G Tips

Google Chromeの翻訳機能について

  • Release

こちらの記事では、Google Chromeの翻訳機能についてさまざまな情報をお伝えしていきます。

Google Chromeの翻訳機能は、使いこなすと非常に便利な機能です。

Google Chromeの翻訳機能について、デバイス別の使い方や、翻訳ができない場合のトラブルシューティングをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Google Chromeの翻訳機能とは?

Google Chrome(グーグルクローム)には、「Google 翻訳」という、同じGoogle社からリリースされている翻訳ツールを利用して、外国語のWebページを日本語に翻訳する機能があります。

Google 翻訳の専用アプリを起動したり、専用Webページを開く必要はなく、翻訳ボタン一つで、簡単に精度の高い翻訳を行ってくれるので、非常に便利です。

Google Chromeで翻訳する

Google Chromeの翻訳機能の具体的な使い方や手順を紹介していきます。

パソコン(PC)とiPhoneでの使い方をそれぞれ紹介しますので、お使いのデバイスに合わせてご覧ください。

パソコン(PC)の場合

パソコン(PC)での手順を紹介します。

最初に、Google Chromeの設定画面を操作して、翻訳機能が機能する状態にします。

デフォルトで、以下の設定は完了していますが、何かの拍子に外れていることもあるので、確認してみましょう。

メニュー

Google Chromeの画面右上の「メニュー」アイコンをクリックし、②「設定」を選択します。

設定画面

画面左のメニューから、①「言語」を選択し、②「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のスイッチをオンにします。

以上で、Google Chromeの翻訳機能を機能させるための設定は完了です。

ページを翻訳する
日本語

上記で紹介した設定を施したうえで、翻訳したいWebページを開くと、「Google Translate」のポップアップが開くので、「日本語」をクリックします。

翻訳完了

ページの翻訳が完了します。

サイト全体を翻訳する

基本的に、上記で紹介した「ページを翻訳する」の内容を行うことで、そのサイト内でページを遷移しても、翻訳された状態でページが表示されるようになります。

PDFを翻訳する
翻訳

PDFの翻訳には、「Google 翻訳」のWebサービスを利用する必要があります。

Google 翻訳では、さまざまな形式のファイルを翻訳することができます。

以下の記事では、よく利用されるPDFファイルの翻訳方法についてご説明をいたします。

パソコンでの手順に合わせて、スマホでのPDFファイルを翻訳する方法、論文を翻訳するときの便利なサービス、翻訳できない場合の対処方法についてもご紹介をしています。

Google 翻訳でPDFファイルを翻訳する方法

スマホ(iPhone)の場合

iPhoneのGoogle Chromeでの、翻訳機能について紹介します。

Google Chromeで翻訳を設定する
メニュー

iPhoneでGoogle Chromeを開き、画面右下の「メニュー」アイコンをタップします。

設定

表示されるメニューから、「設定」を選択します。

言語

設定の一覧が表示されるので、「言語」を選択します。

スイッチ

言語のメニューが表示されるので、「ページの翻訳」のスイッチをオンにします。

これで、デフォルトで設定されている、英語のWebサイト翻訳の設定は完了です。

言語を追加

英語以外の言語を翻訳したい場合は、「言語の追加」をタップします。

言語を選ぶ

Google Chromeで翻訳可能な言語の一覧が表示されるので、翻訳したい言語を選択してください。

英語のページ

上記まででお伝えした、翻訳の設定が完了したら、翻訳したいWebサイトを開きます。

すると、画面上部に「ページを翻訳しますか?」というポップアップが表示されるので、「翻訳」を選択します。

翻訳完了

画面のように翻訳が完了します。

以上がiPhoneのGoogle Chromeでの、翻訳機能の使い方です。

Google Chromeで翻訳しないようにする

iPhoneのGoogle Chromeで、翻訳をされないようにするために設定を解除する方法をお伝えします。

下記にて紹介する手順は、英語以外の言語でも対応可能です。

オフ

設定の手順内で紹介した、「言語」の画面の中にある「ページの翻訳」のスイッチをオフにします。

これで、Google Chromeの翻訳機能は機能しなくなるので、自動翻訳もされなくなります。

Google Chromeで翻訳ができない場合

Google Chromeで翻訳ができない場合のトラブルシューティングをお伝えします。

ポップアップが表示されない、出てこない、自動翻訳されないなど、お困りの方もいらっしゃると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

設定をいま一度確認する

まずは、上記で紹介している、Google Chromeでの翻訳設定を、今一度確認してみましょう。

設定がきちんとなされているというつもりで、スマートフォンを操作していても、意外と何かの拍子に設定が変わっていることもあります。

なにかの不具合を疑う前に、まずは本記事を参考に、設定を確認してみてください。

Google Chromeを再起動する

翻訳の設定がきちんとなされているのにもかかわらず、翻訳機能が機能しない場合は、まずGoogle Chromeを再起動してみましょう。

何らかの不具合が起因している際は、Google Chromeを再起動させることによって解決する場合も多いです。

以下の記事にて、Google Chromeの再起動の方法について詳しく記載しています。

Google Chromeの起動・再起動について

Google Chromeを再インストールする

設定を確認したうえで、Google Chromeを再起動しても、翻訳機能が機能しない場合は、Google Chromeを再インストールしてみましょう。

以下の記事にて、Google Chromeの再インストールの方法を、スクリーンショットを交えて紹介しています。

また、再インストールの手順と合わせて、再インストールの際に生じるさまざまな疑問(ブックマーク、トラブルシューティングなど)についても記載していますので、お困りの方はぜひご覧ください。

Google Chromeを再インストールする方法

このページを見ている人におすすめの商品