G Tips

Google ドキュメントで文字間隔を調整する方法

  • Release
  • Update

この記事では、Google ドキュメントの文字間隔について説明します。

ワードでは文字間隔を広くしたり狭くすることができますが、同じようにGoogle ドキュメントでも文字間隔を調整できるのか、設定を確認してみましょう。

Google ドキュメントの文字間隔の調整について

Google ドキュメントでは、文字の大きさやフォントの種類(メイリオ、明朝など)を変更することはできますが、残念ながら文字間隔を調整する設定はありません。

余白や行間隔、フォントを変更することで多少見た目を変更できますが、実際にどのくらい変わるのか見てみましょう。

余白を変更する

余白2.54cmのドキュメント

Google ドキュメントは、デフォルトでは余白が上下左右各2.54cm、フォントがArial、文字の大きさは11、行間隔は1.15行となっています。その設定のまま作成したドキュメントは上記のようになります。

余白3.54cmのドキュメント

次に、フォントと文字の大きさ、行間隔は変えずに、余白を上下左右各3.54cmに変更すると、上記のようになりました。

ページ設定を選択

余白を変更するには、ドキュメントを開き、①「ファイル」タブをクリックし、②「ページ設定」を選択します。

OKボタンをクリック

「ページ設定」ダイアログボックスが表示されますので、①余白のサイズを入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

行間隔を変更する

行間隔115行のドキュメント

次は行間隔を変更してみましょう。まず、行間隔はデフォルトの1.15行、余白が上下左右各2.54cm、フォントがArial、文字の大きさは12で作成したドキュメントは上記のようになります。

行間隔15行のドキュメント

フォント、文字の大きさ、余白は変更せず、行間隔を1.5行で作成したドキュメントは上記のようになりました。

行間隔を選択

行間隔を変更するには、ドキュメントを開き、①「表示形式」タブ、②「行間隔と段落の間隔」、③「行間隔(例:1.15行)」の順に選択します。行間隔は、1行、1.15行(デフォルト)、1.5行、2行の中から選択できます。

文字間隔の広いフォントに変更する

フォントの比較

Google ドキュメントのデフォルトのフォントはArialですが、文字間隔の広いフォントに変更すると見た目が変わります。

例として、フォントサイズ20でArialとKlee One、Zen Kurenaidoを比較すると、Klee OneとZen KurenaidoはArialより文字間隔が広くなっています。

フォントをクリックすると表示されるフォントリストには、Klee OneとZen Kurenaidoは表示されていないため、追加する必要があります。

フォントを追加する方法については、下記記事の「Google ドキュメントでフォントを追加する方法」セクションで説明しています。フォント一覧の中からKlee OneまたはZen Kurenaidoを選択してください。

Google ドキュメントのフォントの情報まとめ

このページを見ている人におすすめの商品

はじめてのGoogle ドキュメントの教科書2022 Google アプリの教科書シリーズ2022年版

はじめてのGoogle ドキュメントの教科書2022 Google アプリの教科書シリーズ2022年版

Tekuru, Inc.
229ページ

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報