G Tips

フォトスキャン by Google フォトの使い方

  • Release
  • Update

みなさんは、「フォトスキャン by Google フォト」というアプリについて詳しくご存じでしょうか。

こちらの記事では、「フォトスキャン by Google フォト」がどういった機能を持っているのか、インストール方法や詳細な使い方についてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

フォトスキャン by Google フォトとは?

「フォトスキャン by Google フォト」とは、Google社が独自の技術をもとに開発した写真スキャンアプリです。

解像度も500万画素で、光の自動除去機能、写真の端の自動トリミングなど、ユーザーにとって嬉しい機能も備えたスキャンアプリで、お手持ちの写真を気軽にデジタル化することができます。

古い写真でも、鮮明に保存することができるうえ、さらに無料という大変ありがたいアプリです。

アプリのインストール

「フォトスキャン by Google フォト」のインストール方法は以下の通りです。

手順としては、その他のアプリと変わりませんので、デバイスの操作が苦手という方も安心です。

もちろんインストールにかかる費用は無料です。

アプリストアを起動

ホーム画面から「App Store」をタップします。

アプリ

検索欄に「フォトスキャン by Google フォト」と入力して、②ボタンの箇所に「入手」と表示されていればタップしてインストールします。

※ボタンに「開く」と表示されている場合は、すでに最新版がインストールされています。

フォトスキャン by Google フォトの使い方

フォトスキャン by Google フォトの使い方、コツについてお伝えします。

スキャンする

シャッターボタン

フォトスキャンのアプリを起動し、スキャンしたい写真を用意し、真上からシャッターボタンを押します。

この時のコツとしては、できるだけ写真に対して水平を保つことを意識してください。

丸に合わせる

シャッターを押したら、次に4つの白い丸が画面に表示されます。

それぞれ4つの丸に、画面中央の白枠の丸を合わせていきます。合わせて数秒経過すると、白い丸は消えます。

※画面左上にも白い丸が表示されていましたが、この操作を行って消えている状態です。

スキャン完了

4つの丸が消えたら、スキャンは完了です。

PDFで保存する

残念ながら、フォトスキャン by Google フォトでは、スキャンした写真をPDF形式にすることはできません。

フォトスキャンと同じような操作で、PDF形式で保存したいものがある場合は、Adobe Scan(アドビ スキャン)というアプリを使用すると便利です。

アドビのアプリ

Adobe Scan(アドビスキャン)は、無料利用できるスキャナーアプリです。

領収書、ノート、ID カード、レシピ、写真、名刺、ホワイトボードなど、何でもスキャンして、スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスで閲覧することができます。

フォトスキャンの保存先

上記のようにスキャンして取り込んだ写真はどこに保存されるのでしょうか。

保存先について、詳しくお伝えします。

PC

パソコンに保存したい場合は、スキャンしたスマートフォンと同期しているGoogle フォトと、同じGoogle フォトを開きダウンロードすれば保存することができます。

手順は以下の通りです。

写真を選択

Google フォトを開き、ダウンロードしたいデータをクリックします。

メニュー

画面右上に表示される「その他」アイコンをクリックします

ダウンロード選択

表示される一覧の中から、「ダウンロード」をクリックします。

これで、選択したデータのダウンロードが開始します。

ダウンロード完了

ダウンロードが終了したら、ダウンロード先のフォルダを確認してみましょう。

以上が、パソコンでGoogle フォトのデータをダウンロードする方法です。

iPhone

iPhoneの場合は、カメラロールと、同期している場合はGoogle フォトアプリに保存されます。

閲覧したい場合は、「写真」アプリを開くか、Google フォトアプリを開いて、ご覧になってください。

Google フォトアプリで、バックアップした写真を見る方法は、以下のリンクの記事にて詳しく紹介しています。分からないという方はぜひご覧ください。

Google フォトでバックアップした写真を見る(確認方法)