G Tips

Google 翻訳のアプリ版(iPhone・アンドロイド)について

  • Release
  • Update

Google 翻訳のアプリ版を皆さんは使ったことはありますか?

こちらの記事では、そんなGoogle 翻訳のアプリ版について、iPhone、AndroidそれぞれのOSでのダウンロード方法や、使い方、トラブルシューティングなどについて詳しくお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Google 翻訳のアプリについて

Google 翻訳はスマートフォン、タブレット端末で利用できる専用アプリが無料で提供されています。

アプリの最大の特徴は、オフラインの環境でもその翻訳機能を利用できることです。

オフライン環境での利用について、詳しくは以下のリンクの記事にて紹介しています。

特に、海外に行くことの多い方は、オフライン環境での利用が多くなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

Google 翻訳のオフライン利用について

iPhone最新版のダウンロード

まずはiPhoneから、Google 翻訳アプリのダウンロード方法をご紹介していきます。

ダウンロード方法は他のGoogleが提供しているアプリと変わらず、「App Store」を利用してダウンロードします。

操作は非常にシンプルです。操作があまり得意ではないという方も、以下のスクリーンショットを見ながら進めれば問題なくダウンロード可能です。

アプリストアを起動

ホーム画面から「App Store」をタップします。

iPhoneのGoogle 翻訳

検索欄に「Google 翻訳」と入力して、②「入手」ボタンをタップします。これでiPhoneでのダウンロードは完了です。

アンドロイド最新版のダウンロード

続いてAndroidの、Google 翻訳アプリのダウンロード方法をご紹介していきます。

ダウンロード方法は他のGoogleが提供しているアプリと変わらず、「Play ストア」を利用してダウンロードします。

iPhoneと同様、操作は非常にシンプルです。以下のスクリーンショットを見ながら進めれば問題なくダウンロード可能ですのでご安心ください。

プレイストア

ホーム画面から「Play ストア」をタップします。

AndroidのGoogle 翻訳

検索欄に「Google 翻訳」と入力して、②「インストール」ボタンをタップします。これでAndroidでのダウンロードは完了です。

iPad最新版のダウンロード

iPadの最新版アプリのダウンロード方法は、iPhoneとほぼ同じ操作を行います。

詳細は以下の通りです。

iPadのアップストア

iPadのホーム画面から「App Store」をタップします。

アイパッドダウンロード

検索欄に「Google 翻訳」と入力して、②「入手」ボタンをタップします。これでiPadでのダウンロードは完了です。

PC版(Windows・Mac)のアプリはある?

現状、Google 翻訳のパソコン版のアプリはWindows・Macともに提供されていません。

パソコンで利用する場合は、ブラウザを使ってWeb版のGoogle 翻訳を利用する必要があります。

アプリ版と機能面で大きな違いはありませんが、ブラウザを利用するためオフライン環境での利用ができません。

どうしてもWindows・Macなどのパソコンで、Google 翻訳を利用したい場合は、インターネットにつながる環境を探しましょう。

会話を翻訳できるリアルタイム翻訳機能

Google 翻訳のアプリ版で利用できる便利な機能の一つに、会話を翻訳できるリアルタイム翻訳機能があります。

外国人から突然道を聞かれた時などにも、このGoogle 翻訳の機能を知っていれば、スマートに対応することができます。

海外へよくいかれる方などは、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

会話を押す

Google 翻訳のアプリを開き、「会話」アイコンをタップします。

Englishを押す

画面左側の「マイク」アイコンをタップし、会話相手に伝えたい内容を話してもらいます。

すると会話の内容を聞き取って、翻訳して画面に表示してくれます。

日本語を押す

画面を確認して、返答を画面右側の「マイク」アイコンをタップして話します。

このようにGoogle 翻訳の機能を介することで、外国の方とも円滑にコミュニケーションをとることができます。

言語の切り替え方法

Google 翻訳のリアルタイム翻訳機能は、もちろん言語の切り替えも可能です。

切り替え方法は以下の通りです。

言語を切替

切り替えたい方の言語をタップします。

言語を選択

表示される言語の中から、希望の言語を選択します。

これでリアルタイム翻訳機能での、言語の切り替えは完了です。

読み上げ速度について

Google 翻訳のアプリでは、翻訳結果の読み上げ速度を変更することができます。

耳馴染みのない言語であればあるほど、ゆっくりと聴きたいということもあると思うので、そういった場合は速度を遅めることをおすすめします。

手順は以下の通りです。

設定をタップ

アプリの画面右下にある「設定」アイコンをタップします。

発音の速度

設定の一覧の中から「発音の速度」をタップします。

スピードを選択

選択可能な速度が表示されるので、お好みの速度を選択します。

以上でGoogle 翻訳のアプリでの、読み上げ速度の変更は完了です。

アプリが使えない場合

Google 翻訳のアプリが使えない場合は、アプリ自体を一度アンインストールして、再インストールさせることをおすすめします。

この方法で多くのケースのトラブルが解決します。

アプリを長押し

「Google 翻訳」のアプリを長押しして、②表示されるメニューから「Appを削除」を選択します。

APPを削除

「翻訳を取り除きますか?」ダイアログボックスが開くので、「Appを削除」を選択します。

削除

「翻訳を削除しますか?」ダイアログボックスが開くので、「削除」をタップします。これでGoogle 翻訳のアプリの削除が完了します。

アプリストアを起動

ホーム画面から「App Store」をタップします。

再インストール

検索欄に「Google 翻訳」と入力して、②「再入手」アイコンをタップします。これでGoogle 翻訳アプリの再インストールは完了です。

アプリがクラッシュしてよく落ちる場合

Google 翻訳のアプリがクラッシュする場合は、Google 翻訳のアプリ以外に起動しているアプリを終了させることをおすすめします。

多くのアプリが起動している状態だと、デバイスの処理が追い付かず、クラッシュしてしまうということがあり得ます。

アプリを再起動

画面を上にスワイプすると上記の画面が開くので、それぞれのアプリの画面を上にスワイプしてアプリを終了させます。