G Tips

YouTube プレミアムの再生回数のカウント方法(推しの再生を増やして応援)

  • Release

この記事では、YouTube動画の再生回数を増やす方法や、再生回数に計上されない再生方法などについてご紹介しています。

「推し」の再生回数を増やして応援することのメリットなどについてもご説明しています。

「推しの動画の再生回数を増やしたい」「好きなアーティストの動画を100万回再生まで届かせたい」といった方はぜひお役立てください。

推しの再生回数を増やして応援する

好きなアイドルやアーティスト、いわゆる「推し」のYouTube動画をたくさん再生することはファンが手軽にできる応援方法の一つです。

「推し」のYouTube動画の再生回数を増やして応援することについては、以下のようなメリットがあります。

  • 多くの人の目に触れやすくなる
  • 世界中の人から見てもらえる可能性が高まる
  • 「推し」を知らない層の人々にも動画を見てもらえる機会が増える
  • YouTubeのおすすめ欄に表示されやすくなる
  • 一定の再生回数や再生時間を達成すると収益が発生する
  • YouTubeのCMやイベントに起用される可能性がある
  • テレビCMや番組に起用される可能性がある

現在はYouTubeでの活動が評価されメジャーデビューする例や、YouTubeが主催されるイベントに出演する例などもあります。

応援したいアイドルやアーティスト、YouTuberがいれば無理のない範囲で動画視聴を楽しみ動画再生回数を上げていきましょう。

YouTube プレミアムの再生回数のカウントについて

YouTubeでの再生回数のカウント方法について公表されているものは、YouTubeヘルプにて公開されているエンゲージメント指標のカウント方法のみになります。

YouTubeを無料で楽しんでいる場合でもYouTube プレミアムに加入している場合でも、再生回数のカウント方法自体には違いはないようです。

以下の画像は、エンゲージメント指標のカウント方法について一部を抜粋したものです。

再生回数のカウントについて

上記を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 人間が実際に視聴した場合にのみ再生回数として反映する
  • 再生回数は即時反映されるわけではない
  • 再生回数の反映等の精度をあげるために一時的にカウントを停止することがある

エンゲージメント指標のカウント方法で確認できること以外の具体的なカウント方法や仕組みについては、一切公表されていません。

YouTube動画の再生回数を増やしたいと思った場合、以下のような動画再生の方法が考えられます。

  • ループ(リピート)再生
  • 連続再生
  • 複数端末での再生
  • オフライン再生

以下では上記の再生方法が、YouTubeでどうカウントされるかについての傾向を1つ1つご説明します。

ループ(リピート)再生したときの再生回数

YouTubeには動画をループできる機能が搭載されています。

ループ再生は、YouTube プレミアムに加入していない場合でも使用できる機能です。

ループ再生

上の画像の赤い矢印で示した「動画のループ再生」という項目が、動画をループ再生することができる機能になります。

この「動画のループ再生」をオンにして同じ動画を何度も繰り返し視聴しても、再生回数にそのまま反映されるわけではないようです。

YouTubeでは、1つのIPアドレスからは一定時間に1回のみ再生回数がカウントされるようになっています。

IPアドレスとは、ネットワークに接続した機器に割り当てられるインターネット上の住所のようなものです。

つまり一つの機器からは、一定時間内に1回しか再生回数がカウントされないということです。

「一定時間」がいつからいつまでなのか、いつ集計されているのかについては公表されていません。

複数の端末を使った場合や別のIPアドレスで再生したときのカウント方法については、下記「複数端末で再生したときの再生回数」セクションをご参照ください。

連続再生したときの再生回数

動画をF5キーを何度も押して連続再生を行ったり、ブラウザのシークレットモードで何度も再生したり、また一旦ログアウトしてから再生を行ったりしても、YouTubeの再生回数にはカウントされないようです。

連続再生の場合も上記「ループ(リピート)再生したときの再生回数」セクションでご紹介したように、YouTubeでは1つのIPアドレスからは一定期間に1回しか再生回数をカウントしないというルールに基づいて集計が行われていると考えられます。

複数端末で再生したときの再生回数

複数端末を使って再生した場合の再生回数について、以下の方法で再生した場合は再生回数にカウントされません。

  • 別の端末から同じアカウントにログインして再生する
  • 別の端末から同じインターネットに繋いで再生する
  • 別の端末で同じインターネットに繋いで別のアカウントから再生する

アカウントや使用するインターネットが同じである場合は、何度再生しても一定時間に1回しか再生回数としてカウントされません。

異なるアカウントにログインして、別のインターネットに繋げて再生(例:Wi-Fiからモバイルネットワークに切り替える等)

異なるアカウントにログインして、別のインターネットに繋げて再生(例:Wi-Fiからモバイルネットワークに切り替える等)するとカウントされる可能性があります。

オフライン再生の再生回数

YouTube プレミアムに加入すると、動画を一次保存しインターネットに接続しなくても再生できるようにする「オフライン再生」という機能が使用できます。

オフライン再生で視聴した動画の再生回数については、YouTubeヘルプのコンテンツと YouTube Premiumに以下のように記載してあります。

オフライン再生について

オフライン再生された動画については「オンラインでの視聴時間と同様に記録され、ユーザーが次にログインしたときに総再生時間として計上されます。」とあるように、総再生時間としてカウントされます。

再生回数としてカウントされるかは明記されていませんが、総再生時間には計上されるようです。

総再生時間についてはあまり一般的には重要視されない傾向にありますが、広告収入という視点から考えると「長い時間視聴されている動画」をYouTubeが高く評価することは当然であると考えられます。

YouTubeから高く評価された動画は、おすすめや関連動画などに表示されやすくなるため再生回数が上がる可能性が高まります。

またYouTube プレミアムにはオフラインではありませんが、「バックグラウンド再生」というYouTubeアプリを閉じても動画を再生できる機能があります。

バックグラウンド再生について

上の画像のようにバックグラウンド再生の場合でも、総再生時間にカウントされるようです。

再生回数が増えない場合

例えば、以下のような再生方法だと再生回数にカウントされない可能性があります。

  • ループ機能を使って繰り返し再生する
  • F5キーを押して動画を連続で再読み込みする
  • 同じインターネットに接続して再生している
  • 再生時間が短い
  • 再生回数を購入している

再生時間が極端に短い場合は、「再生回数を増やすために不正に再生が行われている」とみなされて再生回数に計上されない可能性があります。

再生回数の増加サービスなどを使って再生回数を購入することは、YouTubeの規約違反になるため行わないようにしましょう。

再生回数を増やしたい場合

以下のような再生方法で動画を視聴すると再生回数として正しく計上される可能性があります。

  • インターネットを切り替える
  • SNSで動画をシェアする
  • いいねやコメントを行う

例えばパソコンとiPhoneから同じ動画を再生したとしても、同じインターネットに接続している場合は別々の再生回数として形状されません。

パソコンをWi-Fiに繋いでいるならiPhoneではモバイルネットワークに接続するなど、インターネットを切り替えることで再生回数として計上される可能性があります。

また、SNSでの動画のシェアやいいね、コメントなどを行うと動画が多くの人の目に触れることでYouTube外からの視聴者の流入が行われ、動画そのもののYouTubeからの評価が上がる可能性があります。

動画の評価を高めることで再生回数のアップに繋げることができますので、動画を視聴した際はかならず、シェア、いいね、コメントなどを行うようにしてみましょう。

このページを見ている人におすすめの商品