G Tips

iPhoneでGoogle検索バーが黒い場合

  • Release

こちらの記事では、iPhoneでGoogle検索バーが黒い場合の対処法をお伝えします。

検索バーが何かの拍子で、突然黒になったらびっくりしますよね。

設定を見直すことで、簡単にデフォルトの色に戻せます。

iPhoneでGoogle検索バーが黒い場合

iPhoneのGoogle検索バーが黒く表示される理由は、iPhone自体の設定に「ダークモード」が適用されているためです。

以下の手順で設定を見直してみてください。

設定アプリ

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

画面表示と明るさ

メニューの一覧から、「画面表示と明るさ」をタップします。

ライトを選択

「外観モード」の選択から、「ライト」を選択します。

こちらの設定が、「ダーク」になっていると、黒を中心とした配色でiPhoneのメニューなどが表示されるようになり、ブラウザの検索バーも黒くなる場合があるようです。

確認

ブラウザを起動して、検索バーの色が黒でなくなっているか確認してみてください。

シークレットモード・プライベートブラウズモードを利用している

閲覧履歴や検索履歴、Cookie、キャッシュなどを残さずにブラウジングができるモードが、スマートフォンの各ブラウザに搭載されています。

名称は各ブラウザによって異なりますが、Google Chromeの場合は「シークレットモード」、Safariの場合は「プライベートブラウズモード」という名称になっています。

これらのモードを利用中、検索バーが黒く表示されるという仕様になっていることが多いようです。

Google Chromeを使用している方は、以下の記事にてシークレットモードの解除方法をご紹介しています。

Google Chromeのシークレットモードについて

Safariを使用している方は、以下の手順で操作を行ってみてください。

タブを開く

画面左下の「タブ」アイコンをタップします。

プライベート

画面左下に表示される「プライベート」ボタンをタップします。この操作によって、プライベートブラウズモードが解除されます。

確認

検索バーが元の色に戻っているか確認してみてください。

このページを見ている人におすすめの商品