G Tips

Google カレンダー内のToDoリストの使い方(タスク管理)

  • Release
  • Update

タスク管理ができるアプリはいろいろありますが、Google ToDoは初めての方でも簡単に使える便利さが人気です。

仕事で使うだけではなく、日常生活でも気軽に使うことができることも魅力となっています。

今回は、Googleカレンダー内のToDoリストの使い方をメインに、いろいろなToDoリストの使い方についてご紹介します。

タスク管理ができるGoogle ToDoとは?

Google ToDoは、無料で利用できるタスク管理アプリです。PCだけではなく、スマホでも利用することができます。

予定とは違う「やらなければいけないこと」をリスト化でき、使い方も簡単なので、初めての方でもすぐに使い慣れるでしょう。

タスク管理と聞くと仕事で使うイメージかもしれませんが、プライベートで使うこともできます。

例えば、買い物リストとして使ったり、結婚式などのイベントが控えている際は、その準備リストとして使っても便利です。

さらに、Gmailから直接ToDoリストにタスクを追加することもできるので、スケジュール管理まで可能になります。

Google ToDo用のスマホアプリもある

Google ToDoには、スマホアプリもあります。

スマホからタスクを入力して、PCで編集するということもできます。

Google ToDoアプリ(App Store)

iPhoneを利用されている方は、App Storeから入手できます。

ToDoリストアプリ(Google Play)

Androidを利用されている方は、Google Playから入手できます。

Googleカレンダー内で利用できる

Google ToDoは、Googleカレンダー内で利用することも可能です。

タスクに日時を追加することでカレンダーに自動的に表示されるので、ひと目で分かります。

Google ToDoの使い方については次項で詳しく説明しますので、ここではどのように表示されるのかご紹介します。

カレンダーに表示されるToDoリスト

ToDoリストに追加したタスクが、カレンダーに自動的に表示されます。

時間も入力した場合は、カレンダーにその時間も表示されます。

カレンダーでタスクの内容確認

カレンダーに表示されたタスクをクリックすると、ダイアログボックスが表示されます。

ToDoリストを閉じていても、タスクの内容を確認することができます。

Google ToDoの使い方

Google ToDoは便利なだけではなく、とても簡単に使うことができることも魅力です。

早速使ってみましょう。

デスクトップPCのブラウザ版での基本的な使い方

ToDoを登録する
ToDoリストのアイコンをクリック

Googleカレンダーを開き、「ToDoリスト」をクリックします。

新しいリストの作成

「マイタスク」をクリックし、②「新しいリストを作成」を選択します。

マイタスクはタスクが完了しても削除することができないため、新しいリストを作成した方が後で整理しやすくなります。

新しいリストの名前を入力

「新しいリストを作成」ダイアログボックスが表示されますので、①「名前」を入力し、②「完了」をクリックします。

タスクの入力

「タスクを追加」をクリックし、②タスクを入力します。

タスクが2個以上ある場合は、再度「タスクを追加」をクリックまたは「Enter」キーを押すことで、入力欄を追加できます。

タスク入力欄の削除

タスクの入力欄が余った場合は、「BackSpace」キーを押すと削除することができます。

詳細を編集をクリック

日時を入力するために、「詳細を編集」をクリックします。

日時、サブタスクを入力

「日時」を入力し、必要であれば②「サブタスク」を入力します。

サブタスクを入力することで、タスク完了までの流れがわかりやすくなります。

繰り返しの設定

日時を入力する際に「繰り返し」をクリックすると、「日ごと」「週間ごと」「か月ごと」「年ごと」のように設定することもできます。

タスク追加完了後のカレンダーの表示

上記がタスク追加完了後のカレンダーです。カレンダーに表示されるのは、タスクのみとなります。

カレンダーに表示されたタスクをクリックしても、サブタスクは表示されません。

マイカレンダーの「ToDoリスト」にチェックが入っていないとカレンダーに連携されませんので、ToDoリストが表示されない場合は確認しましょう。

ToDoを削除する
タスクの完了

ToDoのタスクが完了したら、「完了とする」にチェックを入れます。

完了後のタスク

タスクを完了するとサブタスクも同時に完了となり、「2件のタスクを完了としました」と表示されます。

サブタスクだけ完了させたい場合は、サブタスクの「完了とする」にチェックを入れるようにしましょう。

完了したタスクを表示

「完了(2件)」と表示されますので、「∧」をクリックします。

タスクの削除

「タスクを削除」をクリックすると、そのタスクが削除されます。

カレンダーに表示されたタスクをクリックし、表示されたダイアログボックスの「タスクを削除」をクリックしても削除できます。

リストの削除

ToDoのリストを削除したい場合は、「その他」をクリックします。

リストを削除を選択

「リストを削除」を選択します。

削除をクリック

「このリストを削除しますか?」ダイアログボックスが表示されますので、「削除」をクリックします。

これでタスクが削除され、後で復元することはできなくなります。

リスト削除後のカレンダー

削除した後は「タスクはありません」の表示に戻ります。

リスト名もカレンダーに表示されていたタスクも残りません。

ToDoを印刷する

ToDoを印刷できれば便利だと思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら現在は印刷することができなくなりました。

以前はToDoだけを表示する「単体ページ」があり、印刷することもできたのですが、公開が終わってしまったのです。

カレンダーを印刷することはできますが、予定のみでToDoリストは反映されません。

印刷したい方は、ToDoリストを予定としてカレンダーに入力し、印刷するようにしましょう。

カレンダーを印刷

カレンダーを印刷するためには、①「設定メニュー」をクリックし、②「印刷」を選択します。

印刷の設定

印刷範囲、表示、フォントサイズ、印刷の向き、色とスタイルを選択し、希望する場合は②「週末を表示する」「辞退した予定を表示する」にチェックを入れ、③「印刷」をクリックします。

ToDoリストの共有

ToDoリストが共有できれば、チームとして仕事する上でもタスク管理がしやすくなりますが、共有することはできるのでしょうか?

以下の記事では、ToDoリストの共有はできるのかどうかについてご紹介をしています。

Googleカレンダーに連携する

ToDoリストにチェックを入れる

ToDoリストに入力後、マイカレンダーにある「ToDoリスト」にチェックを入れます。

連携後のカレンダー

これでGoogleカレンダーと連携され、タスクが表示されるようになりました。

タスクを追加する前にチェックを入れておくと、自動的に表示されます。

iPhoneの標準カレンダーに連携する

GoogleカレンダーをiPhoneの標準カレンダーに連携することはできますが、ToDoリストは表示されません。

代替手段として、タスクを予定として入力するしかありません。

ここでは、参考としてGoogleカレンダーをiPhoneの標準カレンダーに連携する手順についてご紹介します。

Googleカレンダーアプリ

Googleカレンダーアプリが必要となります。

インストールされていない方はApp Storeから入手しましょう。

iPhone標準カレンダーに連携するGoogleカレンダー

例として、4月15日と27日の予定をiPhoneの標準カレンダーに連携させてみます。

4月14日にタスクが表示されていますが、これは連携できません。

設定画面からカレンダーを選択

iPhoneの設定画面を開き、「カレンダー」を選択します。

アカウントを選択

「アカウント」を選択します。

アカウントを追加を選択

「アカウントを追加」を選択します。

Googleを選択

「Google」を選択します。

Googleへログイン

Googleログイン画面が表示されますので、①「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力

「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

カレンダーをONにして保存

カレンダーがONになっていることを確認し、「保存」をタップします(メール、連絡先、メモは任意で設定して下さい)。

Gmailのアカウント追加完了

これでGmailのアカウントが追加されました。

アカウント追加後のiPoneのカレンダー表示

iPhoneの標準カレンダーを開くと、4月15日と27日に●印がついています。

予定の内容を表示

Googleカレンダーと4月15日、27日の予定の内容も同じですが、4月14日のタスクは表示されていません。

Microsoft To Doと同期する

Outlookでサインイン

Outlookのサインイン画面で①「メール、電話またはSkype」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードの入力

「パスワード」を入力し、②「サインイン」ボタンをクリックします。

Outlookのすべての設定を表示をクリック

予定表を開き、①「設定」をクリックし、②「Outlookのすべての設定を表示」をクリックします。

予定表の公開

「設定」画面が表示されますので、①「予定表」、②「共有予定表」の順に選択し、③「予定表を公開する」の「予定表の選択」プルダウンから「予定表」を選択します。

アクセス許可の選択

「アクセス許可を選択」プルダウンから「自分の予定が入っている時間を閲覧可能」または「すべての詳細を閲覧可能」のどちらかを選択します。

公開ボタンをクリック

アクセス許可を選択後、「公開」ボタンをクリックします。

今回は例として「すべての詳細を閲覧可能」を選択します。

ICSのリンクをコピー

HTMLとICS、2つのURLが表示されますので、①ICSのリンクをクリックし、②「リンクをコピー」を選択します。

リンクのコピー

「リンクをコピーしました」ダイアログボックスが表示されますので、①「コピー」をクリックし、②「閉じる」をクリックします。

他のカレンダーを追加

Googleカレンダーを開き、「+(他のカレンダーを追加)」をクリックします。

URLで追加を選択

表示されたダイアログボックスの中の「URLで追加」を選択します。

コピーしたURLを貼り付け

カレンダーのURLに①コピーしたiCSのリンクを貼り付け、②「カレンダーを追加」ボタンをクリックします。

Microsoft ToDoとの同期完了

Googleカレンダーで確認すると、他のカレンダーにOutlookの予定表が追加され、ToDoが表示されました。

これでMicrosoft To Doとの同期完了です。

スマホのGoogleカレンダーにToDoが表示されない

三本線をタップ

スマホのGoogleカレンダーにToDoが表示されない場合は、「三本線」をタップします。

ToDoリストにチェックが入れてあるか確認

「ToDoリスト」を確認しましょう。

スマホのGoogleカレンダーにToDoが表示されない場合は、ここにチェックが入っていない可能性が高いです。

タスクの表示

ToDoリストにチェックを入れると、タスクが表示されます。

Page Top