G Tips

Google アシスタントとLINEを連携した使い方

  • Release

この記事では、Google アシスタントとLINEを連携した使い方について詳しく説明します。

Androidユーザーのみしか利用できませんが、「OK Google」と話しかけるだけでLINEを操作できます。

利用設定の手順やメッセージの送信方法などをご紹介しますので、さっそく使ってみましょう。

LINEがGoogle アシスタントに対応

Googleアシスタント公式サイト

LINEがAndroidのGoogle アシスタントに対応開始となったのは、2020年からです。

LINEアプリを開かなくても、Google アシスタントに話しかけるだけでメッセージの読み上げや送信ができるので、手が離せないシーンなどで大変便利です。

対応デバイスはAndroid 5.0 以降のスマホで、LINEアプリのバージョンは10.4.0以降となっています。

Google アシスタントでLINEを操作

Google アシスタントは、LINEの読み上げや送信もできます。その利用設定や操作方法について説明します。

Voice Matchの設定

「OK Google」でLINEを操作するには、Voice Matchの設定が必要です。

Voice Matchの設定方法については、下記記事の「Google アシスタントに声を認識させる(Voice Match)」セクションで説明しています。まだ設定されていない方は、ご参照ください。

OK Google アシスタントを開いて

Google アシスタントの利用設定

設定アイコンをタップ

初めてGoogle アシスタントでLINEを操作するには、利用設定が必要です。

LINEアプリを開き、「設定」アイコンをタップします。

Googleアシスタントを選択

設定画面が表示されますので、下へスクロールし「Google アシスタント」を選択します。

トグルスイッチをタップ

「LINE友だちを連絡先に追加」のトグルスイッチをタップします。

追加するをタップ

「友だちを連絡先に追加」ダイアログボックスが表示されますので、内容を確認し「追加する」をタップします。

許可をタップ

『連絡先へのアクセスを「LINE」に許可しますか?』と表示されますので、「許可をタップ」します。

この後友だちの情報が連絡先へ追加されますが、友だちが多い場合は多少時間がかかります。

連絡先に追加完了

「連絡先に追加しました」と表示され、これでLINE友だちの情報がデバイスの連絡先に追加されました。

連絡先に名前を登録して通話をする

▼をタップ

Google アシスタントの利用設定を行うと、連絡先に名前が登録されます。しかし、LINE通話をすることは現時点ではできません。

「OK Google ○○にLINEで電話して」と話しかけると、「どの連絡先に電話しますか?」と表示されますので、「▼」をタップします。

通話をしたい友だちを選択

LINEの友だちが表示されますので、通話をしたい友だちを選択します。

○○さんの電話番号はありませんの表示

「○○さんの電話番号はありません」と表示されます。

LINEみんなの使い方ガイド

LINEみんなの使い方ガイドを確認しても、Google アシスタントのLINE通話に関する記載はありません。

読み上げをする

OKをタップ

新着メッセージを確認するには、①「OK Google メッセージを読んで」と話しかけます

「届いている通知を読み上げることをアシスタントに許可します」ダイアログボックスが表示されますので、②「OK」をタップします。

Googleを選択

通知の設定画面が表示されますので、「Google」を選択します。

トグルスイッチをタップ

「通知へのアクセスを許可」のトグルスイッチをタップします。

許可をタップ

「Google による通知へのアクセスを許可しますか?」と表示されますので、内容を確認し「許可」をタップします。

メッセージを読んでと話しかける

「通知へのアクセスを許可」がオンになったことを確認し、再度「OK Google メッセージを読んで」と話しかけます

メッセージの内容

今回の例では「新しいメッセージは1件です。○○さんからのLINEのメッセージです。(メッセージの内容)。返信しますか?」と答えてくれました。

連絡先に名前を登録して送信をする

○○にLINEしてと話しかける

Google アシスタントでのメッセージの送信はテキストに限られ、スタンプの送信はできません。また、1対1のトークでのみ利用できます。

Google アシスタントの利用設定で連絡先に名前は登録されていますので、メッセージを送信する場合は①「OK Google ○○にLINEして」と話しかけます

送信相手がわからない場合は「すみません。どの連絡先にメッセージを送信するか、もう一度お願いします。」と返答されます。その場合は②「▼」をタップします。

送信相手を選択

送信相手を選択します。

メッセージの内容

「はい。メッセージをお願いします。」と表示されますので、メッセージの内容を話しかけます

送信しますか?の表示

「次のメッセージを送信します。(メッセージの内容)。送信しますか?変更しますか?」とアシスタントが話しますので、内容に問題がなければ「送信」と話しかけます。変更する場合は、「変更」と話しかけてください。

例として「送信」と話しかけます。

メッセージを送信しましたの表示

「メッセージを送信しました」と表示されます。

LINEのトーク画面

LINEアプリのトーク画面を見ると、送信されていることが確認できます。

送信できない場合

連絡先に登録している名前とLINEに登録している名前が違う場合、メッセージを送信できないことがあります。

例えば、Google 連絡先には「パパ」で登録されているのに、LINEで登録している名前が「お父さん」というケースです。

この場合は、一度LINEの設定でアシスタントの「LINE友だちを連絡先に追加」を解除し、Google 連絡先と同じ名前に変更後に再度オンにしてください。その後Google アシスタントにメッセージの送信を依頼してみましょう。

LINEの設定方法については、この記事の「Google アシスタントの利用設定」セクションをご参照ください。

Google アシスタントがうざい場合は?

Google アシスタントがうざいと感じる場合は、完全無効にしましょう。

Androidのアシスタントを完全無効にする設定方法については、下記記事でご紹介しています。

アシスタントをオフにするだけではなく、設定アプリでデジタルアシスタントアプリを「なし」に変更する必要があります。

グーグル アシスタントをオフ(完全無効)にする方法

Google アシスタントとLINEの連携ができない

デバイスとアプリのバージョンを確認

Google アシスタントとLINEを提携するには、Android 5.0 以降のスマホであることと、LINEアプリのバージョンは10.4.0以降が必要とされています。

アプリの自動更新をオンにしていない方は、念のため確認しましょう。

デバイスとアプリの再起動

LINEアプリおよびAndroidスマホを再起動しましょう。その後で再度アシスタントとLINEの連携ができるか、お試しください。

アシスタントの設定を解除する

アシスタントとLINEを連携する際に、LINE友だちを連絡先に追加しますが、一度その設定を解除し、少し時間を開けてから再度オンにしてみましょう。

その後でアシスタントとLINEを連携できるか、ご確認ください。

このページを見ている人におすすめの商品