Google ドキュメントで取り消し線(訂正線)を引く方法

  • Release

この記事では、Google ドキュメントで取り消し線(訂正線)を引く方法をご紹介します。

取り消し線を引くには、表示形式タブから操作する、およびショートカットキーを使う方法があります。

また、スマホ版Google ドキュメントでも取り消し線を引くことが可能です。その操作手順も説明します。

Google ドキュメントで取り消し線(訂正線)を引く方法

PC(Windows)のGoogle ドキュメントで、取り消し線(訂正線、打消し線)を引く方法について説明します。ショートカットキーもご紹介しますので、覚えておくと便利です。

作業時間:1分

取り消し線を引くテキストを選択

テキストを選択

Google ドキュメントで対象のドキュメントを開き、取り消し線を引くテキストを選択します。

「取り消し線」を選択

取り消し線を選択

「表示形式」タブ、②「テキスト」、③「取り消し線」の順に選択します。ショートカットキー「Alt+Shift+5」でも可能です。

取り消し線の表示

取り消し線の表示

選択したテキストに取り消し線が引かれました。取り消し線を削除する際は、再度取り消し線を引く操作を行います。

スマホ版Google ドキュメントで取り消し線を引く

iPhoneおよびAndroidのGoogle ドキュメントアプリで、取り消し線を引く方法をご紹介します。

iPhone

編集アイコンをタップ

Google ドキュメントアプリで対象のドキュメントを開き、「編集」アイコンをタップします。

テキストをダブルタップ

取り消し線を引くテキストをダブルタップします。青色のマーカーが表示されますので、テキストを選択します。

書式オプションアイコンをタップ

「書式オプション」アイコンをタップします。

取り消し線アイコンをタップ

「取り消し線」アイコンをタップします。「取り消し線」アイコンが表示されない場合は、「テキスト」タブが選択されているかご確認ください。

取り消し線の表示

取り消し線が引かれ、アイコンの色が変わります。取り消し線を削除する際は、再度「取り消し線」アイコンをタップしてください。

Android

編集アイコンをタップ

Google ドキュメントアプリで対象のドキュメントを開き、「編集」アイコンをタップします。

テキストをダブルタップ

取り消し線を引くテキストをダブルタップします。青色のマーカーが表示されますので、テキストを選択します。

書式オプションアイコンをタップ

「書式オプション」アイコンをタップします。

取り消し線アイコンをタップ

「取り消し線」アイコンをタップします。「取り消し線」アイコンが表示されない場合は、「テキスト」タブが選択されているかご確認ください。

取り消し線の表示

取り消し線が引かれ、アイコンの色が変わります。取り消し線を削除する際は、再度「取り消し線」アイコンをタップしてください。

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 Google ドキュメントで行間を広くする方法を教えて
  • 質問例2 YouTube Premiumでできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

キーワードで記事を探す: 記事数