G Tips

Google Chromeのポップアップについて

  • Release

サイトを開いていると、別画面が飛び出すように表示されることがあります。

このような表示をポップアップといい、最前面に表示される別画面は、否応なしに目に飛び込んでくるため、広告として使われることも多々あります。

こちらの記事では、Google Chromeのポップアップについて、ポップアップをブロックする方法や、ポップアップで表示される「ウィルス検知」の対処方法などをご紹介いたします。

Google Chromeのポップアップ通知について

Google ChromeでWebサイトを閲覧すると、初回のみアドレスバーの下に「〇〇が次の許可を求めています。」と、通知の許可を求められることがあります。

通知には、「許可」と「ブロック」ボタンが設置されているので、サイトに対して通知の必要がない場合は「ブロック」ボタン、または右上に表示される「×」ボタンをクリックしましょう。

「許可」ボタンをクリックした場合は、デスクトップの右下にポップアップ通知が表示されるようになります。

許可した通知が頻繁に表示され、通知を無効にしたい場合は、通知の設定を行ってください。

通知の設定をオフにする方法は、下記で説明しています。

サイトの通知の送信を全面的に許可しない

設定を選択

Google Chromeの画面右上①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「設定」を選択します。

プライバシーとセキュリティを選択

設定の画面から、「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

サイトの設定を選択

プライバシーとセキュリティの「サイトの設定」を選択します。

通知を選択

サイトの設定の権限から、「通知」を選択します。

通知の送信を許可しない

通知のデフォルトの動作から、「サイトに通知の送信を許可しない」を選択します。

カスタム設定

全てのサイトの通知をオフにしても、個別に許可をしているサイトは通知が送信されます。

個別の通知をオフにするには、下記の「サイトの通知を個別にオフにする」をご覧ください。

サイトの通知を個別にオフにする

その他の操作ボタン

すでにサイトの通知を個別に許可している場合は、動作のカスタマイズから設定を変更しましょう。

通知の設定を許可するサイトから、変更したいサイトの「その他の操作」をクリックします。

通知の設定画面を表示するまでは、上記の「サイトの通知の送信を全面的に許可しない」をご参照ください。

ブロックを選択

ダイアログボックスが開かれたら、「ブロック」を選択します。

通知を許可しないサイト

選択したサイトが、通知の送信を許可しないサイトに表示されました。

ポップアップの設定について

上記ではGoogle Chromeのポップアップ通知(デスクトップ通知)について、設定方法を説明しました。

こちらからは、サイトを開いたときに画面に表示されるポップアップ広告について紹介をいたします。

ポップアップ広告をブロックする方法

Google Chromeでは、デフォルトでポップアップの自動表示はブロックの設定になっています。

ポップアップ広告が表示される場合は、まず設定を確認しましょう。

ポップアップとリダイレクト

サイトの設定から、コンテンツの「ポップアップとリダイレクト」を選択します。

サイトの設定画面を開くまでは、上記の「サイトの通知の送信を全面的に許可しない」を、ご参照ください。

サイトにポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可しない

デフォルトの操作の「サイトにポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可しない」が選択されているか、確認をしてください。

選択されていない場合は、「サイトにポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可しない」を選択します。

その他のコンテンツの設定

さらに、広告のブロックを確認するには、「その他のコンテンツの設定」を選択します。

広告を選択

その他のコンテンツが表示されたら、「広告」を選択します。

広告をブロック

広告のデフォルトの操作から、「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」を選択します。

サイト別にポップアップや広告をブロックする方法

鍵アイコンをクリック

ポップアップや広告をブロックしたいサイトを表示し、アドレスバーに表示されている「鍵アイコン」をクリックします。

サイトの設定

プルダウンメニューが表示されたら、「サイトの設定」を選択します。

ポップアップとリダイレクトをブロック

設定画面が表示されたら、①権限の「ポップアップとリダイレクト」をクリックし、②「ブロック」を選択します。

広告をブロック

次に、①「広告」をクリックし、②「ブロック」を選択します。

サイトに戻り再度読み込みを行い、ポップアップや広告がブロックされているか確認をしてください。

ポップアップブロックの解除方法

ポップアップは、不要な広告だけではありません。

中には、コンテンツがポップアップ表示されるものもあります。

サイトのポップアップブロックを解除したい場合は、以下の方法をお試しください。

許可を選択

Google Chromeでブロックを解除したいサイトを表示し、アドレスバーからサイトの設定を開きます。

サイトの設定を開くまでは、上記の「サイト別にポップアップや広告をブロックする方法」を参照ください。

設定画面が表示されたら、①権限の「ポップアップとリダイレクト」をクリックし、②「許可する」を選択します。

サイトに戻り再度読み込みを行い、ポップアップが表示されるか確認をしてください。

ポップアップを消す方法

ポップアップは、右上の「×」ボタンのクリックで消えます。

ですが、×ボタンで一時的に消えたポップアップは、再度サイトを開くとまた表示されます。

ポップアップを表示したくない場合は、上記の「ポップアップの設定について」を参考にして設定を行ってください。

ポップアップでウイルスが検出された

「ウィルスが検出されました」と、ポップアップ表示されることがあります。

中には、ブラウザーのマークの表示もあり、本物と間違ってしまうかもしれません。

ですが、心当たりがない場合はただのポップアップ通知である可能性が高いので、クリックなどはせず、ブラウザの終了を行いましょう。

タスクバーからブラウザを閉じる

ウィンドウを閉じる

ポップアップの×ボタンは、注意しなければ他の場所をクリックしてしまう恐れがあります。タスクバーからのブラウザの終了をおすすめします。

①タスクバーに表示されている「Google Chrome」を右クリックし、②「ウィンドウを閉じる」を選択します。

ブラウザが終了されたと同時に、警告が消えているか確認してください。

タスクマネージャーからブラウザを閉じる

上記の方法でポップアップを消せない場合は、タスクマネージャーを起動させてブラウザを終了させてください。

タスクマネージャー

「Ctrl」+「Shift」+「Esc」キーを押すと、タスクマネージャーが起動します。

タスクマネージャーが表示されたら、①「終了させたいブラウザ(Google Chrome)」を選択し、②「タスクの終了」ボタンをクリックします。

閲覧履歴の削除

タスクマネージャーからブラウザを終了させても、再度警告画面が表示されている場合は、閲覧履歴を削除してください。

履歴を選択

①Google Chromeの画面の右上にある「Google Chrome設定」をクリックし、②「履歴」、③「履歴」と順に選択します。

閲覧履歴データの削除

履歴の画面が開かれたら、「閲覧履歴データの削除」を選択します。

履歴データを削除

閲覧履歴データの削除のダイアログボックスが開かれたら、①「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックマークを入れ、②「データを削除」ボタンをクリックします。

履歴の削除完了

履歴の削除が完了しました。

通知をオフにする

ポップアップでウィルスが検出されましたと、通知が表示されるのは、サイトの通知を許可したことによる可能性が高いです。

上記の「Google Chromeのポップアップ通知について」を参考にして、通知のオフを行いましょう。

ポップアップに表示されているアドレスが、通知を許可したアドレスと一致する場合は、「サイトの通知を個別にオフにする」を参照し、通知をオフにしてください。

ポップアップが表示されなくなっても、ウィルス感染が疑われる時や心配な時は、正規のソフトでウィルススキャンを行ってみてください。

このページを見ている人におすすめの商品