G Tips

Google 翻訳でPDFファイルを翻訳する方法

  • Release
  • Update

Google 翻訳では、様々な形式のファイルを翻訳することができます。

今回こちらでは、よく利用されるPDFファイルの翻訳方法についてご説明をいたします。

PC、スマホの両方でPDFファイルを翻訳する方法、論文を翻訳するときの便利なサービス、翻訳できない場合の対処方法についてもご紹介をしています。

Google 翻訳でPDFを翻訳する方法

こちらでは、PCでPDFを翻訳する方法を手順を追ってご説明いたします。

作業時間:1分

翻訳を選択

翻訳を選択

Google Chromeを開き、Google アカウントにログインした状態で、①「Google アプリ」、②「翻訳」の順に選択します。

言語を選択

言語を選択

①「ドキュメント」をクリックし、②「英語」、③「日本語」の順に選択します。

パソコンを参照ボタンをクリック

パソコンを参照ボタンをクリック

「ドキュメントを選択してください」と表示されたら、「パソコンを参照」ボタンをクリックします。

翻訳したいPDFファイルを選択

開くボタンをクリック

「開く」ダイアログボックスが表示されます。①「翻訳したいPDFファイル(例:サンプル)」を選択し、②「開く」ボタンをクリックします。

翻訳ボタンをクリック

翻訳ボタンをクリック

Google 翻訳にファイルがアップロードされたら、「翻訳」ボタンをクリックします。

翻訳が完了

翻訳完了画面

翻訳が完了しました。

スマホでPDFを翻訳する

スマホのGoogle 翻訳アプリでは、PDFファイル丸ごとの翻訳はできません。

Google ChromeアプリでGoogle 翻訳を開き、ドキュメントを使って翻訳をしましょう。

こちらでは、例として日本語のPDFファイルを英語に翻訳する方法を、iPhoneを使って説明していきます。

Chromeアプリを開く

ホーム画面から、「Chrome」アプリを選択します。

Chromeアプリ入手画面

Google Chromeアプリをまだインストールしていない場合は、App Storeから入手できます。

パソコンを参照ボタンをクリック

Google Chromeで、Google 翻訳でドキュメントが開かれたページにアクセスします。

「日本語」、②「英語」と順に言語を選択し、③「パソコンを参照」ボタンをタップします。

サンプルを選択

PDFファイルの保存場所(例:ダウンロード)が開かれたら、「PDFファイル(例:サンプル)」を選択します。

翻訳ボタンをタップ

Google 翻訳の画面に戻ったら、「翻訳」ボタンをタップします。

PDFファイル翻訳完了画面

PDFファイルの翻訳が完了しました。

Google DriveにあるPDFを翻訳する

Google 翻訳では、Google DriveにあるPDFを直接翻訳することはできません。

Google DriveにあるPDFを直接翻訳したい場合は、Google ドキュメントを開いて翻訳する方法をお試しください。

またGoogle DriveからPDFをダウンロードして、Google 翻訳でPDFを翻訳する方法もあります。

Googleドライブを選択

Google Chromeを開き、Google アカウントにログインした状態で、①「Google アプリ」、②「ドライブ」の順に選択します。

ダウンロードを選択

「翻訳したいPDFファイル上」で右クリックし、②「ダウンロード」を選択します。

ダウンロード完了画面

ダウンロードが完了しました。

上記した「Google 翻訳でPDFを翻訳する方法」を参照して、翻訳を行ってください。

論文をコピペしたときに改行を取り除く方法

Google 翻訳では、ドキュメントを翻訳できるため、論文を翻訳するのにも便利です。

ですが、PDFファイルなどの論文を翻訳すると、行末の改行があるため翻訳の精度が落ちてしまう難点があります。

改行を取り除けば問題はありませんが、何ページもある論文の改行を全て取り除くのは、大変な作業です。

下記の記事の「論文をGoogle 翻訳にかけてみる」では、行末の改行を取り除くサービスを紹介しています。

とっても簡単な操作方法ですので、Google 翻訳とあわせてお試しください。

Google 翻訳の精度について

翻訳された文書を保存

テキストをGoogle 翻訳で翻訳した場合は「保存済み」ボタンを利用できますが、ドキュメントを翻訳したときには「保存済み」ボタンなどは表示されません。

翻訳された文書を保存するには、どうしたらよいのでしょうか?

下記の記事では、使用しているPCに翻訳された文書を保存する方法についてご紹介しています。

「翻訳したドキュメントを保存する」を参照ください。

ドキュメントをGoogle 翻訳にかける方法

PDFがGoogle 翻訳できない場合

翻訳可能なファイルサイズ

現在、PDF形式のドキュメントは10MBまで翻訳が可能です。

Google 翻訳では、翻訳可能なファイルサイズを超えると、翻訳ができず真っ白な画面が表示されます。

10MBを超えるファイルサイズのドキュメントを翻訳する場合は、小分けにして翻訳にかけましょう。

下記の記事でも、ドキュメントが翻訳できない場合について説明をしています。

あわせてお読みになってください。

ドキュメントをGoogle 翻訳にかける方法