G Tips

Google Chromeがダウンロード・インストールできない場合

  • Release

こちらの記事では、Google Chromeがダウンロード・インストールできない場合と、その対処法をお伝えします。

ダウンロードがブロックされる、エラー表示されるといった現象への対処や、OSや、OSごとのバージョンで起こる不具合についてもご紹介します。

Google Chromeをダウンロードできずにお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Google Chromeがダウンロードできない場合

Google Chromeがダウンロードできない場合の対処法を、現象ごとに紹介していきます。

ダウンロードがブロックされる

Google Chromeのファイルダウンロードがブロックされてしまうという場合の対処法は、以下の記事にて紹介しています。

ダウンロードがブロックされてしまう場合の対処法と合わせて、右クリックでダウンロードできない場合の対処法なども合わせてお伝えしています。

Google Chromeのファイルダウンロードの設定方法

ダウンロードしようとしてエラーが表示される

ダウンロードしようとしてエラーが表示される場合は、「Windows のエラー 1603 と 0x00000643」というエラーメッセージが表示されることが多いです。

こちらのエラーコードが表示されて、ダウンロードができないという場合は、Google Chromeの公式ヘルプによると、「chromeヘルプフォーラムで、問題を報告してください」というアナウンスが記載されています。

ただ、実際にヘルプフォーラムで行われた、過去に質問したユーザーのやり取りを見ると、基本的な対処である、Google Chromeのアンインストールの確認や、インストーラーの再ダウンロード、デバイス本体の再起動などの対処があるのみとなっています。以下にその対処法の詳細を記載します。

Google Chromeをアンインストールする

もともと、使用しているパソコンに、Google Chromeがインストールされていたことがある場合は、しっかりとアンインストール操作がなされているかを確認しましょう。

以下の記事にて、Google Chromeのアンインストール手順を紹介していますので、アンインストールができていなかった場合は、行ってみてください。

Google Chromeをアンインストールする方法

インストーラーを再ダウンロードする

Google Chromeのインストーラーが原因となって、エラーが表示される場合があります。その際は、Google Chromeのインストーラー(Google Chromeをインストールするためのシステム)自体を再度ダウンロードしましょう。

手順としては、Google Chromeの公式ページから、初めてGoogle Chromeをインストールするときと同じように、インストーラーをダウンロードします。

以下の記事にて、詳しく紹介しています。

WindowsでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法

デバイス本体を再起動する

デバイス(パソコン)自体の一度再起動を行ってみるのも、エラーコードが表示される場合の対策として有効です。

再起動を行った後、通常通り印刷の操作を行ってみて、ダウンロード操作ができるかどうか試してみてください。

VistaにChromeをダウンロードできない

Windows Vistaでグーグルクロームを使用することは基本的にはできなくなりました。

Googleが2015年11月に、Windows Vistaでのサポートを打ち切ることを発表しています。

公式ではありませんが、Google Chromeの旧バージョンを配信しているサービスなどもあります。

しかし、最新のマルウェアなどに対応していない可能性が高いため、利用はおすすめできません。Google Chromeの旧バージョンのダウンロードについて詳しく知りたいという方は、以下の記事にて紹介しています。

Google Chromeのバージョンについて

Google Chromeがインストールできない場合

Windows、Macそれぞれにおいて、Google Chromeがインストールできない現象についての解説をお伝えします。

Windowsにインストールできない

Windowsで、Google Chromeが現在サポートされているOS(Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降)を利用していながら、Google Chromeのインストールができない場合は、本記事上部で紹介している、「Google Chromeがダウンロードできない場合」の見出しの内容をご確認ください。

Windows 7

Windows 7は、2022年8月現在においてサポートされているOSなので、通常であれば、Google Chromeのインストールが可能です。

正しい操作を行っている、インターネット接続環境に問題ないのにGoogle Chromeのインストールができない場合は、本記事上部で紹介している、「Google Chromeがダウンロードできない場合」の見出しの内容をご確認ください。

Windows XP

Windows XPは、2015年11月のGoogle公式の発表時点で、Google Chromeのサポートが打ち切られています。そのため、最新版のGoogle Chromeをインストールは基本的にインストールできません。

本記事上部で紹介したWindows Vistaと同様、Google Chromeの旧バージョンを配信しているサービスを利用する方法もあります。

しかし、最新のマルウェアなどに対応していない可能性が高いため、利用はおすすめできません。旧バージョンのダウンロードについて詳しく知りたいという方は、以下の記事にて紹介しています。

Google Chromeのバージョンについて

Macにインストールできない

MacにGoogle Chromeをインストールできない場合の対処法をご紹介します。

アンインストールを行う

MacにGoogle Chromeをインストールできない場合は、すでにMacにGoogle Chromeがインストールされている可能性があります。

一度Google Chromeをアンインストールを行ってみましょう。

MacでGoogle Chromeをアンインストールする方法については、以下の記事「Macでアンインストールする」セクションをご参照ください。

Google Chromeをアンインストールする方法

インストール方法を見直す

長年Windowsを使用していて最近Macを使い始めたという方は、Macのインストール方法を改めて確認しましょう。

Windowsと手順が異なる部分があるためインストールできていない可能性があります。

以下の記事ではMacでのGoogle Chromeのインストール方法をご紹介しています。

MacBook Pro・Air(M1)にGoogle Chromeをインストールする方法などについてもご紹介しています。

MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法

ファイアウォールでインストールできない

Windowsのファイアウォールが影響して、Google Chromeがインストールできない場合は、一旦、ファイアウォールを無効化してインストールしましょう。

Windowsにデフォルトでインストールされている「Windows Defender」のファイアウォールの無効手順は以下の通りです。

設定

画面左下に表示されているWindowsのスタートアイコンをクリックし、②「設定」アイコンをクリックします。

二つの項目をクリック

「設定」画面が表示されるので、①画面左のメニューから「Windows セキュリティ」をクリックし、②「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。

項目をクリック

「ファイアウォールとネットワーク保護」画面が表示されるので、「パブリックネットワーク」をクリックします。

スイッチを操作

「パブリックネットワーク」画面が表示されるので、「Microsoft Defender ファイアウォール」のスイッチを「オフ」にします。

以上でWindows Defenderのファイアウォールの無効化は完了です。

ただ当然ながら、ファイアウォールを無効化することによって、セキュリティは低下するので、Google Chromeのインストールが無事にできた後は、ファイアウォールを有効化することをおすすめします。

このページを見ている人におすすめの商品