G Tips

Google アカウントが消えた場合の対処法

  • Release

Google アカウントが消えてしまって困っている方へ向けて、その対処方法をお伝えします。

Google アカウントはさまざまなGoogle提供のサービス(Google カレンダー、Google ドライブなど)と結びついているので、消えてしまっては一大事です。本記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントが消えた場合の対処法

Google アカウントが消えてしまった場合の対処法を、スクリーンショットを交えてお伝えしていきます。

状況によっては焦る必要のないケースもありますし、再び使えるようにするまでの操作はそこまで難しくないので、冷静に対処していきましょう。

再ログインができないか確認する

アカウントの管理

「Google アカウントが消えた」という場合、Google アカウント自体が消えたのではなく、普段使っているデバイスで、なにかの拍子にログアウトをしてしまっているというケースも考えられます。

Googleのトップページにアクセスして、アカウントをアイコンをタップすると、現在ログイン中のGoogle アカウントが表示されます。

表示されている中に、ログインしたいGoogle アカウントが無い場合は、「別のアカウントを追加」からログインするようにしましょう。

別のアカウントを追加する場合の操作
アイコンをクリック

ブラウザを開き、①画面右上のGoogle アカウントのアイコンをクリックし、②「別のアカウントを追加」をクリックして、ログイン情報の入力画面に進みます。

Google アカウントにログインするためにアドレスを入力

削除したい「Googleアカウントのメールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力

削除したい「Googleアカウントのパスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

トップページ

この操作で、消えたと思われているGoogle アカウントにログインできれば、対処は完了です。

この対処を行ってみてもログインができない場合は、Google アカウント自体が消えている可能性があります。その場合は以下に記載する内容を参考にしてみてください。

Google アカウントの復元操作

復元ページ

Google アカウント自体が消えてしまった場合は、以下のリンクの記事を参考にして、Google アカウントの復元操作を行ってみてください。

Google アカウントの復元は、削除から一定期間しか認められておらず、その期間が過ぎてしまうと復元が出来なくなりますので、迅速な対応が必要です。

[Google アカウント 削除]の関連記事

Page Top