• 公開日:

スプレッドシートのVLOOKUP関数で別シートを参照する方法

Google スプレッドシートのVLOOKUP関数で別シートを参照する方法をご紹介します。

関数の中に一工夫を加えるだけで、簡単にVLOOKUP関数で別シートを参照することができます。方法が分からずお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スプレッドシートのVLOOKUP関数で別シートを参照する方法

スプレッドシートのVLOOKUP関数で別シートを参照するには、関数を以下のように記述します。

=VLOOKUP(検索値, 'シート名!'範囲, 列番号, [検索方法])

実際の使用例をご紹介します。以下の「単価表」シートを参照して、別シートにて「メロン」の単価を抽出する関数を入力していきます。

単価表
VLOOKUP関数の入力

情報を抽出したいセルに「=VLOOKUP(A2,’単価表’!A2:B5,2,FALSE)」と入力します。

通常のVLOOKUP関数の式と異なる点は、抽出範囲を指定する際に、「’(シングルクォーテーション)」でシート名を記述します。

VLOOKUP関数の抽出結果

抽出が完了します。以上が、スプレッドシートのVLOOKUP関数で別シートを参照する方法です。