G Tips

Google フォトのデータが機種変更後に消えた場合

  • Release
  • Update

Google フォトのデータは、バックアップをしていればクラウド上で保存されるため、機種変更をした後でもアプリで写真や動画を見ることができます。

しかし、なぜか機種変更後にデータが消えてしまい、大切な写真や画像が見れなくなったと悩む人も多いようです。

この記事では、Google フォトのデータが機種変更後に消えた場合の原因や対処法について説明します。機種変更時に下取りに出す方も増えていますが、Google フォトのデータが消えないように注意しましょう。

Google フォトのデータが機種変更後に消えた場合

Google フォトのデータが機種変更後に消えた場合、以下の2つのことが原因となっていることが多いようです。

「まさか自分が…」と思うかもしれませんが、確認してみましょう。

違うアカウントでログインしている

プロフィールアイコンをタップ

Google フォトでアカウントを使い分けている方は、機種変更前にバックアップしていたアカウントでログインしているか確認してください。

Google フォトアプリを開き、プロフィールアイコンをタップすると、アカウントが表示されます。

まだお手元に以前使用していたスマホがあれば同じようにアカウントを表示して、バックアップしているアカウントと機種変更後にログインしているアカウントが同一であるかを確認してみましょう。

Web版のGoogle フォト

または、ChromeやSafariなどブラウザからWeb版のGoogle フォトにアクセスし、バックアップしたアカウントでログインしてみましょう。写真や動画が表示されていれば、Google フォトアプリでは違うアカウントでログインしていることになります。

もし、違うアカウントでログインしていた場合は、バックアップしているアカウントを追加しましょう。

アカウントの追加方法については、下記記事の「Google フォトのアカウントを変更する(アカウントを追加)」にてご紹介しています。

iPhoneでの操作方法を説明していますので、ご参照ください。

Google フォトのアカウントを変更する方法

バックアップされていなかった

信じられないかもしれませんが、実はバックアップされていなかった、失敗していたことが原因であるケースも多くなっています。

機種変更前のスマホがまだ残っていれば、再度バックアップすることも可能ですが、下取りに出してしまった後などでお手元になければ、データを戻すことはできません。

まだ以前使用していたスマホがある場合は、再度バックアップを行いましょう。

下記記事では、iPhoneでのバックアップ方法をご紹介していますので、手順を忘れてしまった方はご覧ください。

iPhoneの写真をGoogle フォトに自動バックアップする方法