G Tips

iPhoneでのGoogle カレンダーの使い方(共有や同期方法など)

  • Release
  • Update

Google カレンダーはiPhoneでも利用可能です。

今回こちらの記事では、そんなGoogle カレンダーのiPhoneでの利用方法をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneでのGoogle カレンダーの使い方

iPhoneでのカレンダーの使い方の中でも、痒い所に手が届くような機能の使い方を紹介していきます。

予定に写真を添付する

添付したいスケジュールを選択

「写真を添付したい予定」を選択します。

編集へ

「編集」アイコンをタップします。

添付ファイルを追加

「添付ファイルを追加」をタップします。

添付ファイルを選択

「添付したいファイル」を選択します。

添付ファイルを決定

右上の「保存」アイコンをタップします。

保存を押す

「保存」ボタンをタップします。これで写真の添付は完了です。

添付の確認

スケジュールの詳細画面に戻り、写真が添付されていれば完了です。

カレンダーに天気を表示する

Google カレンダーに天気を表示させることはできますが、iPhoneの場合、パソコンで一度設定を行う必要があります。

設定のフローは以下の通りです。

icalTOP

パソコンから「iCal週間天気予報」を開きます。

東京を選択

表示させたいエリアの「iCal」を右クリックします。

リンクのアドレスをコピー

「リンクのアドレスをコピー」を選択します。

設定を開く

Google カレンダーに戻り、「設定」アイコンをクリックします。

「設定」を選択

「設定」を選択します。

詳細画面の操作

左側メニューから①「カレンダーを追加」をクリックして、②「URLで追加」を選択します。

コピーしたURLの入力

「カレンダーのURL」に先ほどコピーしたURLをペーストして、②「カレンダーを追加」ボタンをクリックします。これで天気の表記が追加されます。

追加の確認

マイカレンダーに戻り、表示されているか確認します。

スマホ表示

スマートフォンではこのように表記されます。

他のユーザーとの共有

iPhoneを使って他のユーザーとスケジュールを共有することは可能です。

こちらの記事に、やり方を詳しく掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone(アプリ)でGoogle カレンダーを共有する方法

他のユーザーのカレンダーを追加

iPhoneは、画面上に他のユーザーのカレンダーを表示させることも可能です。

やり方は、上記の記事で紹介しているのと同様の操作を、共有元のユーザーに行ってもらうことで完了します。

共有元のユーザーにコンタクトを取り、進めてみてください。

Google カレンダーにiPhone カレンダーを同期

メニューをタップ

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

設定を選択

「設定」を選択します。

アカウントの設定

「アカウントの管理」を選択します。

icloudを選択

「iCloud」をオンにして、②「戻る」アイコンをタップします。これで同期は完了です。

カレンダーの確認

Google カレンダーに戻り、iPhoneのカレンダーに入力されたスケジュールが同期されているか確認します。

iPhone カレンダーにGoogle カレンダーを同期

ホーム画面

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

カレンダーの選択

「カレンダー」を選択します。

アカウントの選択

「アカウント」を選択します。

アカウントの選択を選択

「アカウントを追加」を選択します。

Googleカレンダーを選択

「Google」を選択します。

続けるを選択

「続ける」を選択します。

メールアドレスを入力

「メールアドレス」を入力して、②「次へ」ボタンをタップします。

パスワード入力

「パスワード」を入力して、②「次へ」ボタンをタップします。

カレンダーを選択して保存

「カレンダー」をオンにして、②「保存」をタップします。これで同期は完了です。

デフォルトカレンダーの確認

iPhoneのカレンダーを表示して、Google カレンダーのスケジュールが同期されているか確認します。

Google カレンダーのToDoを連携

Googleカレンダーに表示されているToDoを、iPhoneのカレンダーに表示させるにはこちらの記事を参考にしてみてください。

ページの下段に「iPhoneの標準カレンダーに連携する」という項目に詳しく記載されています。

Google カレンダー内のToDoリストの使い方(タスク管理)

iPhoneのウィジェットに表示

編集を選択

ホーム画面を右側にスライドさせるとウィジェット画面が開くので、下にスクロールして「編集」ボタンをタップします。

Googleカレンダーを選択

「Googleカレンダー」を選択します。

ウィジェット選択

「ウィジェットを追加」ボタンをタップします。これでウィジェットの追加は完了です。

ウィジェットを配置

ウィジェット画面に戻り、Google カレンダーが表示されているか確認しましょう。

通知の設定方法

ホーム画面

ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

Googleカレンダーを選択

「Googleカレンダー」を選択します。

通知を選択

「通知」を選択します。

通知をオン

「通知を許可」をオンにします。これで通知の設定は完了です。

カレンダーの削除はパソコンで

カレンダー自体の削除はパソコンでしか行えません。

パソコンでの操作方法は以下の通りです。

設定アイコンをクリック

Google カレンダーを開き、画面右上の「設定」アイコンをクリックします。

メニュー展開

「設定」を選択します。

メニュー設定

①左側メニューから「削除したいカレンダー」をクリックして、②「削除」をクリックします。

確認

確認画面が表示されるので、「完全に削除」をクリックします。

カレンダーの確認

最後にiPhoneで消したいカレンダーが消えているか確認します。

トラブルシューティング

iPhoneでGoogle カレンダーを使用していると思わぬトラブルが起きることがあります。

主なトラブルとその解決方法は以下の通りです。

祝日が表示されない

メニューをタップ

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

祝日を表示

「祝日」にチェックを入れます。これで祝日が表示されるようになります。

共有が表示されない場合

共有元ユーザーのスケジュール

上記の「祝日が表示されない」の解決法と同様にメニューを開き、共有されているユーザーのチェックボックスがあればチェックを入れます。

また、チェックボックスが表示されていないようであれば、原因として、共有元によるカレンダー共有設定がうまくいっていないという可能性もあります。

こちらの記事を参考にして、再度共有の設定を共有元ユーザーにお願いしてみてください。

iPhone(アプリ)でGoogle カレンダーを共有する方法

Google カレンダーとジョルテが同期できない

Google カレンダーとジョルテの同期に関しては、2019年夏に一度システム上の不具合が生じ、同期ができないという不具合が生じました。

その後改善がなされたため、現在のところ同期ができないというケースに関しては、設定に不備がある可能性が高いです。

下記のフローで今一度設定を行ってみてください。

ジョルテを起動

ジョルテを開き、「設定」アイコンをタップします。

クラウドと同期

「カレンダー」を選択します。

Googleカレンダーを選択

「Googleカレンダーを利用する」にチェックを入れます。

今すぐ同期

そのまま下にスクロールして、「いますぐ同期」をタップします。

確認画面

「続ける」をタップします。

ログイン画面

同期するGoogleアカウントを指定します。すでにGoogle カレンダーのアプリを使用していると、アカウント名が表示されているのでタップします。

表示されていない場合は、「別のアカウントを使用」を選択して、利用したいアカウントでログインしてください。

許可を選択

「許可」ボタンをタップします。これで同期の操作は完了です。

カレンダーと連携

ジョルテの画面に戻るので、左上に表示されている「戻る」アイコンをタップします。

最終確認

カレンダーの表示に戻るので、Google カレンダーと同期されているかどうか確認しましょう。