G Tips

写ってはいけないグーグル アースの怖い場所

  • Release

グーグル アースでは、美しい景色や歴史的な建物だけではなく、心霊スポットなど怖い場所を見ることもできます。

怖いものが苦手な方でも「見るだけ」なので、ちょっとのぞいてみませんか?

この記事では、グーグル アースの怖い場所をご紹介します。

グーグル アースで恐怖の体験はいかが?

グーグル アースでいろいろな場所を見ていると、写ってはいけないものを見てしまったり、怖い場所に出会うことがあります。

怖いと思っていても、実は気になる…そう思っている方は、グーグル アースで恐怖の体験をしてみませんか?

もしかすると、思ったよりも怖くないかもしれません。興味半分でぜひご覧下さい。

Google アースの怖い場所

見たくないけど、やっぱりちょっと見たい…そういう方のためにGoogle アースの怖い場所をご紹介します。

実際にご自身の目で見てみましょう。

怖い女

Google マップで一躍有名になった「怖い女」。

あるお店の駐車場で、何もせずただ立っているだけの一人の女性。

しかし、足はあるので幽霊でもない…なぜ写ってしまったのか謎が残ります。

その「怖い女」はGoogle アースでも見れるのでしょうか?

実際に怖い女が立っている場所を見てみましょう。

怖い女が立っている場所

これがGoogle アースのストリートビューで見た怖い女が立っている場所ですが、誰も立っていません。

怖い女が立っている場所

Google マップの怖い女

では、Google マップで見てみましょう。

同じ場所ですが、この「怖い女」が撮影されたのは2015年8月のようです。

Google マップのストリートビューにはタイムマシン機能があり、2015年8月を表示すると見ることができます。

しかし、Google アースのストリートビューにはその機能がないため、見ることができないと思われます。

それにしても、この女性は何の目的があってこの場所に立っているのでしょうか?

「怖い女」を見たい方は、Google マップからご覧ください。

怖い女

ミステリーサークルと白装束の男

アメリカ・ネバダ州にあるゴーストタウン「ライオライト」。

ここにミステリー・サークルがあり、白装束の男たちが写っている、と話題になりました。

ミステリーサークル

これがGoogle アースで見たミステリーサークルです。

左の方に白いものも見えます。

実際にストリートビューで見てみましょう。

白装束の男たち

白く見えたものは、この白装束の男たちだったようです。

これはいったい何なのでしょうか?

自転車に乗る白装束の男

違う場所を見ると、自転車に乗ろうとしている白装束の男が…

実はここは「Goldwell Open Air Museum(ゴールドウェル・オープン・エア・ミュージアム)」で、ミステリーサークルも白装束の男もアート作品なのです。

怖い場所ではありませんので、ご安心を。

ミステリーサークルと白装束の男

明通トンネル

明通トンネル

長野県松本市の青木峠を通っているトンネルで、有名な心霊スポットです。

直接行くのは怖くても、Google アースなら大丈夫でしょう。

トンネル内は照明は一つもなく、車が一台通れるくらいの広さしかありません。

中には何か写っているのか写っていないのか…ぜひご覧下さい。

明通トンネル

ラワンセウ(インドネシア)

ラワンセウ

地元では心霊スポットとして有名な歴史的建造物で、ラワンセウとはジャワ語で「千の扉」という意味があるそうです。

実際の扉の数は千もないようですが、それでも数多くの扉が並んでいます。

1904年に東インド会社の事務所として設立されましたが、日本軍の抑留所として利用していた時期もあるそうです。

地下には拷問も行われていた牢屋があり、そこへ行くまでの通路が不気味と言われています。

ラワンセウ

心霊スポット

Google アースには「Voyager」という世界中を旅することができるサービスがあります。

その中に「心霊スポット」のコレクションがあり、いろいろな場所が紹介されています。

今回はそのコレクションの中から一つご紹介しましたが、興味のある方は他の場所の探索もしてみませんか?

Google Local Guides「心霊スポット」

[Google Earth トラベラー]の関連記事

Page Top