G Tips

Google Chromeを日本語化(言語設定)する方法

  • Release

こちらの記事では、Google Chromeを日本語化(言語設定)する方法をご紹介します。

利用ユーザー自身が使いやすい言語設定に変更することによって、Google Chromeでの利用効率は格段に上がります。

Google Chromeの言語設定の具体的な手順のほかに、日本語が表示されない場合や、入力についての情報もお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

Google Chromeを日本語化(言語設定)する方法

Google Chromeを日本語化したいということは、現在は他言語で利用している状況の方が多いと思いますので、今回は英語版から日本語版に変更する方法をご紹介します。

作業時間:2分

メニューを開く

settings

Google Chromeを開き、①画面右上の「メニュー」アイコンをクリックし、②「Settings」を選択します。

「Settings」一覧

ボタンを押す

「Settings」の一覧から、①「Languages」を選択し、②「Add languages」ボタンをクリックします。

言語を選ぶ

言語を選ぶ

①「Japanese - 日本語」にチェックを入れて、②「Add」ボタンをクリックします。

言語の設定を開く

メニュー

「Order languages based on your preference」に追加された「japanese」の「メニュー」アイコンをクリックします。

チェックを入れる

チェックを入れる

表示される項目から、「Display Google Chrome in this language」にチェックを入れます。

Google Chromeを再起動する

再起動

最後に、「Relaunch」ボタンをクリックしてGoogle Chromeを再起動します。

日本語への切り替え完了

完了

画面のようにGoogle Chromeが日本語表示になれば、設定完了です。

言語を変更する方法

Google Chromeの言語を変更する方法は、上記で説明している内容と同様です。

言語によってボタンの表記が変わりますが、基本的な手順や、ボタンの位置は同じですので、上記の内容を参考にトライしてみてください。

日本語が表示されない場合

Google Chromeの設定言語を日本語にしたはずなのに、表示されないという場合は以下の対応を行ってみてください。

Google Chromeを再起動する
終了

Google Chromeの言語設定する操作の中で、つい忘れがちなのが、Google Chromeの再起動です。

上記で紹介している手順の中に、ボタンを押して再起動するという内容がありますが、この操作を行わなければ、設定は反映されません。

ちなみに、設定画面のボタンからではなく、画面右上のGoogle Chromeの「終了」アイコンをクリックして、再度Google Chromeを立ち上げても問題ありません。

Windowsを再起動する

デバイスに何らかの原因がある場合は、一度再起動を行ってみるのも、有効な手段です。

再起動を行った後、通常通り、Google Chromeの言語設定が変わっているかどうか、確認してみてください。

日本語入力について

Google Chromeでの日本語の入力について、入力がうまくいかない場合のトラブルシューティングをお伝えします。

日本語入力ができない場合

Google ChromeでGoogle 日本語入力ができない場合の確認項目と対処方法です。

Windowsの日本語入力をオンにする
入力をオン

まずは、Windowsの設定について日本語入力ができる状態になっているかを確認しましょう。

画面の矢印の位置に表示されている文字が、「あ」と表示されていれば、日本語入力はオンになっています。

英数字が表示されてしまっている場合は、日本語入力がオフの状態なので、キーボードの「半角/全角」キーを押して、切り替えを行ってください。

Google Chromeを再起動する

Google Chromeを再起動することによって、日本語入力ができるようになるというケースもあります。

ブラウザ上で起きているトラブルは、ブラウザを再起動することによって解決することも多いので試してみてください。

Google Chromeの起動・再起動について

Windowsを再起動する

デバイスに何らかの原因がある場合は、一度再起動を行ってみるのも、有効な手段です。

再起動を行った後、Google Chromeで日本語入力ができるかどうか、確認してみてください。

なお、再起動した際は今一度、上記で紹介している、Windowsの日本語入力がオンになっているか今一度確認しましょう。

日本語が文字化けする場合

文字化けとは、Webページを開いた際に、本来表示されるべきテキストが、意味不明な記号やカタカナなどで羅列されることです。

画面が文字化けで埋め尽くされた光景は、恐怖感すら覚えるほど異様です。

Google Chromeを使用していて、日本語が文字化けするという場合は、以下の対処を行いましょう。

キャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュをクリアする方法については、以下の記事にて紹介しています。

Google Chromeでなにか不具合が起きたときは、キャッシュが原因となっていることが多々あります。

Google Chromeのキャッシュをクリア(削除)する方法

拡張機能をインストールする

Google Chromeの「テキストエンコーディング」という拡張機能を利用することで、文字化けを改善することが可能です。

テキストエンコーディングのインストールと利用方法は以下の通りです。

ボタンをクリック

Chromeウェブストアのテキストエンコーディングを開き、「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

追加

「『テキストエンコーディング』を追加しますか?」という確認画面が表示されるので、「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

以上で、テキストエンコーディングの追加が完了します。

右クリック

次に、文字化けしているページで、①画面内で右クリックし、②「テキストエンコーディング」をクリックし、③「Unicode (UTF-8)」を選択します。

対処完了

画面のように、文字化けが改善します。

以上が、Google Chromeの拡張機能「テキストエンコーディング」を使用した文字化けの改善方法です。

日本語版のダウンロード方法について

Google Chromeの日本語版のダウンロード方法は、以下の記事にて紹介しています。

ダウンロード、インストールの方法は非常にシンプルですので、インターネットに接続された環境があればどなたでも簡単に行っていただけます。

Google Chromeの日本語版のダウンロード方法

このページを見ている人におすすめの商品