G Tips

Google フォトで共有アルバムを保存する

  • Release
  • Update

Google フォトで作成された共有アルバムは、自分のGoogle フォトアプリや端末に保存することも可能です。

見るだけではなく、大切な写真や動画を保存しておきましょう。

この記事では、Google フォトで共有アルバムを保存する方法について説明します。

また、共有された写真を保存できない場合の対処法もご紹介しますので、もし保存できない場合はご参照ください。

Google フォトで共有アルバムを保存する

iPhoneのGoogle フォトアプリで、共有アルバムを保存する方法をご紹介します。

共有タブをタップ

「〇〇さんがアルバムを共有しました」と通知が来ても、「どこに共有アルバムがあるのだろう?」と思う方も多いかもしれません。

共有アルバムはGoogle フォトアプリの「共有」にあります。通知直後だと、上記のように「共有」タブに「1」と表示されます。

「共有」タブをタップします。

共有アルバムを選択

アルバムのタイトルと「〇〇さんがアルバムを共有しました」と表示されます。

保存するには、その共有アルバムを選択します。

写真を保存をタップ

「写真を保存」をタップします。

写真を長押し

「フォトに保存しました」と表示され、共有アルバムの全写真が自分のGoogle フォトアプリに保存できました。

端末(iPhone)にも保存する場合は、写真を長押しします。

長押しして下へスライド

長押しすると青色のチェックマークが表示されますので、同じように写真を選択します。

アルバムすべての写真を一括で選択することは現時点ではできませんが、長押ししている指をそのまま下へスライドさせると、まとめて選択することができます。

デバイスに保存を選択

端末に保存する写真を選択したら、①「共有」アイコンをタップし、②「デバイスに保存」を選択します。

iPhoneへの保存完了

「画像をカメラロールに保存しました」と表示され、iPhoneへの保存完了となります。

共有された動画を保存する

Google フォトで共有された動画も、共有アルバムと同様に自分のGoogle フォトアプリや端末に保存することができます。

下記記事では、Google フォトで共有された動画を、ご自分のGoogle フォトアプリに保存する方法とダウンロードして端末(iPhone)に保存する方法をご紹介しています。

簡単にできますので、ぜひお試しください。

Google フォトで共有された動画を保存する方法

共有された写真を保存できない

共有された写真を自分のGoogle フォトアプリや端末に保存できない場合は、以下のことをご確認ください。

基本的なことではありますが、これで解決するケースもあります。

通信環境、動作環境

車や電車の中、人が多い場所などはスマホのインターネット接続が悪くなり、写真のダウンロードができずに保存できない可能性があります。

場所を変えて再度保存してみましょう。

iPhoneの場合は、一度電源をOFFにし、再起動させることも有効な手段と言われていますので、お試しください。

また、起動中のアプリが多いことにより、動きが重くなってしまうこともあります。

Google フォトアプリも含めて起動中のアプリを一旦終了させ、再度Google フォトアプリを起動して共有された写真を保存してみましょう。

端末の空き容量

一般を選択

端末(スマホ)に保存できない場合は、空き容量が少ないことが原因かもしれません。空き容量を一度確認してみましょう。

iPhoneの場合は設定アプリを開き、「一般」を選択します。

iPhone ストレージを選択

「iPhone ストレージ」を選択します。

使用済みの容量の表示

使用済みの容量が表示されますので、もし少なくなっている場合は、使っていないアプリや不要な写真や動画を削除などして、容量を確保しましょう。

アプリのアップデート

アップデートをタップ

Google フォトアプリが最新のものにアップデートされていないことで、エラーが起こっているかもしれません。

iPhoneの場合は、「App Store」を開いて「Google フォト」を確認してみましょう。

上記のように「アップデート」と表示されている場合は「アップデート」ボタンをタップしてください。

その後再度Google フォトアプリを開き、共有された写真が保存できるかどうか試してみましょう。