G Tips

スマホ(iPhone)でGoogleの検索履歴が削除できない場合

  • Release

こちらの記事では、スマホでGoogleの検索履歴が削除できない場合の対処法をご紹介します。

検索履歴には、人に見られたくないプライベートなものも含むこともあるので、削除したいときにできないと焦りますよね。

iPhone、Androidそれぞれのデバイスにおいて、検索履歴が削除できない場合の対処法をご紹介します。

スマホでGoogleの検索履歴が削除できない場合

スマホでGoogleの検索履歴を削除できない(消えない)場合の対処法をご紹介します。デバイスごとに記載しますので、お使いのデバイスに合わせてご覧ください。

iPhoneの場合

iPhoneで検索履歴の削除ができない場合の対処法をご紹介します。

iPhoneはデフォルトのブラウザアプリである「Safari」に残されている検索履歴を削除するという前提で、対処法をご紹介します。

Safariを再起動する

Safariを再起動することによって、検索履歴を削除できないというトラブルが解決することがあるので、ぜひ下記の内容を参考に試してみてください。

スワイプ

画面を上にスワイプすると上記の画面が開くので、Safariの画面を上にスワイプしてアプリを終了させます。

再度Safariを起動して、検索履歴の削除操作を行ってみてください。

iPhoneを再起動する

iPhoneのシステム内で何か予期せぬ問題が起こっているのかもしれません。一度電源をOFFにし、再起動させて、再度検索履歴の削除操作を行ってみてください。

Google アカウントから削除する

Safariに残っている検索履歴を消しても、Googleの検索窓に検索履歴が残っているということがあります。

この現象は、Googleにログインした状態で検索をした時に、Google アカウントに検索履歴が残ってしまっていることが原因となっています。

Google アカウントに保存されている検索履歴を、iPhoneで削除する方法は以下の通りです。

アカウントアイコン

Googleにアクセスして、画面右上のログインしている①Google アカウントのアイコンをタップし、表示されるメニューから②「Google アカウントを管理」ボタンをタップします。

データとプライバシー

Google アカウントの設定画面が開いたら、①上部のメニューから「データとプライバシーをタップして、②「マイアクティビティ」ボタンをタップします。

フィルタ

「マイアクティビティ」画面が開いたら、「日付とサービスでフィルタ」をタップします。

チェック

フィルタの画面が開いたら、①「検索」にチェックを入れ、②「適用」ボタンをタップします。

削除

マイアクティビティの画面が再度開いたら、「検索結果を削除」ボタンをタップします。

確認

削除される項目の確認画面が開くので、検索履歴が表示されていることを確認し、「削除」ボタンをタップします。

完了

以上で、Google アカウントに保存されている検索履歴の削除は完了です。

Androidの場合

Androidで検索履歴を削除できない場合は、以下の記事で紹介している内容を試してみてください。

「検索履歴をひとつだけ削除できない場合」の対処法として記載していますが、すべての履歴を削除できない場合の対処法としても有効です。

AndroidでGoogleの検索履歴がひとつだけ削除できない場合

このページを見ている人におすすめの商品