G Tips

Google 翻訳アプリのカメラ翻訳について情報まとめ

  • Release

Google 翻訳アプリにはテキストを入力するだけではなく、カメラを使って翻訳する機能もあります。

とても簡単に使うことができるので、試してみませんか?

ここでは、Google 翻訳アプリのカメラ翻訳についての情報をまとめてご紹介します。

言語別にリアルタイム翻訳する方法や保存する方法など、ぜひご参考ください。

カメラを使って読み取ってリアルタイム翻訳する

海外旅行へ行くと、看板やメニューに書かれていることがよくわからない…という経験をしたことはありませんか?

そういう時には、Google 翻訳アプリのリアルタイム翻訳が便利です。

カメラを使ってテキストを読み取ることで、リアルタイムで翻訳してくれます。

リアルタイム翻訳の使い方については、この記事の「言語別」をご確認ください。英訳、和訳など言語別にご紹介をしています。

無料で利用できる

Google 翻訳のカメラ入力機能はとても便利なので、有料なのではないかと心配されるかもしれませんが、無料で利用できます。

無料と聞くと翻訳精度が気になりますが、Google 翻訳の精度は高いと言われています。

海外旅行など一般的な場面での使用であれば、問題なくお使いいただけます。

カメラの使い方

Google 翻訳アプリのカメラの使い方はとても簡単です。

カメラ入力機能の使い方や保存する方法をご紹介します。

カメラ入力機能の使い方(iPhone)

カメラ入力機能には「リアルタイム」「スキャン」「インポート」の3種類のモードがあり、海外旅行へ行った際などに便利に使えます。

カメラをかざすだけで翻訳でき、自分が撮った写真を翻訳することも可能です。

下記記事では、3種類のカメラ入力機能の使い方について詳しくご紹介をしています。

保存する方法

Google 翻訳は、翻訳した単語などテキストを保存することができますが、リアルタイムで翻訳したテキストを保存することはできません。

スキャンまたはインポートで翻訳した場合は、保存することが可能です。

ここでは例として、ドイツ語のテキストをスキャンして保存する方法をご紹介します。

「⇄」をタップ

「Google 翻訳」アプリを開き、翻訳する言語の設定を行います。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、「ドイツ語⇄日本語」へ設定を変更します。

「⇄」をタップします。

英語をタップ

「英語」をタップします。

検索ボックスに入力

検索ボックスに「ドイツ」と入力します。

ドイツ語を選択

検索結果が表示されますので、「ドイツ語」を選択します。

カメラ入力をタップ

「ドイツ語⇄日本語」に設定できました。

次に、「カメラ入力」をタップします。

スキャンをタップ

リアルタイム翻訳入力画面が表示されますので、「スキャン」をタップします。

「◯」ボタンをタップ

翻訳したい書類などに合わせて「◯」ボタンをタップします。

翻訳したい部分を指でドラッグ

スキャンが始まり、写真の中の文字が検出されて、単語ごとに白い枠で囲まれます。

すべて翻訳したい場合は「すべて選択」をタップし、範囲を指定する場合は指で該当のテキストをドラッグします。

今回は例として、上の四角で囲まれた部分を指でドラッグします。

「→」をタップ

指でドラッグした部分が青い枠に変わり、翻訳された日本語の一部が表示されます。

「→」をタップします。

「☆」をタップ

上に選択したドイツ語のテキストが表示され、下に翻訳された日本語が表示されます。

「☆」をタップします。

保存済みをタップ

保存が完了し、「☆」が黄色に変わります。

保存した翻訳を見るためには、「保存済み」をタップします。

保存した翻訳を選択

保存した翻訳の一覧が表示されます。

内容を確認したい場合は、保存した翻訳を選択します。

翻訳の内容の表示

翻訳の内容が表示されます。

言語別

iPhoneを使ったリアルタイム翻訳の使い方や翻訳例を言語別にご紹介します。

英訳する(日本語から英語)

カメラ入力をタップ

「Google 翻訳」アプリを開きます。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、その状態で「カメラ入力」をタップします。

テキストにカメラを合わせる

「テキストに合わせてください」と表示されますので、翻訳したいテキストにカメラを合わせます

英訳するテキスト例

例として、この日本語のテキストにカメラを合わせます。

英訳されたテキスト

カメラをテキストに合わせると、自動で翻訳してくれます。

和訳する(英語から日本語)

「⇄」をタップ

「Google 翻訳」アプリを開き、翻訳する言語の設定を行います。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、「英語⇄日本語」へ設定を変更します。

「⇄」をタップします。

カメラ入力をタップ

「英語⇄日本語」に設定できました。

次に、「カメラ入力」をタップします。

テキストにカメラを合わせる

「テキストに合わせてください」と表示されますので、翻訳したいテキストにカメラを合わせます

和訳するテキスト例

例として、この英語のテキストにカメラを合わせます。

和訳されたテキスト

カメラをテキストに合わせると、自動で翻訳してくれます。

韓国語を翻訳

「⇄」をタップ

「Google 翻訳」アプリを開き、翻訳する言語の設定を行います。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、「韓国語⇄日本語」へ設定を変更します。

「⇄」をタップします。

英語をタップ

「英語」をタップします。

検索ボックスに入力

検索ボックスに「韓国」と入力します。

韓国語を選択

検索結果が表示されますので、「韓国語」を選択します。

カメラ入力をタップ

「韓国語⇄日本語」に設定できました。次に、「カメラ入力」をタップします。

テキストにカメラを合わせる

「テキストに合わせてください」と表示されますので、翻訳したいテキストにカメラを合わせます

翻訳するテキスト例

例として、この韓国語のテキストにカメラを合わせます。

翻訳されたテキスト

カメラをテキストに合わせると、自動で翻訳してくれます。

中国語を翻訳

「⇄」をタップ

「Google 翻訳」アプリを開き、翻訳する言語の設定を行います。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、「中国語⇄日本語」へ設定を変更します。

「⇄」をタップします。

英語をタップ

「英語」をタップします。

検索ボックスに入力

検索ボックスに「中国」と入力します。

中国語を選択

検索結果が表示されますので、「中国語」を選択します。

カメラ入力をタップ

「中国語⇄日本語」に設定できました。次に、「カメラ入力」をタップします。

テキストにカメラを合わせる

「テキストに合わせてください」と表示されますので、翻訳したいテキストにカメラを合わせます

翻訳するテキスト例

例として、この中国語のテキストにカメラを合わせます。

翻訳されたテキスト

カメラをテキストに合わせると、自動で翻訳してくれます。

タイ語を翻訳

「⇄」をタップ

「Google 翻訳」アプリを開き、翻訳する言語の設定を行います。

デフォルトでは「日本語⇄英語」になっていますので、「タイ語⇄日本語」へ設定を変更します。

「⇄」をタップします。

英語をタップ

「英語」をタップします。

検索ボックスに入力

検索ボックスに「タイ」と入力します。

タイ語を選択

検索結果が表示されますので、「タイ語」を選択します。

カメラ入力をタップ

「タイ語⇄日本語」に設定できました。次に、「カメラ入力」をタップします。

テキストにカメラを合わせる

「テキストに合わせてください」と表示されますので、翻訳したいテキストにカメラを合わせます

翻訳するテキスト例

例として、このタイ語のテキストにカメラを合わせます。

翻訳されたテキスト

カメラをテキストに合わせると、自動で翻訳してくれます。

カメラ機能で翻訳された面白い画像

カメラ入力機能のリアルタイム翻訳は、カメラをかざすだけで自動的に翻訳してくれることが魅力ですが、なぜか面白い翻訳になってしまうことがあります。

カメラ機能で翻訳された面白い画像については、下記記事の「Google 翻訳された面白い画像」でご紹介をしています。

よくある質問

Google 翻訳アプリのカメラ翻訳に関するよくある質問にお答えします。

カメラの音は鳴る?

「リアルタイム翻訳」は、テキストにカメラをかざすだけなので、カメラのシャッター音は鳴りません。

「スキャンして翻訳」と「インポートして翻訳」は、スキャンした後で小さな音はしますが、ほとんど気にならない程度です。

カメラ翻訳は、周囲の人を気にせずにお使いいただけます。

PCのカメラは利用できる?

残念ながら、PCのカメラを利用して翻訳することはできません。スマホのみとなっています。

PCで画像のテキストを翻訳するのであれば、同じGoogleのサービスである「Google ドキュメント」を使用することで、画像上のテキストを抽出して翻訳することはできます。

詳しい方法は、下記記事にてご紹介をしております。ご参考ください。

オフラインでも利用できる?

カメラ入力機能は、オフラインでも利用することができます。

ただし、事前にオフライン翻訳ファイルをダウンロードする必要があります。

また、オフラインの時に使えるのは「リアルタイム翻訳」のみとなっています。「スキャンして翻訳」と「インポートして翻訳」の機能はお使いいただけません。

オフライン翻訳ファイルのダウンロード方法については、下記記事の「デバイス別のオフライン利用について」でご紹介をしています。

カメラが使えない場合

Google 翻訳アプリの3種類のカメラ入力機能はとても便利ですが、カメラが使えないことも起こり得ます。

下記記事では、カメラが使えない場合の原因と対処法について説明しています。

万が一に備えて、対処法を覚えておきましょう。

Page Top