G Tips

Google マップのタイムラインとは?表示から使い方まで完全ガイド

  • Release
  • Update

Google マップの便利な機能、タイムラインを利用したことがありますか。

こちらでは、タイムラインを初めて利用する方にもわかりやすく、表示や設定方法など基本的操作をご紹介いたします。

さらに履歴の修正方法やGoogle フォトと連携させて写真を表示させる方法など、タイムラインを使いこなすための使い方も説明をしています。

初めて利用する方も、もっと使いこなしたいという方も、ぜひこちらをご覧になってください。

グーグル マップのタイムライン(Google Maps Timeline)とは?

Google マップのタイムラインとは、ロケーション履歴(行動履歴)として記録した内容を表示、修正ができる機能です。

ロケーション履歴の設定をオンにすると、関連付けされているデバイスを持ち歩くだけで、一日の行動履歴が記録されます。

訪れた場所や、移動したルート、交通手段などが表示されるため、仕事では交通費、営業のルート確認に、プライベートでは旅の思い出として利用ができます。

記録された履歴は、PCなど他のデバイスでもGoogleアカウントにログインをすれば、確認が可能なためスマホを紛失したときにも活用ができるでしょう。

タイムラインの使い方

タイムラインを表示する

マップをタップ

スマホのホーム画面から、「Google Maps」をタップします。

タイムランをタップ

タイムラインを表示したいアカウントへのログインを確認後、①「アカウントアイコン」をタップし、②「タイムライン」を選択します。

タイムラインの表示画面

タイムラインが表示されました。

タイムラインを設定する

タイムラインはロケーション履歴に基づいて表示されるため、ロケーション履歴の設定が必要となります。

下記の記事では、ロケーション履歴の設定方法を紹介しています。

「ロケーション履歴をオンにする」「ロケーション履歴がオンにできない場合」を参考にして、設定を行ってください。

Google マップのロケーション履歴を設定する方法

タイムラインを編集する

タイムラインで表示されている行動履歴は、編集が可能です。

場所が記録されていない、立ち寄った場所の位置やお店が間違って表示される場合は「記録されたロケーション履歴を修正する方法」をご覧になってください。

Google マップのロケーション履歴の使い方まとめ

タイムラインを削除する

タイムラインは、ロケーション履歴を削除すると記録がなくなり、表示がされません。

ロケーション履歴の削除については、下記の記事で紹介をしています。

「ロケーション履歴を削除する方法」を行ってください。

Google マップの履歴を削除する方法

タイムラインから写真を見る

Google マップとGoogle フォトを連携させると、Google フォトでは場所や地名で写真を検索できるようになります。

Google マップのタイムラインでは、その日行った場所と一緒に写真を見ることができ、アルバムのような使い方ができます。

タイムランをタップ

自身のアカウントへのログインを確認し、①「アカウントアイコン」をタップ、②「タイムライン」を選択します。

タイムラインから写真の確認

タイムラインを開くと、訪れた場所で撮影した写真が一緒に表示されます。

写真が表示されない場合は、Google フォトと連携されているか確認してください。

タイムラインとGoogle フォトの連携方法
設定を選択

Google フォトで利用しているアカウントにログインを確認後、①「アカウントアイコン」をタップし、②「設定」を選択します。

個人的なコンテンツを選択

設定画面のアカウント設定から、「個人的なコンテンツ」を選択します。

Google フォトをオン

個人的なコンテンツのタイムラインから「Google フォト」をタップし、オンにします。

これでタイムラインとGoogle フォトの連携が完了しました。

タイムラインに写真が表示されない場合の対処方法
  • ロケーション履歴の設定が完了しているかを確認
  • カメラの位置情報をオンに設定
  • Google フォトとGoogle マップのアカウントが同一かを確認

すべての設定、確認が終えても写真が表示されない場合は、スマホの電源を一度切って、再度電源を入れてみてください。

タイムラインを共有する

タイムラインは一般公開や、他の人と共有することができません。

共有や一般公開できないことは、個人情報が守られる点では安心ですが、旅の思い出をお友達や家族と共有したいという方にとっては、残念に感じることでしょう。

タイムラインを共有したいという方は、次で紹介する「タイムラインをエクスポートする」を参考になさってください。

タイムラインをエクスポートする

タイムラインをエクスポートする方法は、PCを使って説明をします。

マップをクリック

タイムラインをエクスポートしたいアカウントへのログインを確認し、①「Google アプリ」をクリック、②「マップ」をクリックします。

メニューアイコンをタップ

Google マップが開かれたら、「メニューアイコン」をクリックします。

タイムラインを選択

ダイアログボックスが開かれたら、「タイムライン」を選択します。

エクスポートを選択

エクスポートしたいタイムラインを表示し、①「歯車アイコン」をクリックし、②「この日のデータをKML形式でエクスポート」を選択します。

エクスポートが完了

タイムラインのエクスポートが完了しました。

エクスポートした履歴は、Google マップのマイマップやGoogle Earthにインポートができます。

タイムラインをそのまま共有することはできませんが、マイマップにインポートした地図はお友達や家族など、他の人との共有が可能です。

タイムラインがおかしい/使えない場合(不具合)

タイムラインが表示されなくなった/表示されない

ロケーション履歴の設定がすべて済んでいるのに、タイムラインが表示されない。

今までタイムラインが見れていたのに、表示されなくなった場合などは、下記の記事を参考になさってください。

タイムラインが表示されない場合の対処方法について、紹介をしています。

Google マップのタイムラインが表示されなくなった時の対処法

iPhoneでタイムラインが記録されない

タイムラインが記録されない場合は、設定方法やアカウントの見直しをしてみましょう。

下記の記事では、ロケーション履歴の設定の他にも記録にかかわる設定についてや、見落としがちなアカウント間違いなどを説明をしています。

記録されない場合は、まず基本的な部分を確認してみてください。

Google マップのタイムラインが記録されない原因と対処法

訪れた場所はありませんと表示される

タイムラインを開いて「訪れた場所はありません」と表示される場合、設定がうまくいかずに履歴が記録されていないか、単純にその日の行動履歴がないかの、二通りが考えられます。

設定がうまくいかずに履歴が記録されていない場合は、上記の「iPhoneでタイムラインが記録されない」を参考になさってください。

その日の行動履歴がたまたまない場合は、下記の記事の「ロケーション履歴の見方」をご覧になってください。

記録されているタイムラインの履歴を、簡単に見つける方法を紹介しています。

Google マップのロケーション履歴の見方

タイムラインが編集できない

タイムラインの履歴は編集が可能です。

編集ができない場合は、「ウェブとアプリのアクティビティがオン」になっているか確認しましょう。

「ウェブとアプリのアクティビティがオフ」だと、タイムラインの編集ができません。

個人的なコンテンツまでの操作は、上記した「タイムラインとGoogle フォトの連携方法」を参照してください。

ウェブとアプリのアクティビティがオフをタップ

個人的なコンテンツの画面から、「ウェブとアプリのアクティビティがオフ」を選択します。

ウェブとアプリのアクティビティをタップ

アクティビティ管理の画面が開かれたら、「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップします。

有効にするボタンをタップ

内容の確認が終えたら、一番下にある「有効にする」ボタンをタップします。

OKボタンをタップ

設定が完了しました。「OK」ボタンをタップして元の画面に戻ります。

タイムラインに関するよくある質問

タイムラインの精度はどれくらい?

履歴は端末を持ち歩くことで記録されますが、行動した履歴全てが記録されるわけではありません。

なぜなら、履歴はGPSやWi-Fi、携帯電話の基地局から情報を得て、現在地を推測しているからです。

また通信量やバッテリーの消費などが抑えられている面から予測をすると、取得間隔も短いとは言えないようです。

タイムラインの精度を高めたいという方は、「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンに設定をしてください。

設定方法は、上記の「タイムラインが編集できない」で説明をしています。

タイムラインからメールがきた

タイムラインからのメール

ロケーション履歴をオンにして、タイムラインが記録されていると、「Google Maps Timeline」からメールが届きます。

noreply-maps-timeline@google.comが送り先のメールのアドレスで、件名は「〇〇さん、〇月のハイライトをお届けします」となっています。

訪れた場所やアクティビティが表示

件名の通り、訪れた場所やアクティビティ、国や地域などがその月のハイライトが送られてきます。

このようなメールを受け取りたい方は、Google マップの設定で「タイムラインのメール」をオンにしてください。

タイムラインのメールをオン

個人的なコンテンツの設定までは、上記の「タイムラインとGoogle フォトの連携方法」を参照してください。

個人的なコンテンツの画面から「タイムラインのメール」をタップして、オンにします。

設定が完了しました。Googleのタイムラインからハイライトのメールを受け取ることができます。

行っていない場所が記録される

タイムラインでは、自宅にいたのに行っていない場所が表示されるなど、間違って記録されることがあります。

タイムラインに行っていない場所が記録される場合は、下記の記事の「ロケーション履歴がおかしい」を参考になさって下さい。

ロケーション履歴の精度を高める方法や、記録されたタイムラインを修正する方法について紹介をしています。

Google マップのロケーション履歴の使い方まとめ

タイムラインは怖い?

ロケーション履歴を設定すると、日々の行動履歴が記録されるため怖いと感じる方もいらっしゃるでしょう。

知らず知らずのうちにGoogle フォトと連携している方は、タイムラインに写真が表示されることにも驚くかもしれません。

タイムラインに記録される行動履歴が詳細過ぎて、怖いと感じる方は下記の記事の「ロケーション履歴は危険?」を参考になさってください。

利用する方が不安に感じる点について、まとめています。

Google マップのロケーション履歴の使い方まとめ