G Tips

スピードテストのGoogle Chrome拡張機能

  • Release

こちらの記事では、スピードテストに関するGoogle Chromeの拡張機能についてご紹介します。

スピードテストができる拡張機能を利用することで、現在接続している、インターネットへの接続品質を測ることができます。

スピードテストするGoogle Chrome拡張機能のダウンロード方法

スピードテストができるGoogle Chromeの拡張機能のダウンロード方法をお伝えします。

追加ボタン

「Speedtest by Ookla」のダウンロードページを開き、「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

拡張機能を追加

「『Speedtest by Ookla』を追加しますか?」という確認画面が表示されるので、「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

これで、「Speedtest by Ookla」のダウンロードが開始します。

ダウンロード完了

Google Chromeの画面右上に、「Speedtest by Ookla」のアイコンが表示されれば、拡張機能のダウンロードは完了です。

「Speedtest by Ookla」でスピードテストをする方法

スタート

「Speedtest by Ookla」のアイコンをクリックし、②表示される画面から「スタート」ボタンをクリックします。

「スタート」ボタンをクリックすると、スピードテストが開始されます。

計測完了

20秒~30秒程度経つと、測定が完了します。それぞれの指標の見方は以下の通りです。

PING

「PING値」とは、データの送受信にかかる時間を数値化したものです。PING値が低いほど、通信の応答速度も速くなるので、インターネットを快適に利用できます。

目安としては、数値が50ms(ミリセカンド)以下だと、快適なインターネット環境といえます。

ダウンロード(下り)

「ダウンロード」値として表示される値は、データを受信する速度を表し、値が高ければ高いほど、インターネット環境を快適に利用できます。

メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのはこちらの、「ダウンロード(下り)」の値です。

快適にインターネットを利用できる目安としては、10~30Mbps以上といわれています。

アップロード(上り)

「アップロード」値として表示される値は、データを送信する速度を表し、値が高ければ高いほど、インターネット環境を快適に利用できます。

動画や写真をアップロードしたり、メールで送信したりする上で重要なのはこちらの、「アップロード(上り)」の値です。

快適にインターネットを利用できる目安としては、ダウンロードと同様に10~30Mbps以上といわれています。

快適なインターネットの利用の目安は、一般的なWebサイトの閲覧や動画サイトの閲覧などに限定した場合です。インターネット上でゲームを行う、動画配信を行うなどの場合は、よりハイスピードな環境を求められる場合があります。

このページを見ている人におすすめの商品