G Tips

Google アカウントの名前を偽名で作成した場合

  • Release
  • Update

Google アカウントの名前は、本名以外で登録することも可能です。

しかし、本名以外とは言っても、偽名で作成することもできるのでしょうか?

ここでは、Google アカウントの名前は偽名で作成できるのか、そして偽名で作成した場合はどうなるのか事例をご紹介します。

Google アカウントの名前を偽名で作成できるか?

Google アカウントの名前は、本名で登録しなくてはいけないとは決まっていません。

そのため、ニックネームやペンネームなど本名以外の名前で登録することが可能で、偽名であってもGoogle アカウントを作成することはできます。

実際に、偽名を使ってGoogle アカウントの名前を作成されている方もたくさんいます。

偽名で作成した場合はどうなるのか?

Google アカウントの名前は偽名で作成することもできますが、以下のようなことが起こる可能性があります。

ご自身でしっかりと考えてから、登録する名前を考えるようにしましょう。

偽名で作成したGoogle アカウントを仕事で使用していると、相手に怪しまれる

Gmailの送信者の名前はGoogle アカウントの名前とは別に設定できますが、デフォルトではGoogle アカウントの名前が表示されます。

もし、偽名で作成したGoogle アカウントを仕事で使用していて、偽名のアカウントの名前のまま相手にGmailを送るとどうなるでしょうか?

Gmailの名前の表示

Google アカウントの名前は、相手の方の受信トレイに表示されます。

名刺と違う名前だと怪しいと思われ、Gmailを開いてもらえない可能性もあります。

事前に知らせておけば問題ないと思われるかもしれませんが、お客様の数が多いと忘れてしまうかもしれません。

偽名で作成した場合の危険性について、理解しておきましょう。

偽名で表示される名前が気になる

Google アカウントの名前は、本名よりも偽名で作成した方が安全かもしれません。

しかし、Googleのサービスを利用する際に、すべて偽名で表示されることになります。

Google アカウントの名前の表示

例えば、Google アカウントにアクセスすると、このように名前(偽名)が表示されます。

Google Chatの名前の表示

Google Chatを使うと、送信した際にこのように名前(偽名)が表示されます。

Googleのサービスの使い方によっては、偽名が表示されることが気になるかもしれません。

Google アカウントは複数作成することもできますので、プライベート用には偽名で作成するなど使い分けるようにすることをおすすめします。