G Tips

Mac版Google Driveの情報まとめ

  • Release
  • Update

データの同期や送信に便利なGoogleドライブは、ブラウザ/アプリから利用することができます。

今回は、MacでGoogle Driveを利用するのに必要な手順をお伝えします。

MacのFinderからGoogle Driveのフォルダにアクセスする方法や、同期できなかった場合の対処法もご紹介していますのでぜひお役立てください。

Mac版Google Driveの使い方

MacでGoogle Driveを利用したい場合は、「ブラウザから利用」または「アプリをダウンロード」する必要があります。

それぞれの利用方法については、以下セクションをご参照ください。

ブラウザから利用する

MacでブラウザからGoogle Driveを利用する方法については、以下の通りです。

Google アプリを開く

ブラウザを立ち上げ、Googleのトップページにアクセスします。

トップページを開いたら、画面右上の①「Google アプリ」、②「ドライブ」の順に選択します。

メールアドレスを入力する

「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードを入力する

「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

ログインが完了した

ログインが完了し、Google Driveをブラウザで利用できるようになりました。

Google DriveのMacアプリのダウンロード方法

MacでGoogle Driveのアプリをダウンロードするには、いくつかの手順を踏む必要があります。

以下の記事では、デスクトップ版Google Driveをダウンロードする方法について1からご説明しています。

詳しくは、以下の記事「Mac版デスクトップアプリについて」セクションをご参照ください。

Google Driveのアプリに関する情報まとめ

Google Driveを同期してFinderから利用する

Google DriveをFinderから利用するには、Google DriveのアプリをMacにダウンロードしておく必要があります。

Google Driveアプリのダウンロード方法は、本記事の「Google DriveのMacアプリのダウンロード方法」セクションをご参照ください。

以下ではGoogle Driveのアプリを使って、Finderにデータを同期させる方法をご紹介します。

設定を選択する

画面上部の①「Google Drive」、②「歯車マーク」、③「設定」の順に選択します。

Finderで開く

「Google ドライブの設定」ダイアログボックスが表示されます。

画面左側の①「Google ドライブ」を選択し、②「Finder で開く」ボタンをクリックします。

マイドライブを選択

Finderが開かれ、Google Driveのフォルダが表示されます。

Google Driveに保存/同期されているファイルを確認したい場合は、「マイドライブ」フォルダを選択します。

マイドライブフォルダを活用

Google Driveにファイルを同期させたいときは、このマイドライブフォルダに同期したいファイルを追加します。

また、画面左側の「Google Drive」を選択することで、Finderからいつでもマイドライブフォルダにアクセスすることが可能です。

同期したデータを確認したい/データを追加したい場合は、FinderからGoogle Driveを利用してみてください。

同期されない場合

Google Driveでデータが同期されない場合は、以下セクションでご紹介している方法をお試しください。

ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザからGoogle Driveを利用している場合、ブラウザのキャッシュを削除することでデータの同期がうまく行われる可能性があります。

以下では、Google Chromeのキャッシュを削除する方法をご説明します。

設定を開く

Google Chromeを立ち上げ、画面右上の①「設定」アイコン、②「設定」の順に選択します。

閲覧履歴データを削除する

「プライバシーとセキュリティ」、②「閲覧履歴データの削除」の順に選択します。

データの削除を行う

「閲覧履歴データの削除」ダイアログボックスが表示されます。

「データの削除」ボタンをクリックします。これでキャッシュの削除が完了しましたので、同期が正しく行われるか再度確認を行ってみてください。

同期のやり直し

Google Driveのアプリを利用している場合は、同期のやり直しを行うことで問題が解決する可能性があります。

同期のやり直しを行う方法については、以下の通りです。

同期を一時停止する

「Google Drive」、②「歯車マーク」、③「同期を一時停止」の順に選択します。

同期を再開する

「歯車マーク」、②「同期を再開」の順に選択し、再度同期を行います。

これで同期のやり直しができましたので、もう一度同期が行われているか確認をしてみてください。