G Tips

Google アカウントの名前は非公開にできる?ユーザー情報について

  • Release

Google アカウントの情報は、公開または非公開にすることができますが、残念ながら名前を非公開にすることはできません。

本名で登録されている方は、世界中に本名が公開されているのではないかと心配になるかもしれませんが、名前を変更することで対処できます。

名前の変更は何回でも行うことができ、本名以外で登録することも可能です。

ここでは、Google アカウントの名前を変更する方法のご紹介とともに、Google アカウントの名前を非公開にすることができない「ユーザー情報」がどのように表示されているのかお見せします。

Google アカウントの名前を変更する方法

Google アカウントの名前は、スマホで変更することも可能です。

下記記事では、iPhoneでGoogle アカウントの名前を変更する方法をご紹介しています。

簡単に名前を変更することができますので、ぜひお試しください。

Google アカウントの名前は、姓名(フルネーム)ではなく名前だけ登録することも可能です。

ただし、姓のみ登録することはできません。

下記記事では、PCでGoogle アカウントの名前を変更し、名前だけ登録する方法をご紹介しています。

Google アカウントのユーザー情報について

Google アカウントの情報はユーザー自身で管理することができ、他のユーザーへ「公開」するか「非公開」にするかを選択することができるとGoogle アカウント ヘルプには記載されています。

しかし、名前に関しては「非公開」にすることはできません。実際にどのように表示されるのか、見てみましょう。

個人情報を選択

Google アカウントにアクセスし、「個人情報」を選択します。

ユーザー情報に移動をクリック

個人情報が表示されますので、下へスクロールし「他のユーザーに表示する情報の選択」の「[ユーザー情報]に移動」をクリックします。

名前を選択

ユーザー情報と「自分のみ(非公開)」または「一般公開」のアイコンが表示されます。

今回の例では、名前は「一般公開」となっていますが、変更できるか確認するために「名前」を選択します。

←をクリック

「名前を公開するユーザー」には「一般公開」のアイコンしか表示されていないため、「自分のみ(非公開)」へ変更できません。

「←」をクリックして戻り、他の情報を確認してみましょう。

生年月日を選択

次は「生年月日」を選択してみます。今回の例では「自分のみ(非公開)」となっています。

公開するユーザーの選択

「生年月日を公開するユーザーを選択する」に「自分のみ(非公開)」または「一般公開」を選択できるように表示されています。

名前はこのような表示がないため、「自分のみ(非公開)」の設定を行うことができないのです。

名前を変更して対処するようにしましょう。

[Google アカウント 名前]の関連記事

Page Top