G Tips

Google アカウントが勝手にログアウトされる場合

  • Release

Google アカウントが勝手にログアウトされると、不正アクセスかも?と不安になってしまいませんか。

ですが多くの場合は、設定を確認し設定し直すことで解消されます。

こちらでは設定から「勝手にログアウト」を解消する方法、そして気になる不正アクセスを確認する方法もご紹介いたします。

Google アカウントが勝手にログアウトされる場合

Cookieを有効にする

Cookieを有効にすると、ログイン状態の維持、サイトの設定の保存、現在地に関連するコンテンツの表示などが行われます。

Google アカウントが勝手にログアウトされる場合は、Cookieの有効を確認しましょう。

chromeの設定を選択

Google Chromeを開き①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「設定」を選択します。

プライバシーとセキュリティを選択

設定の画面が表示されたら、①「プライバシーとセキュリティ」、②「Cookieと他のサイトデータ」の順に選択します。

Cookieをすべてを受け入れるをクリック

「Cookieをすべて受け入れる」をクリックします。

全てのウィンドウを閉じたときにCookieとサイトデータを削除するをオフ

「すべてのウィンドウを閉じるときにCookieとサイトデータを削除する」がオンになっている場合は、ウィンドウを閉じたときにログアウトされ、再度ログインが必要となります。

ウィンドウを全て閉じてもログイン状態を保ちたい場合は、オフにしましょう。

ブラウザのキャッシュを削除する

Cookieが有効になっている場合、ブラウザのキャッシュの削除を行ってください。

基本設定を選択

ブラウザでGoogle Chromeをご利用の方は、「Ctrl」+「Shift」+「Delete」キーを押すと、「閲覧履歴データの削除」ダイアログボックスが表示されます。

「基本設定」を選択してください。

データを削除ボタンをクリック

「削除したい期間(例:全期間)」を選択し、②「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」、③「データを削除」ボタンの順にクリックします。

これでブラウザのキャッシュを削除できました。

ログアウトしたデバイスを確認する

上記の方法を試しても、勝手にログアウトされ不正アクセスを疑う場合は、ログアウトしたデバイスを確認してみましょう。

Googleアカウントの管理を選択

Google Chromeにログインした状態で、①「プロフィールアイコン」をクリックし、②「Google アカウントの管理」を選択します。

セキュリティを選択

Google アカウントの画面が開かれたら、「セキュリティ」を選択します。

デバイスの管理をクリック

お使いのデバイスの、「デバイスを管理」をクリックします。

詳細ボタンをクリック

ログアウトしたデバイスが表示されます。ログアウトした覚えのないデバイスが表示された場合は、「詳細」ボタンをクリックしてください。

このデバイスの心当たりがない場合をクリック

詳細を確認し、不正アクセスが疑われる場合は「このデバイスに心当たりがない場合」をクリックします。

パスワードの変更が促されますので、表示に従ってパスワード変更画面へと進みましょう。

iPhoneで勝手にログアウトされる

iPhoneでGoogle アカウントが勝手にログアウトされる場合も、同じ原因が考えられます。

まずは、ブラウザのCookieが有効になっているかを確認しましょう。

設定をタップ

Chromeアプリは、自動的に有効となりその状態が保持されるため、こちらではSafariを使った方法を説明いたします。

ホーム画面から、「設定」をタップします。

Safariを選択

設定画面が開かれたら、「Safari」を選択します。

全てのCookieをブロックをオフ

プライバシーとセキュリティの「すべてのCookieをブロック」を確認してください。

オンになっている場合は、オフにしましょう。

設定をオフにした後は、Safariで開いていたサイトを閉じ、5分ほど時間を置いて再度Safariを開いて下さい。

[Google アカウント ログアウト]の関連記事

Page Top