G Tips

Google マップのタイムラインが記録されない原因と対処法

  • Release
  • Update

Google Mapのタイムライン機能は非常に便利ですが、設定を誤ると記録がされないというトラブルに見舞われます。

今回はそんなトラブルの対処法を、こちらの記事をご覧にみなさんにお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Google マップのタイムライン機能とは?

タイムライン機能とは、Google Mapが訪れた場所やルートをアプリが自動的に記録してくれる機能のことです。

旅の思い出を振り返ったり、過去に使った交通手段やルートを調べたいときなどに便利です。

Google マップのタイムラインが記録されない原因と対処

では早速、タイムラインが記録されない場合のよくある原因と対処方法をお伝えしていきます。

「その設定も必要だったんだ!」というような思わぬ項目もあるので、しっかりと確認してください。

位置情報の設定がオフになっている

設定を選択

ホーム画面から「設定」アイコンをタップします。

設定項目を選択

「位置情報」をタップします。

位置情報を選択

「位置情報の使用」のスイッチをオンにします。これで設定完了です。

Googleアカウントにログインしていない

アイコンをタップ

画面右上のGoogle アカウントのアイコンをタップします。

アカウントをタップ

表示されるGoogleアカウントをタップします。この時点でアカウントが表示されていない方は、下記の「別のGoogleアカウントにログインしている」に記載している操作を行ってください。

ログイン完了

これでログインは完了です。

別のGoogleアカウントにログインしている

現在別なカウントにログインをしているという方、以下のようにアカウントを切り替えます。

ログインする

画面右上のGoogle アカウントのアイコンをタップします。

別アカウント

「別のアカウントを追加」をタップします。

メールアドレス入力

「メールアドレス」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

パスワード入力

パスワードを入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

ログイン完了

これでログインは完了です。

ロケーション履歴がオフになっている

アカウントをタップ

Googleアカウントのアイコンをタップします。

設定を選択

「設定」を選択します。

個人的なコンテンツを選択

「個人的なコンテンツ」を選択します。

履歴をオン

「ロケーション履歴がOFF」を選択します。

オンにする

「ロケーション履歴」のスイッチをオンにします。これでロケーション履歴の設定は完了です。

機種変更後にデバイスを関連付けていない

タイムラインの設定は使用している機種ではなく、アカウントに紐づいているため、機種変更時は関連付けの設定が必要です。手順は以下の通りです。

アカウントをタップ

Googleアカウントのアイコンをタップします。

設定を選択

「設定」を選択します。

個人的なコンテンツを選択

「個人的なコンテンツ」を選択します。

設定項目を選択

「ロケーション履歴がオン」をタップします。

チェックを入れる

「このアカウントに関連付けられているデバイス」のプルダウンをタップし、②「このデバイス」の項目にチェックを入れます。これで設定は完了です。

ウェブとアプリのアクティビティがオフになっている

アカウントをタップ

Googleアカウントのアイコンをタップします。

設定を選択

「設定」を選択します。

個人的なコンテンツを選択

「個人的なコンテンツ」を選択します。

設定項目を選択

「ロケーション履歴がオン」をタップします。

すべてのアクティビティ管理を見る

「すべてのアクティビティ管理を見る」をタップします。

スイッチをオンにする

「ウェブとアプリのアクティビティ」のスイッチをオンにします。これで設定は完了です。

特定のAndroidを使用している

タイムラインの機能は機種に依存しないため、基本的にはGoogle Mapのアプリが使用できるAndroid、iOSの環境では利用が可能です。

機種変更時にタイムラインが使用できなくなった場合は、本記事の上部に記載している「機種変更後にデバイスを関連付けていない」という項目の内容を確認してみてください。

[Google マップ タイムライン]の関連記事

Page Top