G Tips

MacでのGoogle カレンダーの利用について

  • Release
  • Update

カレンダーアプリはいくつもありますが、その中でも利便性に長けているのがGoogle カレンダーです。

この記事では、MacでGoogle カレンダーのアプリを作成する方法や、MacのカレンダーとGoogle カレンダーを同期させる方法をご紹介します。

これを機会に、MacでもGoogle カレンダーを活用していきましょう。

Google カレンダーのMac専用アプリはインストールできる?

MacでGoogle カレンダーをデスクトップアプリのように使うには、Google カレンダーをショートカットとして登録する必要があります。

ショートカットとは、よく見るWebページなどにすぐアクセスできるよう、アイコンを作成しておける機能のことです。

ショートカット機能を使ってMacのデスクトップにGoogle カレンダーを追加する方法は、以下の「デスクトップにショートカットアイコンを作る」セクションを参照してください。

デスクトップにショートカットアイコンを作る

デスクトップにGoogle カレンダーのショートカットを作成する方法は、以下の通りです。

Googleカレンダーを選択

ブラウザを立ち上げ、Googleのトップページにアクセスします。

トップページを開いたら、画面右上の①「Google アプリ」、②「カレンダー」の順に選択します。

メールアドレスを入力

「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力する

「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

ショートカットを作成する

画面右上の①「設定」アイコン、②「その他のツール」、③「ショートカットを作成」の順に選択します。

作成ボタンをクリック

「ショートカットを作成しますか?」ダイアログボックスが表示されます。

「作成」ボタンをクリックします。

デスクトップにドラッグする

Macで作成したGoogle アプリのショートカットは、Chrome アプリという場所に保管されます。

ショートカットをデスクトップに配置するには、「Google カレンダー」を画面左側の「デスクトップ」までドラッグします。

デスクトップに追加できた

これで、Google カレンダーのショートカットをデスクトップに作成することができました。

MacアプリのカレンダーiCalと同期させる

iCalとは、Macに標準搭載されているカレンダーアプリのことです。

Google カレンダーとiCalを同期させると、Google カレンダーに追加した予定をiCalで確認できるため、スケジュール管理をより行いやすくなります。

以下では、Macアプリ「iCal」と、Google カレンダーを同期させる方法についてご説明します。

カレンダーを起動する

「カレンダー」を起動します。

環境設定を選択する

画面上部の①「カレンダー」、②「環境設定」の順に選択します。

アカウントを追加する

「環境設定」ダイアログボックスが表示されます。

「アカウント」、②「+」の順に選択します。

Googleを選択する

「カレンダーアカウントのプロバイダを選択」ダイアログボックスが表示されます。

「Google」を選択し、②「続ける」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力する

「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力する

「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

完了をクリック

「このアカウントで使用するアプリケーションを選択してください」ダイアログボックスが表示されます。

カレンダーが選択されていることを確認し、「完了」ボタンをクリックします。

カレンダーを同期できた

これで、iCalにGoogle カレンダーを同期させることができました。

FluidでGoogle カレンダーをアプリ化させる

Macでは「Fluid」というアプリを使用することで、Google カレンダーをアプリ化することができます。

Fluidのダウンロード方法/Fluidを使ってGoogle カレンダーをアプリ化する方法については、以下の通りです。

Free downloadを選択

Fluidのダウンロードページにアクセスします。

「Free Download」を選択します。

zipを展開

「Finder」、②「ダウンロード」の順に選択し、③「Fluid_2.1.2.zip」をダブルクリックしてzipファイルを展開します。

アプリを選択

「Fluid」を選択します。

アプリの設定を決める

「Fluid」ダイアログボックスが表示されます。

「URL」に『https://calendar.google.com/』と入力し、②「Name」に『Google カレンダー』と入力します。

「Location」はアプリを追加する場所のことを指すので、③「任意の場所(例:Desktop)」を選択します。

アプリのアイコンを設定するため、④「Icon」の「Other」を選択します。

アイコンを設定

「アプリアイコンに設定したい画像(例:アイコン.png)」を選択し、②「Open」ボタンをクリックします。

クリエイトボタンを押す

「Create」ボタンをクリックします。

アプリを作成できた

「Finder」、②「アプリを追加した場所(例:デスクトップ)」の順に選択すると、Fluidで作成したアプリが追加されていることを確認できます。

これで、Fluidを使用してGoogle カレンダーのアプリを作成することができました。

トラブルシューティング

以下では、MacでGoogle カレンダーを利用しているときによく発生する不具合の対処法をご紹介します。

Google カレンダーが表示されない

Google カレンダーとiCalを同期した際、Google カレンダーに追加した予定が表示されない場合があります。

そのような場合は、一度Google アカウントとの同期を解除し、再度同期することで問題が解決する可能性があります。

以下では、iCalと同期できない場合の対処法をご説明します。

カレンダーを起動する

「カレンダー」を起動します。

環境設定を選択する

画面上部の①「カレンダー」、②「環境設定」の順に選択します。

-を選択する

「環境設定」ダイアログボックスが表示されます。

「アカウント」、②「-」の順に選択します。

インターネットアカウントを選択する

「Googleアカウントは、このMac上でほかのアプリケーションによって共有されています。」ダイアログボックスが表示されます。

「インターネットアカウント」ボタンをクリックします。

チェックを外す

「カレンダー」の「チェック」を解除します。

これで同期が解除されました。再度Google アカウントを追加して同期させるには、本記事の「MacアプリのカレンダーiCalと同期させる」セクションにある手順を参考に設定を行ってみてください。