G Tips

Google フォトで画像や動画を回転する

  • Release
  • Update

Google フォトでは写真や動画の編集もできますが、その中には写真や動画を回転することができる機能があります。

例えば、横向きに写ってしまった写真を回転することによって、縦向きに直すことができます。

この記事では、Google フォトで画像や動画を回転する手順について説明します。また、ユーティリティに回転の候補が表示される場合についてもご紹介します。

Google フォトで写真を回転する

写真を選択

写真の回転は、PCとスマホ(iPhone、Android)両方で行うことができます。ここでは、iPhoneでの手順について説明します。

Google フォトアプリを開き、回転させたい写真を選択します。

編集アイコンをタップ

「編集」アイコンをタップします。

切り抜きをタップ

「切り抜き」をタップします。

自動アイコンをタップ

写真を90度回転するには「回転」アイコンをタップします。横向きの写真を縦向きにするには、90度回転で問題ありません。

傾きを微調整したい場合は、「回転」アイコンの上にあるダイヤル(目盛り)を使用します。-45~45まで1度ずつ調整することができます。

傾きを自動調整する場合は、「自動」アイコンをタップします。自動調整が可能かどうかは、写真によって異なります。

例として、「自動」アイコンをタップしてみます。

自動調整後の写真

「22度」で自動調整されました。再度「自動」アイコンをタップすると、元の写真(0度)に戻ります。

今回の例では完全に修正されていないので、微調整してみます。

保存ボタンをタップ

上限の「-45度」にすると、元の写真よりも斜めに写っていた建物が修正されました。

編集が完了したら、「保存」ボタンをタップします。

保存を選択

「保存」または「コピーを保存」を選択します。保存した後でも、元に戻すことができます。

例として「保存」を選択します。

変更をタップ

「"Google フォト"にこの写真の変更を許可しますか?」ダイアログボックスが表示されますので、「変更」をタップします。

変更後の写真の表示

変更後の写真が表示されます。

回転の候補について

Google フォトの「ユーティリティ」には、回転の候補が表示される場合があります。

ただし、必ず表示されるわけではなく、いつ表示されるかも決まっていません。Google フォト ヘルプにも、「より多くのカードを表示するには、たくさんの写真や動画を撮影してバックアップしてください。」と記載されています。

また、Google フォトの設定で「回転の通知」をONにしておくと、回転の候補がある場合に通知を受けとることができます。

候補を確認をクリック

これは、PCのGoogle フォトのユーティリティに表示された「回転の候補」の表示です。「横向きの写真があるようです」と記載されています。

「候補を確認」をクリックします。

すべて保存をクリック

縦向きに修正された写真が表示されます。「すべて保存」をクリックすると、修正した写真が保存されます。

Google フォトで動画を回転する

動画を選択

動画の編集は、スマホ(iPhone、Android)のみで行うことができます。ここでは、iPhoneで動画を回転する場合の手順について説明します。

Google フォトアプリを開き、回転させたい動画を選択します。

編集アイコンをタップ

動画が再生されますので、①画面をタップし、表示された②「編集」アイコンをタップします。

切り抜きをタップ

「切り抜き」をタップします。

回転アイコンをタップ

動画を90度回転するには「回転」アイコンをタップします。横向きの動画を縦向きにするには、90度回転で問題ありません。

傾きを微調整したい場合は、「回転」アイコンの上にあるダイヤル(目盛り)を使用します。-45~45まで1度ずつ調整することができます。

写真は自動調整機能がありますが、動画にはありません。

例として、「回転」アイコンをタップしてみます。

回転後の動画の表示

90度回転した画像が表示されます。さらに90度回転させたい場合は、「回転」アイコンをタップします。

今回は、微調整してみます。

コピーを保存ボタンをタップ

上限の「45度」にすると、斜めに写っていた建物が修正されました。

編集した動画のコピーを保存するには、「コピーを保存」ボタンをタップします。

編集後の動画の表示

保存が完了すると、編集後の動画が表示されます。

コピーした動画の表示

フォト画面で確認すると、編集前の動画の隣にコピーした編集後の動画が表示されます。