G Tips

Google 翻訳のオフライン利用について

  • Release

皆さんはGoogle 翻訳がオフラインで利用できるということをご存じでしょうか。

オフラインで利用できるということを知っていると、いざというとき非常に便利です。

今回こちらの記事では、そんなオフラインの利用について、役に立つ場面や、デバイス別の利用方法などについてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

Google 翻訳のオフラインでできること(使い方)

Google 翻訳はオフライン状態でも、基本的な翻訳機能が利用可能です。

インターネットに接続していないため、翻訳文の読み上げ、送信(共有)はできませんが、拡大表示機能とコピー機能について利用可能です。

拡大表示機能

拡大

オフライン時に、翻訳された文章の「拡大」アイコンをタップします。

拡大完了

オンライン時と同様に、文章が拡大表示されます。

コピー機能

コピー

オフライン時に、翻訳された文章の「コピー」アイコンをタップすると文章がコピーされます。

どこかに貼りつけたいときはこのアイコンを使うと便利です。

旅行時の会話

海外旅行時はスマホなどのデバイスを、オフラインで持ち歩いていることが多いと思います。

そんなときも、Google 翻訳のアプリをオフラインで使えるよう、事前にダウンロードしておくと、現地の方との会話にも困りません。

事前に、インターネット、Wi-Fi環境のある場所などで準備しておくことをおすすめします。

SDカードに保存

オフラインで利用するためには、Google 翻訳アプリのほかに、翻訳前、翻訳後の言語データを事前にダウンロードする必要があります。

その言語データについて、以前のバージョンではSDカードに保存されるということがあったようです。

現在リリースされている、Google 翻訳アプリの最新版は、デバイス本体に言語データが保存される仕組みとなっていますので、SDカードが入らない機種をお持ちの方もオフラインでご利用いただけます。

言語をダウンロードする際は、50MBほどの容量を消費するので、デバイスのストレージの空き容量には気をつけましょう。

デバイス別のオフライン利用について

では続いて、人気デバイス別のオフライン利用の手順を紹介します。

それぞれのデバイスによる、言語のダウンロードから利用までの手順をスクリーンショットと一緒に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

操作は非常にシンプルなので、デバイスの操作が苦手という方も安心です。

iPhoneアプリ

オフラインでGoogle 翻訳を利用するためには、事前に翻訳前と後の言語データをダウンロードして、利用する必要があります。

その手順は以下の通りです。

設定を押す

画面下のメニューから「設定」アイコンをタップします。

オフライン翻訳

表示されるメニュー一覧から「オフライン翻訳」を選択します。

プラスアイコン

画面右上の「追加」アイコンをタップします。

言語を選択

追加できる言語の一覧が表示されるので、追加したい言語(例:イタリア語)をタップします。

ダウンロード

ダウンロードの確認が求められるので、「ダウンロード」をタップします。

戻る

完了したら「戻る」アイコンをタップします。

項目を選択

翻訳の画面に戻ったら先ほどダウンロードした言語を、翻訳前もしくは翻訳後の言語に設定します。設定したい方の言語(例:英語)をタップします。

言語を選ぶ

先程ダウンロードした言語をタップします。

翻訳する

設定が完了したら、翻訳したい言葉を入力してみましょう。

以上がiPhoneにおける、オフラインでのGoogle 翻訳の利用方法です。

Androidアプリ

では続いて、AndroidでGoogle 翻訳を利用するための手順を見ていきましょう。

iPhoneと同様、オフラインでGoogle 翻訳を利用するためには、事前に翻訳前と後の言語データをダウンロードして、利用する必要があります。

スクリーンショットも、合わせてぜひ参考にしてみてください。

メニューを押す

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

オフラインを選ぶ

表示されたメニューから「オフライン翻訳」をタップします。

言語を選ぶ

追加可能な言語が一覧で表示されるので、追加したい言語(例:イタリア語)をタップします。

ダウンロード

ダウンロードの確認を求められるので「ダウンロード」をタップします。

項目を選択

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

ホームを選択

表示されるメニュー一覧から「ホーム」をタップします。

言語を選択

翻訳の画面に戻ったら先ほどダウンロードした言語を、翻訳前もしくは翻訳後の言語に設定します。設定したい方の言語(例:英語)をタップします。

ダウンロードした言語を選ぶ

先程ダウンロードした言語をタップします。これで言語の設定は完了です

翻訳する

設定が完了したら、翻訳したい言葉を入力してみましょう。

以上がAndroidにおける、オフラインでのGoogle 翻訳の利用方法です。

WindowsPC

WindowsPCでは、残念ながらGoogle 翻訳をオフラインで利用することはできません。

パソコンの場合は、インターネットつながった状態でブラウザを使って閲覧する仕様のため、スマートフォンのようなオフライン利用は難しいです。

どうしてもWindowsでGoogle 翻訳を利用したい場合は、インターネットにつながる環境を探しましょう。

MacPC

Macも上記のWindowsと同様の理由で、残念ながらGoogle 翻訳のオフライン利用はできません。

スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスを、上記の方法を見ながら利用してみてください。

トラブルシューティング

では続いて、実際に起こりそうなトラブルを解決する、トラブルシューティングについてお伝えしたいと思います。

普段はGoogle 翻訳をオンラインで利用していて、オフラインで急に利用しなければならない場面になると思わぬトラブルに見舞われることがあります。

下記の内容をよく読んで、対処してください。

オフラインで翻訳できない(使えない)場合

オフラインで翻訳する機能はデフォルトの機能のため、使えない場合はアプリかデバイス本体に何らかの不具合が生じている可能性があります。

そうしたときはアプリの再起動と、デバイス本体の再起動を試してみてください。多くの場合この操作で利用できるようになります。

オフラインでダウンロード(インストール)できない

オフライン状態では、そのデバイスはどの電波ともつながっていないので、Google 翻訳のアプリや言語データのダウンロードは行えません。

通信環境の良いところでWi-Fiなどのインターネット環境に接続し、アプリ自体や言語データをダウンロードの上、オフラインでの利用を行ってみてください。

[Google 翻訳 基本情報]の関連記事

Page Top