G Tips

Google KeepをMacで利用する方法

  • Release

Google Keepは、Google アカウントさえあれば、様々なデバイスから利用できる優秀なメモアプリです。

今回は、Google KeepをMacで利用する方法をお伝えします。

Chromeから利用する方法や、デスクトップアプリとしてGoogle Keepをダウンロードする方法についてご紹介していますので、参考にしてみてください。

Google KeepをMacで利用する方法

Google KeepをMacで利用したい方は多くいらっしゃるかと思います。

以下では、Google KeepをMacで利用する方法や、Google Keepアプリのダウンロード方法についてご紹介しています。

Chromeで利用する

Google KeepをMacのChromeで利用する方法は、以下の通りです。

作業時間:3分

Chromeを起動する
Chromeを開く

Dockから「Chrome」を起動します。

Google Keepを選択する
Google Keepを選択する

画面右上の①「Google アプリ」、②「Keep」の順に選択します。

メールアドレスを入力する
メールアドレスを入力する

①「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力してログインする
パスワードを入力する

①「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

Google Keepを利用できるようになった
Google Keepを利用できるようになった

これでログインが完了し、Google Keepを利用できるようになりました。メモを追加したいときは、画面上部の「メモを入力」からメモを作成することができます。

Chromeの拡張機能は利用できる?

Google Keepは、Chromeの拡張機能を利用することでより利便性を高めることができます。

例えば、「気になったWebページをリンク付きでメモに残す」ことや、「記載されている画像をそのままメモに持ってくる」といった機能も、拡張機能を使えば簡単に追加することができます。

拡張機能の使い方については、以下の記事を参考にしてみてください。

デスクトップアプリをダウンロードする

Macには、Googleから提供されているGoogle Keepのデスクトップアプリはありません。

しかし、「Fluid」というアプリを利用してGoogle KeepのWebページをアプリ化すると、Macでもデスクトップアプリとして利用することができますのでご紹介します。

FluidでGoogle KeepのWebページをデスクトップアプリ化する

以下では、Fluidのダウンロード方法/Fluidを使用してGoogle KeepのWebページをアプリ化する方法についてご説明します。

Free downloadを選択する

Fluidのダウンロードページにアクセスします。

「Free Download」を選択します。

zipファイルを展開する

「Finder」、②「ダウンロード」の順に選択し、③「Fluid_2.1.2.zip」をダブルクリックしてzipファイルを展開します。

アプリを選択する

「Fluid」を選択します。

アプリの設定を行う

「Fluid」ダイアログボックスが表示されます。

「URL」に『https://keep.google.com/』と入力し、②「Name」に『Google Keep』と入力します。

「Location」はアプリを追加する場所のことを指すので、③「任意の場所(例:Desktop)」を選択します。

アプリのアイコンを設定するため、④「Icon」の「Other」を選択します。

アイコンを選択する

「アプリアイコンに設定したい画像(例:アイコン.png)」を選択し、②「Open」ボタンをクリックします。

クリエイトボタンを押す

「Create」ボタンをクリックします。

アプリを作成できた

「Finder」、②「アプリを追加した場所(例:デスクトップ)」の順に選択すると、Fluidで作成したアプリが追加されていることを確認できます。

これで、Fluidを使用してGoogle Keepのアプリを作成することができました。

[Google Keep アプリ]の関連記事

Page Top