G Tips

Google カレンダーのToDoリストは共有できるのか?

  • Release
  • Update

タスク管理ができるツールとして便利なGoogleカレンダーのToDoリスト。

ToDoリストが共有できれば、チームとして仕事する上でもタスク管理がしやすくなりますよね。

ToDoリストは入力したタスクがGoogleカレンダーに表示されるので、Googleカレンダーを共有すればToDoリストも共有できるのでしょうか?

実際に、GoogleカレンダーのToDoリストが共有できるかどうか実践してみましょう。

GoogleカレンダーのToDoリストは共有できるか?

ここでは、GoogleカレンダーのToDoリストにタスクを追加するところから共有できるかどうかまで、手順を追って説明します。

GoogleカレンダーのToDoリストにタスクを追加する

ToDoリストのアイコンをクリック

Googleカレンダーを開き、「ToDoリスト」をクリックします。

今回は、5月23日に予定されている結婚式のToDoリストを例として作成していきます。

新しいリストを作成を選択

「マイタスク」をクリックし、②「新しいリストを作成」を選択します。

新しいリストの名前を入力

「新しいリストを作成」ダイアログボックスが表示されますので、①「名前」を入力し、②「完了」をクリックします。

タスクの入力

「タスクを追加」をクリックし、②タスクを入力します。

タスクが2個以上ある場合は、再度「タスクを追加」をクリックまたは「Enter」キーを押すことで、入力欄を追加できます。

詳細を編集のアイコンをクリック

日時を入力するために、「詳細を編集」をクリックします。

日時、サブタスクを入力

「日時」を入力し、必要であれば②「サブタスク」を入力します。

カレンダーへタスクが表示される

日時を入力すると、自動的にカレンダーへ表示されます。

Googleカレンダーを特定のユーザーと共有する

オーバーフローメニューをクリック

共有したいカレンダー右端にある「オーバーフローメニュー」をクリックします。

設定と共有を選択

「設定と共有」を選択します。

共有する特定ユーザーを追加

「設定」画面が表示されますので、その中の「特定ユーザーとの共有」の「+ユーザーを追加」をクリックします。

メールアドレスの入力と権限の選択

「特定のユーザーと共有」ダイアログボックスが表示されますので、①共有する相手の「メールアドレスまたは名前」を入力し、②「権限」を選択し、③「送信」をクリックします。

「送信」をクリック後、共有する相手へメールが届きます。

権限の選択

権限は4種類あります。「変更および共有の管理権限」にすると、予定の追加・編集だけではなく、共有設定の変更もできるようになるので注意しましょう。

今回は「変更および共有の管理権限」を選択しています。

共有されたGoogleカレンダーを確認する

カレンダー共有のメール

共有する相手の方へは、カレンダー共有のメールが届きます。

カレンダーの追加を選択

共有する相手の方に「このカレンダーを追加。」をクリックしてもらいます。

カレンダー追加を実行

「カレンダーを追加」ダイアログボックスが表示されますので、「追加」をクリックしてもらいます。

共有したカレンダーの表示

これが共有したカレンダーのみを表示している状態ですが、ToDoリストを開いても何も表示されません。

表示されているのは、結婚式の予定だけになっています。

カレンダーは共有することができますが、ToDoリストを共有することは現時点はできないようです。

ToDoリストが共有できない場合の代替手段

残念ながら、ToDoリストは現時点では共有できません。

ToDoリストを共有するための代替手段としては、タスクを予定としてカレンダーに入力することです。

Googleカレンダーには、新しいカレンダーを作成する機能があります。

自分のカレンダーとは別に、タスクを予定として入力するためのカレンダーを作りましょう。

他のカレンダーを追加をクリック

他のカレンダーの右にある「+(他のカレンダーを追加)」をクリックします。

新しいカレンダーを作成

プルダウンから「新しいカレンダーを作成」を選択します。

名前、説明の入力

「設定」画面が表示されます。

「名前」、②「説明」を入力し、③「カレンダーを作成」ボタンをクリックします。

説明は入力しなくても問題ありませんが、タスク管理のためであることを入力するとわかりやすいでしょう。

新しいカレンダーの完成

これで新しいカレンダーが追加されました。

この後、タスクを予定として入力し、共有設定を行いましょう。