice Matchの再設定が必要になります。

Voice Matchの設定方法については、下記記事の「Google アシスタントに声を認識させる(Voice Match)」セクションでご紹介しています。アシスタントの設定は「Assistant settings」と話しかけると表示されます。

言語を日本語で設定している場合は「OK Google、明日の天気は?」などと話しかけて音声を認識させていましたが、今度は「OK Google, what’s the weather tomorrow?」など、英語で話しかけてVoice Matchの設定をします。

OK Google アシスタントを開いて

このページを見ている人におすすめの商品