G Tips

PCでのGoogle アシスタントの使い方

  • Release
  • Update

この記事では、PCでのGoogle アシスタントの使い方に関する情報をまとめてご紹介します。

スマホやスマートスピーカーなどで使えるGoogle アシスタントは、PCの操作もできるのか、またその設定方法や使えるかどうかを検証した結果について説明します。

PCでのGoogle アシスタントの使い方

Chromebookヘルプ

残念ながら、デスクトップ版のGoogle アシスタントは現時点ではありません。

Googleが開発したChrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」であれば、Google アシスタントに話しかけてPCの操作や予定の管理などはできますが、WindowsやMacではGoogle アシスタントは使えません。

しかし、Google アシスタントを使用してコンピューターをコントロールできるソフト「AssistantComputerControl」を使えば、Google NestやGoogle ホームのスマートスピーカーおよびIFTTTと連携して、PCでGoogle アシスタントが使えるようになる可能性があります。

その設定方法および検証した結果については、次のセクションでご紹介します。

Google アシスタントでPCを操作する

フリーソフト「AssistantComputerControl」とスマートスピーカー(Google Nest Mini)そしてIFTTTを使って、Google アシスタントでPC(Windows)を操作するための設定方法をご紹介します。

AssistantComputerControlのダウンロードおよびインストール
ダウンロードボタンをクリック

AssistantComputerControlをPC(Windows)にダウンロードおよびインストールする手順をご紹介します。

AssistantComputerControlにアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックします(英語表記のサイトとなりますが、Google 翻訳を使って日本語に翻訳して表示しています)。

ACCsetup.exeをクリック

ダウンロードが始まります。終了後に「ACCsetup.exe」をクリックします。

Next>をクリック

「Welcome to the AssistantComputerControl Setup Wizard(AssistantComputerControl セットアップウィザードへようこそ)」と表示されますので、「Next >」ボタンをクリックします。

Next>をクリック

「Select Installation Folder(インストールフォルダを選択)」と表示されます。今回はデフォルトのままにし、「Next >」ボタンをクリックします。

Installをクリック

「Ready to Install(インストールの準備)」と表示されますので、「Install」ボタンをクリックします。

インストール画面

インストールが開始しますので、そのまま待ちます。

はいをクリック

「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」ダイアログボックスが表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。

Finishをクリック

インストールが完了すると「Completing the AssistantComputerControl Setup Wizard(AssistantComputerControl セットアップウィザードの完了)」と表示されますので、「Finish」ボタンをクリックします。

IFTTTのアカウントとアプレットの作成
IFTTT公式サイト

IFTTT(イフト)は「If This Then That」の略で、ウェブで使うアプリやサービスを連携させて自動化できるサービスです。無料で利用できますが、作成できるアプレットは5つまでなどの制限があります。

IFTTTはアプリもあり、iPhoneAndroidでも使えます。また、初めて使う方は、アカウントの作成が必要です。今回はGoogle Nest Miniを使いますので、Google アカウントを使ってログインします。

続けるボタンをタップ

例として、AndroidのIFTTTアプリでの操作手順をご紹介します。Web版はすべて英語表記となりますが、アプリは日本語で表記されています(一部英語表記あり)。

IFTTTアプリを開き、「続ける」ボタンをタップします。

Googleで続行ボタンをタップ

Googleで続行」ボタンをタップします。

続行ボタンをタップ

「Googleでログイン」画面が表示されますので、「続行」ボタンをタップします。

アカウント名として続行ボタンをタップ

「(アカウント名)として続行」ボタンをタップします(今回の例では再ログインとなっています)。

ログインするアカウントは、Google Homeアプリにログイン済みのアカウントと同じものにしましょう。

✕をタップ

IFTTT Pro(有料サービス)の案内画面が表示されますので、「✕」をタップします。

作成するアイコンをタップ

アプレットを作成するため、「作成する」アイコンをタップします。

アプレットとは、フレーズと操作の組み合わせを指します。今回の例では、「OK Google PCをシャットダウンを有効にして」というフレーズを話しかけると、Google アシスタントがPCの電源をオフにするアプレットを作成します。

分かった。ありがとう!ボタンをタップ

「遅延はここに!」ダイアログボックスが表示されますので、「分かった。ありがとう!」ボタンをタップします。

If Thisをタップ

「If This」をタップします。

Google Assistant V2を選択

検索ボックスに①「Google」と入力し、表示された検索結果一覧の中から②「Google Assistant V2」を選択します。

Activate sceneをタップ

「Activate scene」をタップします。

接続するをタップ

「接続する」をタップします。

下へスクロール

GoogleとIFTTTの連携手順が表示されます。また、登録したGmailアドレスにもメールが届きます。

Google 翻訳の①「日本語」をタップし、内容を確認して②下へスクロールします。

Googleホームを開くボタンをタップ

「Google ホームを開く」ボタンをタップします。

次へをタップ

「次へ」をタップします。

承認するボタンをタップ

「Google アシスタントにIFTTT アカウントへのアクセスを許可しますか?」と表示されますので、「承認する」ボタンをタップします。

OKをタップ

「No devicec were found in your IFTTT account(IFTTT アカウントにデバイスが見つかりませんでした)」ダイアログボックスが表示されます。

ここでは「OK」をタップし、先に進みます。

設定アイコンをタップ

Google Homeアプリのホーム画面が表示されますので、再度連携をしてみます。

「設定」アイコンをタップします。

Googleと連携させるを選択

「Google と連携させる」を選択します。

虫めがねアイコンをタップ

「虫めがね」アイコンをタップします。

IFTTTをタップ

検索バーに①「ifttt」と入力し、表示された検索結果の②「IFTTT」をタップします。

次へをタップ

「次へ」をタップします。

作成するアイコンをタップ

IFTTTアプリに戻りますので、再度「作成する」アイコンをタップします。

If Thisをタップ

再度「If This」をタップします。

Google Assistant V2を選択

検索ボックスに①「Google」と入力し、表示された検索結果一覧の中から②「Google Assistant V2」を選択します。

Activate sceneをタップ

「Activate scene」をタップします。

続けるをタップ

「Scene name」を入力し、②「続ける」をタップします。

今回の例では、「Scene name」に「パソコンをシャットダウン」と入力します。

Then Thatをタップ

「Then That」をタップします。

Google Driveを選択

「Google Drive」を選択します。

Upload file from URLをタップ

「Upload file from URL」をタップします。

続けるをタップ

AssistantComputerControlが指定するシャットダウン用の設定をします。入力についてはApplet helperに記載されていますので、間違えないように注意しましょう。

「File URL」に①「https://acc.albe.pw/do_action.txt?a=shutdown」、「File name」に②「computerAction.txt」、「Drive folder path」に③AssistantComputerControl/」と入力し、④「続ける」をタップします。

続けるをタップ

「続ける」をタップします。

終了するをタップ

「終了する」をタップします。

アプレットの完成

これでアプレットが完成しました。

AssistantComputerControlを設定する
AssistantComputerControlアイコンをクリック

PCのタスクバーに追加された「AssistantComputerControl 」アイコンをクリックします。

Vをクリック

「Choose your language(言語の選択してください)」と表示されますが、残念ながら日本語は選択できません。

「V」をクリックして、確認してみましょう。

Englishを選択

「Japanese」は表示されませんので、そのまま「English」を選択します。

Continue with Englishボタンをクリック

「Continue with “English”(英語で続ける)」ボタンをクリックします。

Google Driveを選択

このソフトを使うためには、クラウドサービスが必要です。Dropbox、Google Drive、OneDriveがサポートされていますので、利用するクラウドサービスを選択します。

例として「Google Drive」を選択します。

チェックボックスをクリック

「Google Drive」を選択すると、「Google ドライブがうまく機能せず、ACCが機能しないことがよくあります。可能であれば、DropboxまたはOneDriveを使用してください。とにかく続行したい、機能させるようにしたい場合は、チェックボックスをクリックしてください」と表示されます。

今回は、このままチェックボックスをクリックします。

Proceed with Google Driveボタンをクリック

「Proceed with Google Drive(Google ドライブで進む)」ボタンをクリックします。

>をクリック

「Install Google Drive(Google ドライブをインストールする)」と表示されますが、今回の例ではすでにパソコン版Google ドライブをインストール済みのため、「installed!」になっています。

「>」をクリックします。

エラーの表示

エラーが表示されました。「Try again」ボタンをクリックし、再度Google Driveを選択してもエラーが表示されます。

動作環境によるかもしれませんが、やはりGoogle Driveではうまく機能しないのかもしれません。

次は、OneDriveで検証してみます。アプレットはGoogle ドライブで設定していますので、OneDriveに変更します。

アプレットを編集する
作成したアプレットをタップ

IFTTTアプリを開き、「作成したアプレット」をタップします。

設定アイコンをタップ

「設定」アイコンをタップします。

actionを削除するを選択

「Then」をタップし、②「actionを削除する」を選択します。

「actionのサービスを変更する」を選択するとエラーが表示されたため、今回は削除して再設定します。

Then Thatをタップ

「Then That」をタップします。

OneDriveを選択

検索ボックスに①「onedrive」と入力し、表示された検索結果の②「OneDrive」を選択します。

Create text fileを選択

「Create text file」を選択します。

接続するをタップ

「接続する」をタップします。

次へボタンをタップ

Microsoftのサインイン画面が表示されますので、①「メール、電話またはSkype」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

サインインボタンをタップ

「コード」を入力し、②「サインイン」ボタンをタップします。

内容を確認

「このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?」と表示されますので、記載されている内容を確認します。

はいボタンをタップ

内容を確認後、一番した下に表示されている「はい」ボタンをタップします。

アクションの設定画面

Google ドライブの時と同様に、AssistantComputerControlが指定するシャットダウン用の設定をします。

デフォルトでは上記のように表示されます。

Applet helper

Applet Helperで入力内容を確認します。

続けるをタップ

「Filename」に①「computerAction」、「OneDrive folder path」に②AssistantComputerControl/」、「Content」に③「shutdown」と入力し、④「続ける」をタップします。

アクション入力画面

画面が移行しません。

入力内容をいろいろ変更して試しましたが、今回の検証ではOneDriveでアプレットを作成することができませんでした。

Googleアシスタントヘルプ

 また、Google アシスタント ヘルプには、Google アシスタントがIFTTTと連携する方法が変更されると記載されています。今後何か発表があるかもしれません。

Google アシスタントでPCを操作するのは、Chromebookを使うのが一番簡単です。「ドキュメントを作成して」「音量を○%に上げて」などのさまざまなコマンドを使って、PCを操作することが可能です。

このページを見ている人におすすめの商品

Google Nest-Chalk ????

Google Nest-Chalk ????

Google

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報