G Tips

クロームキャストのエラーに関する情報

  • Release

Chromecastを利用する際に、エラーが表示されたことはありませんか?

いざChromecastを使いたいというときに、エラーが表示されてしまうのは非常にストレスが溜まりますよね。

こちらの記事では、Chromecastのエラーに関する情報についてまとめました。お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

エラーコードまとめ

Chromecastを利用中に表示されるエラーコードは、現状、キャスト元のデバイスに表示されるものが多いようです。

Chromecast with Google TVのリモコンにボタンも設置されている、人気サービス「YouTube」「Netflix」の、Chromecast利用時に表示される可能性のあるエラーコードをまとめました。

サービス名エラーコード原因対処法
NetflixUI-109何らかの不具合が原因。原因不明の場合もあり。アプリの再起動、Chromecastの再起動、Chromecastの初期化が有効。
YouTube503アクセス集中・サーバーメンテナンスが原因。動画の再読み込みか、時間をおいて再アクセスを行うのが有効。
400ユーザーが行った操作や送信した情報に問題があることが原因。URLが合っているかを確認し動画を再読み込みする。また、キャッシュの削除も有効。
404指定されたURLのページがみつからないことが原因。URLが合っているかを確認。合っている場合は、すでに動画が削除された可能性が高い。
500YouTube側の問題が原因。時間をおいて再読み込みを行う。同じエラーが他のユーザーにも起きているかSNSで確認してみることもおすすめ。

Wi-Fiの接続エラー

Chromecastを使うにはWi-Fiが必要ですが、初期設定でWi-Fi接続エラーとなってしまうことがあります。

もしそうなってしまうと、セットアップを完了することができません。

以下の記事では、ChromecastがWi-Fi接続エラーとなる場合の原因と対処方法をご紹介します。

クロームキャストがWi-Fi接続エラーになる場合

Setupエラー

Chromecastは初期設定時に、何らかのエラーが起きて、セットアップがうまくいかないということがあります。

そこまで頻度は高くありませんが、稀におこるので注意しましょう。

以下の記事では、Chromecast with Google TVのセットアップ(初期設定)方法やセットアップ(初期設定)できない場合の対処法について詳しく説明します。

クロームキャストのセットアップ(初期設定)方法