G Tips

MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法

  • Release

この記事では、MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法をご紹介します。

MacのデフォルトのブラウザはSafariが一般的ですが、Google Chromeを使用することも可能です。

M1のMacにインストールする方法や旧バージョンのGoogle Chromeをダウンロードしたい場合の方法についてもご紹介しています。

Mac版のGoogle Chromeのダウンロード

MacでのGoogle Chromeのダウンロード方法についてご紹介します。

ダウンロードはGoogle Chromeにアクセスして行います。

具体的な方法については以下をご参照ください。

MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法

Mac(マック)でGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法についてご紹介します。

作業時間:2分

ダウンロードサイトにアクセスする

ダウンロードボタンを押す

Google Chromeのダウンロードサイトにアクセスして、「Chrome をダウンロード」ボタンをクリックします。

dmgファイルを開く

dmgファイルをダブルクリックする

①Safariのダウンロードリストボタンをクリックし、②「googlechrome.dmg」ファイルをダブルクリックして開きます。ダウンロードリストのボタンはお使いのブラウザによって場所が異なるためご注意ください。

アプリケーションフォルダにドラッグする

アプリケーションファイルにドラッグする

「Google Chrome」ダイアログボックスが表示されます。「Google Chrome」のアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグします。これでダウンロード・インストールが完了しました。

Finderを開く

Finderを選択する

Finderを選択します。

取り出しボタンを押す

取り出しボタンを押す

Finderダイアログボックスが表示されます。サイドバーのGoogle Chromeの隣にある取り出しボタンをクリックします。

アプリケーションフォルダを確認する

アプリケーションフォルダでインストール出来ていることが確認できる

アプリケーションを選択すると、赤い矢印で示したようにGoogle Chromeのアイコンが確認できます。これでMacでのGoogle Chromeのダウンロード・インストールは完了です。

MacBook Pro・Air(M1)にGoogle Chromeをインストールする

M1(Appleシリコン)搭載のMacBook Pro・Airにグーグルクロームをインストールする場合も上記「MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法」セクションと同じ手順でインストールすることが可能です。

場合によってはGoogle Chromeのバージョンを選択できる画面が表示されることもあるようです。

以下は実際にM1搭載のMacでGoogle Chromeのダウンロードサイトにアクセスした場合の画面です。

ダウンロードボタンを押す

Google Chromeにアクセスして、「Chrome をダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロードが開始される

場合によっては、Macに適したChromeを選択する画面が表示されるようですが今回はすぐにダウンロードがはじまりました。

選択画面が表示された場合は、「Apple プロセッサ搭載のMac」を選択してください。

また、選択肢が表示された場合もダウンロード・インストールの方法は上記「MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法」セクションと同じです。

Macで旧バージョンのGoogle Chromeをダウンロードする

旧バージョンのダウンロードやダウングレードはセキュリティ面での危険性が高まる可能性があることなどからGoogleは推奨していません。また、旧バージョンのGoogle ChromeはGoogle公式からは提供されていません。

検索するといくつかの配布サイトが出てきますが中には不審なサイトに誘導するものもあるため注意が必要です。

以下では、どうしても旧バージョンのGoogle Chromeに戻したい場合の対応策として、Time Machineを使って旧バージョンのGoogle Chromeに戻す方法とGoogle Chromeの自動更新を停止する方法をご紹介します。

Time Machineを使って旧バージョンのGoogle Chromeに戻す方法

Time Machineとは、Macにデフォルトで搭載されたバックアップシステムを指します。

一度設定すれば一定時間ごとにバックアップがとられるので、Google Chromeの旧バージョンをバックアップファイルの中から復元することができます。

すぐに旧バージョンに戻すことはできませんが、日ごろからバックアップをとっておけば今後旧バージョンに戻したい場合に使用できるので参考にしてみてください。

方法の詳細は、以下のとおりです。

外部ディスクを挿入する

まずは、Time Machineでバックアップを行います。

外部ディスクをMacに挿入します。

システム環境設定を選択する

㉑メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

Time Machineを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

Time Machineを選択します。

ディスクを選択ボタンを押す

Time Machineダイアログボックスが表示されます。

ディスクを選択ボタンをクリックします。

ディスクを選択する

バックアップディスクの選択画面が表示されます。

先ほど挿入した外部ディスクをダブルクリックします。

バックアップが始まる

バックアップが開始されるためしばらく待機します。

Finderを選択する

バックアップが終了したら、現時点でのバージョンのGoogle Chromeのバックアップもとられた状態になります。

今後、Google Chromeのアップデートが行われてもこのバックアップファイルが残っていればいつでも現在のGoogle Chromeを復元することが出来ます。

バックアップファイルは外部ディスクの容量に応じて古いものから自動的に削除されていくのでご注意ください。

以下ではTime MachineからGoogle Chromeを復元する方法をご紹介します。

Finderを選択します。

Time Machineのアプリを開く

Finderダイアログボックスが表示されます。

アプリケーション、②Time Machineの順に選択します。

任意のアプリを選択する

Time Machineが起動します。

上下のボタンを押して、復元したいバックアップファイルを選択します。

②復元したいGoogle Chromeを選択して、③復元ボタンを押します。

一番手前が最新のバックアップファイルで奥にスクロールするほど古いバックアップファイルになっています。

任意のボタンを押す

現在復元中の項目で置き換えますか?というダイアログボックスが表示されます。

任意のボタンをクリックします。今回は「置き換える」ボタンをクリックしました。

パスワードを入力する

パスワードの入力画面が表示されます。

パスワードを入力し、②OKボタンをクリックします。

Google Chromeを開く

これで、復元が完了しました。

Google Chromeを選択します。

Google Chromeについてを選択

Google Chromeが起動したら、①メニューバーのChrome、②Google Chromeについての順に選択します。

バージョンを確認する

Chrome についての画面が表示されます。

今回は最新バージョンでしたが、アップデートする前の旧バージョンのバックアップファイルを使用すると赤い矢印で示した部分に以前のバージョンが表示されます。

自動更新を停止する

以下では、Google Chromeの自動更新を停止する方法をご紹介します。

自動更新を停止しておけば任意のタイミングで更新することができます。

Finderを選択する

Finderを選択します。

ユーティリティを選択する

Finderダイアログボックスが表示されます。

アプリケーション、②ユーティリティの順に選択します。

ターミナルを選択する

ターミナルを選択します。

コードを入力する

ターミナルダイアログボックスが表示されます。

「defaults write com.google.Keystone.Agent checkInterval 0」と入力し、returnを押します。

上記のコードは「Google Chromeの自動更新チェックを行わない」という意味のコードです。

自動更新が停止する

これで自動更新が停止します。

もしも自動更新を再開したい場合は、「defaults write com.google.Keystone.Agent checkInterval 1」と入力してください。

このページを見ている人におすすめの商品