G Tips

Google ドライブからダウンロードできない問題まとめ

  • Release
  • Update

Googleドライブではいくつかの原因で、ダウンロードができないという事象が発生します。

今回は、そんなGoogleドライブでアイテムのダウンロードができない場合の対処法をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

Google ドライブからダウンロードできない問題

インターネットに接続されているパソコンやスマートフォンがあれば、どこにいてもアイテムをダウンロードできるGoogleドライブですが、ダウンロードができないとその利便性を大きく損ないます。

ダウンロードできないというトラブルはだれにでも起こりうるので、パニックにならずに、下記を参考に対処してみましょう。

容量の大きいファイルがダウンロードできない

データ容量が大きいファイルをダウンロードするときのトラブルについては、以下の対処法を確認してみてください。

データ容量が「あまりにも」多い場合

あまりにデータ容量が多いと、ダウンロードを進めることはできても、途中で中断してしまってエラーになるというケースもあります。

そういった場合は、データをアップした人に圧縮された小さいデータを送ってもらうことや、いくつかにデータを細かく分けるなど、出来るだけ容量を軽くしてもらうように伝えるとよいです。

通信環境に原因がある場合

ファイルのダウンロードは、ファイルのデータを丸ごとローカル環境に落とすため、ファイルの容量によっては非常に多くの通信量を消費します。

特にモバイル回線を使用する場合は、キャリアとの契約によって速度制限の状態にあるとファイルのダウンロードに時間がかかったりエラーで停止するケースもあります。

速度制限に原因がある場合は、速度制限の解除をしましょう。その他通信状況に原因がありそうな場合は、インターネットの接続状況を確認して再接続するなどを試みてください。

共有ファイルがダウンロードできない

共有ファイルがダウンロードができない場合は、考えられる主な原因が二つあります。一つは上記と同じく「通信環境」です。

接続状況の確認と再接続をして、問題がないか確かめましょう。

もう一つ考えられるのが、アイテムのオーナーにより共有先ユーザーのダウンロードを禁止する設定が施されている場合があります。

この場合は、オーナーに設定を解除してもらえるように連絡を取りましょう。

オーナーによる共有アイテムのダウンロード禁止設定の解除方法
共有を選択

権限を変更したい共有ファイルを右クリックして、②「共有」を選択します。

歯車アイコン

「ユーザーやグループと共有」ダイアログボックスが表示されるので、赤枠の歯車のアイコンをクリックします。

閲覧者と閲覧者(コメント可に、ダウンロード、印刷、コピーの項目を表示するにチェック

「他のユーザーとの共有設定」ダイアログボックスが表示されるので、①「閲覧者と閲覧者(コメント可に、ダウンロード、印刷、コピーの項目を表示する」をチェックし、②「←」アイコンをクリックして戻ります。

完了

再び、「ユーザーやグループと共有」の画面に戻るので、「完了」ボタンをクリックします。これで共有ユーザーがアイテムをダウンロードできる状態に変更されています。

ダウンロードを選択

共有先ユーザーのマイドライブの画面で、①共有ファイルを右クリックして、②「ダウンロード」を選択すればダウンロードが可能です。

PDFがダウンロードできない

PDFがダウンロードできない場合は、まずは上記でお伝えした通信環境と、共有フォルダの場合はオーナーによるダウンロード権限を確認しましょう。

PDFはそこまで大きな容量になりにくいため、Googleドライブのシステムエラーなどが起こる確率は低く、通信環境、ダウンロード権限のようにユーザーの環境や条件が原因となっていることが多いです。

どちらも確認して問題がなかった場合は、一度Googleドライブを開いているブラウザやアプリを終了して、再度開いてダウンロードしてみてください。

動画がダウンロードできない

動画に関してもまずは上記の「PDFがダウンロードできない」と同様の対処を行います。

合わせて、動画は重たいファイルになりやすいため、上記の「容量の大きいファイルがダウンロードできない」に記載している対処法も試してみてください。

画像がダウンロードできない

画像の場合は、動画ほど重たいファイルになりにくいため、上記の「PDFがダウンロードできない」と同様の対処を試してみてください。

アクセスが拒否されましたと表示される

こちらの事象はGoogle Chromeのブラウザを利用している際に起こる可能性があるようです。

Google Chromeは複数のアカウント情報をブラウザ内に記憶させることができますが、システム内で複数のアカウント情報が混同して、トラブルが起こることがあるようです。

対処としては、Google Chromeの「シークレットウィンドウ」を立ち上げて、Googleドライブにログインしてダウンロードをすする方法をおすすめします。

Google Chromeの設定

Google Chromeを立ち上げて、右上の「Google Chromeの設定」をクリックします。

シークレットウィンドウを開く

表示されたメニューから、「シークレットウィンドウを開く」を選択します。

シークレットウィンドウ

シークレットウィンドウが立ち上がったら、Googleのトップページを開きます。開き方は、アドレスバーへのURLの入力検索機能の使用お気に入りから選択など、どのような方法でも構いません。

※画面の画像については、赤枠のアドレスバーにURLを入力しています。

Googleアプリをクリック

Googleのトップページが開いたら、画面右上の「Googleアプリ」をクリックします。

ドライブを選択

表示されるメニューから、「ドライブ」を選択します。

ドライブに移動

Googleドライブへの移動画面で、画面中央付近に表示される「ドライブに移動」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力

ログイン画面が開くので、①Googleドライブを利用しているアカウントのメールアドレスまたは電話番号を入力して②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力

Googleドライブを利用しているアカウントのパスワードを入力して②「次へ」ボタンをクリックします。

マイドライブ画面

Googleドライブの「マイドライブ」の画面が開いたらログイン完了です。

ダウンロード

ダウンロードしたいファイルを右クリックして、表示されるメニューから、②「ダウンロード」を選択します。

ダウンロード完了

ダウンロード先のフォルダを開き、ファイルがあればダウンロード完了です。

iPhoneでダウンロードできない

ダウンロードできない要因がアプリ側に生じていることがあります。

そういったときはGoogleドライブのアプリを終了し、再起動するとダウンロード可能になることも多いです。

手軽にできる作業なので、一度試してみてください。

[Google ドライブ ダウンロード]の関連記事

Page Top