G Tips

Google アカウントのバックアップ方法

  • Release
  • Update

皆さんはGoogle アカウントのバックアップ機能の利用方法をご存じでしょうか。

特にスマートフォンやタブレットを使用している方は、持ち運びによって紛失や故障のリスクも高いので、こまめなバックアップは必須です。

こちらの記事では、そんなGoogle アカウントを使ったバックアップ機能の利用方法について、詳細をお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントのバックアップ方法

Google アカウントのバックアップ機能は、Androidのスマートフォン、タブレットで利用可能です。バックアップを行っておくと、デバイスを紛失したときや、機種変更を行ったときにすぐ復旧できるので、こまめに取っておくことをおすすめします。

作業時間:2分

設定アプリ起動

設定アプリを選択

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

システムを選択

システム

表示される設定一覧から「システム」を選択します。

バックアップを選択

バックアップ

表示される一覧から「バックアップ」を選択します。

今すぐバックアップ

今すぐバックアップ

バックアップの設定画面が表示されるので、「今すぐバックアップ」ボタンをタップします。これでGoogle アカウントを使ったAndroidデバイスのバックアップは完了です。バックアップには、容量と通信状況によって数分~数時間かかることがあります。スケジュールに余裕のある時に行いましょう。

自動バックアップはできる?

Androidデバイスでは、Google アカウントを使った自動バックアップを行うことができます。

自動バックアップを設定しておけば、デバイスを紛失したときにも比較的最近のデータで復旧させることができるので安心です。

設定手順は以下のスクリーンショットの通りです。安心して利用するために、しっかりとミスなく設定しましょう。

設定アプリを選択

Androidデバイスのホーム画面から「設定」アプリを起動します。

システム

表示される設定一覧から「システム」を選択します。

バックアップ

表示される一覧から「バックアップ」を選択します。

オンにする

バックアップの設定画面が表示されるので、「Google One バックアップ」のスイッチをオンにします。これでGoogle アカウントを使ったAndroidデバイスの自動バックアップ設定は完了です。

連絡先(電話帳)のバックアップ

Androidデバイスでは、デバイス自体に保存されている連絡先(電話帳)の情報をGoogle アカウントにバックアップすることが可能です。

よく利用する連絡先が消えてしまうと、不便なことも非常に多いと思いますので、こまめにバックアップは取っておくことをおすすめします。

以下にて、連絡先のバックアップ方法をスクリーンショットを交えて紹介しますが、こちらは連絡先のみをバックアップしたい場合の操作です。

上記で紹介した、デバイス全体のバックアップを行うと、デフォルトの設定の場合は連絡先もバックアップされますので、上記を行っている場合は必要ありません。

設定アプリを選択

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

グーグル

表示される設定一覧から「Google」を選択します。

コンタクトの同期

「Google コンタクトの同期」を選択します。

アプリ設定

「Google アプリの設定」を選択します。

設定

「デバイスの連絡先も同期」内の「設定を管理」をタップします。

オンにする

「デバイスの連絡先も自動でバックアップ、同期する」をオンにします。これでAndroidデバイスの連絡先(電話帳)のバックアップ設定は完了です。

バックアップアカウントを追加する

Androidスマホやタブレットを機種変更したときは、バックアップを取っているGoogle アカウントを追加する操作が必要になります。

その手順を、以下にてスクリーンショットを交えて記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

設定アプリを選択

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

アカウント

表示される設定一覧の中から、「アカウント」を選択します。

アカウントを追加

「アカウントを追加」をタップします。

Androidでログイン情報を入力

追加したいバックアップアカウントの「Googleアカウントのメールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

パスワードを入力

追加したいバックアップアカウントの「Googleアカウントのパスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

追加の完了

追加したいバックアップアカウントが表示されれば、追加は完了です。

バックアップデータを削除する

AndroidでGoogle アカウントを使ってバックアップを取った場合、そのバックアップデータはGoogle ドライブに保存されます。

そのため、バックアップデータを削除したい場合は、Google ドライブのアプリから削除操作を行います。

削除を行う手順を、以下にスクリーンショットを交えて記載しています。そこまで難しい操作はありませんので、デバイスの操作が苦手という方も安心です。

項目を選択

Google ドライブのアプリを開き、画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

バックアップ

表示されるメニュー一覧から、「バックアップ」をタップします。

バックアップ削除

削除したいバックアップデータの「その他」アイコンをタップし、②「バックアップを削除」をタップします。

削除

「『機種名』のバックアップ」を削除しますか?」という表示が出るので、「削除」をタップします。これでGoogle ドライブに保存されている、バックアップデータの削除は完了です。

2段階認証のバックアップコードの取得方法

Google アカウントのログイン設定で2段階認証を設定した状態で、スマートフォンやタブレットを紛失した場合など、SMS、音声通話、Google 認証システムのいずれでもコードを受け取れなくなってしまった時は、バックアップコードを使用してログインできます。

バックアップコードは以下の方法で、事前に取得しておくことができるので、万が一のために準備しておくと安心です。

設定アプリを選択

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

グーグル

表示される設定一覧から「Google」を選択します。

管理

「Google アカウントの管理」ボタンをタップします。

項目を選択

「セキュリティ」を選択し、②「2段階認証プロセス」をタップします。

ログイン

Google アカウントのログインパスワードを入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

コードを選択

「バックアップ アップコード」をタップします。

ボタンをタップ

「バックアップ コードを入手しましょう」ボタンをタップします。

コードの表示

こちらの画面にバックアップコードが表示されます。数字を控えて、無くさないようにしましょう。