G Tips

Google フォトは怖い?共有など注意点

  • Release
  • Update

撮影した写真や動画のデータを自動的にバックアップしてくれるGoogle フォトですが、共有やバックアップの設定を間違えないように注意する必要があります。

Google フォトで怖い目に遭わない為の対処法をお伝えします。

Google フォトは怖い?共有など注意点

基本的にGoogle フォトは共有フォルダを作成し、ユーザーを招待したりURLを送信しない限りは、共有されないように設定されています。

ですが、招待するユーザーを間違えたり、共有URLを誤送信した場合は他人に共有フォルダを見られる等、怖い事態に陥ってしまう可能性があります。

また、保存する写真によってはGoogle アカウントが凍結されてしまう可能性もあります。

本記事では、Google フォトの設定によって起こり得る、怖い事例をご紹介します。

他人に写真や動画を見られたり、ダウンロードされる

共有フォルダの写真や動画は、共有している相手には自由にダウンロードされてしまいます。

万が一共有したくない他人とフォルダを共有してしまった場合、家族や友人同士の写真をダウンロードされ、なりすまされたり、悪用されてしまうという恐れがあります。

以下の記事で、共有フォルダを他人に見られたくない場合の対処法をお伝えしています。

Google フォトは他人に見られる?見られたくない場合

位置情報から自宅を特定されてしまう

Google フォトには、現在地を知らせる位置情報というサービスがあります。

見られたくない相手に位置情報を知られてしまった場合、住所や自宅を特定されてしまう恐れもあります。

位置情報をオフにする方法は以下になります。

フォトの設定をタップ

Google フォトアプリを起動し、①画面右上の「Google アカウント」のアイコンをタップし、②「フォトの設定」をタップします。

写真の位置情報を表示しないをタップ

共有の下にある、「写真の位置情報を表示しない」をタップします。

以上の操作で、写真の位置情報をオフにできました。

位置情報はオフにしても、Google フォトを利用できなくなるということはありませんし、位置情報は必須という訳でもありません。

Google アカウントが凍結されてしまう

性的な写真をGoogle フォトにバックアップすると、アカウントが凍結される可能性があります。

また性的でなくとも、何気ない赤ちゃんの写真や子供の水着姿なども、性的な写真として判断されてしまう場合があります。

ですので、上記に該当しそうな写真はGoogle フォトには保存しないようにしましょう。

撮影する写真がリアルタイムで見られてしまう

自分のスマートフォンでも、家族や友人がGoogle フォトのバックアップや共有の設定を行った場合は、写真を撮影する度に、リアルタイムでバックアップを監視される可能性があります。

家族や友人といえども写真を見られたくないという場合は、必ず自分自身で共有フォルダの確認を行い、バックアップの設定をしっかりと把握しておくことをおすすめします。

現在使用しているフォルダが共有されているかを確認する方法と、共有を解除する方法を以下の記事でお伝えしています。

Google フォトが非公開になっているか確認する