G Tips

Google マップで航空写真を3D表示に切り替える方法

  • Release
  • Update

Google マップで、より実際に近い画像で場所の確認をしたい方には、航空写真の3D表示がおすすめです。

ここでは、どのようにして3D表示が見られるのか、その方法をわかりやすく手順を追って説明していきます。

3D表示される仕組み

Google マップの航空写真の3D表示は、鳥になって実際に上空から周りの景色を見ているかのようで、見ているだけでもワクワクしてしまいます。

航空写真の3Dは、どのように作られ、表示が可能になっているのか仕組みも気になるところです。

よりリアルなマップと言うと、Google マップのストリートビューが思い浮かびますが、作られる工程もストリートビューと似ているようです。

ストリートビューは、撮影車を使って地上で撮った写真を、切れ目なくつなぎ合わせていき、360度見渡せる景色を作り出します。

3D表示も同様、空から様々な角度で写真を撮り、今度は建物などを箱を作るように立体に仕上げていきます。

さらにより現実に近く表示するために、質感をプラスし、私たちが見ている3D表示が出来上がっていくようです。

3D表示はなくなった?

スマートフォンで3Dを表示する場合、航空写真ではなくデフォルトでの3D表示になってしまいます。

ですが、パソコンでGoogle マップを使用する際には、航空写真を3D表示にすることが可能です。

その方法については、次で紹介をしていきます。

Google マップで航空写真を3D表示に切り替える方法

PCでGoogle マップの航空写真を3D表示に切り替える方法を説明していきます。

作業時間:1分

「Google マップ」をクリック

Googleマップを開く

Chromeの画面から①「Google アプリ」アイコンをクリックし、②「Google マップ」を選択します。

「航空写真」を選択

航空写真を選択

地図が表示されたら、左下の「航空写真」をクリックします。

「地球儀アイコン」をクリック

地球儀をクリック

「地球儀アイコン」をクリックします。

「3D」ボタンをクリック

3Dボタンをクリック

「3D」ボタンをクリックします。

「Ctrl」キーを押しながら「ドラッグ」で、フル3Dモードが展開

フル3Dモード

「Ctrl」キーを押しながらドラッグで、フル3Dモードが展開されます。

Google マップの3Dをダウンロードする方法

日本のGoogle マップでも、事前に地図をダウンロードし、出先でも通信料がかからずに利用することができる「オフライン」機能が利用できるようになりました。

スマートフォンでは、航空写真の3D表示はできないものの、デフォルトの3D表示は行うことが可能です。

そこで、ダウンロードしたGoogle マップを3Dで表示することができるのか、確認をしてみましょう。

オフラインマップを選択

最初に、オフラインで使用したい範囲のマップをダウンロードします。

スマートフォンでGoogle マップアプリを開き①「自分のアイコン」をタップし、②「オフラインマップ」を選択します

自分の地図を選択

「自分の地図を選択」をタップします。

ダウンロードをタップ

地図を表示し、「ダウンロード」をタップします。

これでダウンロードが完了しました。

次にネットの接続を切った状態、オフラインでダウンロードした地図を開いて、3D表示ができるか確認をしてみます。

地図2を選択

オフラインマップを開き、「ダウンロードした地図(ここでは地図2)」を選択します。

地図をタップ

「表示された地図」をタップします。

3Dをタップ

ダウンロードした地図が開かれたら、①「ひし形のアイコン」をタップし、②「3D」を選択します。

ダウンロードした地図をズーム

ピンチアウトでズームしても、3D表示は確認できません。

航空写真に切り替えた場合は、画面が黒くなり何も表示されなくなりました。

ダウンロードした地図が、3D表示されるかを確認をしてみた結果、3D表示の地図をダウンロードしても、オフラインで開いた場合には表示されないことがわかりました。

ちなみにネットに接続をすると、通常のGoogle マップと同じように表示され、すぐに3D表示にすることができます。

ダウンロードし、オフラインで使用したいと思っていたものの、航空写真や3D表示に切り替えたくなった場合には、ネットに接続をして使用なさってください。

3Dが表示されない(できない)場合

パソコンが古く3D表示に対応していない

パソコンが3D表示に対応していない場合は、表示することができません。

スマホのデフォルト3Dを表示する、または「Google Earth」アプリを利用して3Dを見るなどの対応をおすすめします。

Google Earthアプリを入手していない方は、AppStoreからインストールできます。

ブラウザを一度閉じる

3D表示が急に表示されなくなった場合は、ブラウザを一度閉じてください。

例としてGoogle Chromeを利用している場合は、開いているすべてのGoogle Chromeを一度閉じて、再度Google マップを開いてみてください。

パソコンの再起動

パソコンを再起動させることによって、不具合が解消されることは少なくありません。

3Dが表示されない場合も、一度再起動を試してみましょう。

「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオンにする

設定をクリック

Google Chromeの画面から①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「設定」を選択します。

詳細設定をクリック

「詳細設定」をクリックします。

システムをクリック

「システム」をクリックします。

オンにして再起動

「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオンにし、②「再起動」ボタンをクリックします。

再起動をした後、再度Google マップを開いて、3D表示ができるか確認をしてください。

クッキーとキャッシュを削除する

閲覧履歴を消去

①Google Chromeを使用している方は右上の「設定」アイコンをクリックします。

「その他のツール」を選択し、③「閲覧履歴を消去」を選択します。

閲覧履歴データの削除

「閲覧履歴データの削除」ダイアログボックスが表示されます。

①「期間」から全期間を選択します。②「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、③「データを削除」ボタンをクリックします。

キャッシュが削除されたら、再起動をしてGoogle マップを開いてみてください。