G Tips

翻訳するGoogle Translate関数(スプレッドシート)について

  • Release
  • Update

Googleのスプレッドシートは、ソフトをインストールすることなく、Googleアカウントがあれば誰でも利用できる表計算ソフトです。

手軽さから、たくさんの方が利用しているのではないでしょうか。

今回こちらでは、Googleのスプレッドシートで利用できる「Google Translate関数」についてご紹介いたします。

Google Translate関数とは、どのような関数なのか?使い方もわかりやすく説明をしていきます。

翻訳するGoogle Translate関数とは?

Googleの表計算ソフト(スプレッドシート)には、Google独自のGoogle Translate関数があります。

Google Translate関数は、文字通り翻訳する関数です。

セルにGoogle Translate関数を入力すると、文字列を指定した言語に翻訳します。

関数の入力というと、少し難しそうに感じますが、使い方はとても簡単です。

下記に使い方を説明していますので、一緒に見ていきましょう。

Google Translate関数の使い方

スプレッドシートを開く

Google Chromeを開き、Google アカウントにログインした状態で、①「Google アプリ」、②「スプレッドシート」の順に選択します。

スプレッドシートを選択

「Google Translate関数を入力したいスプレッドシート(例:Google Translate関数の使い方)」を選択します。

セルをクリック

スプレッドシートが開かれたら、「Google Translate関数を入力したいセル」をクリックします。

Google Translate関数を選択

「挿入」タブ、②「関数」、③「Google」、④「GOOGLETRANSLATE」の順に選択します。

関数入力画面

「GOOGLETRANSLATE(テキスト,[ソース言語],[ターゲット言語])」ダイアログボックスが表示されます。

例にそってテキスト、ソース言語、ターゲット言語と入力していきましょう。

テキストを入力

テキストを指定します。

日本語の「こんにちは」を英語に翻訳したいので、①「A2セル」をクリックし、②「,」を入力します。

ソース言語を入力

次にソース言語を指定します。

ソース言語は翻訳前の元となる言語を指すので、ここでは日本語の「"ja"」を入力します。

,を入力

ソース言語を指定したら「,」を入力します。

ターゲット言語を入力

最後にターゲット言語を指定します。

ターゲット言語は翻訳したい言語を指すので、ここでは英語の「"en"」を入力します。

関数入力完了画面

Google Translate関数を入力し終えたら「Enter」キーを押します。

日本語の「こんにちは」が翻訳され、「Hello」と表示されました。

関数入力画面の表示

同じようにして、多言語もGoogle Translate関数を使って翻訳することができます。

Google Translate関数で使用する言語コードは、下記の「Google Translate関数の言語コード」を参照ください。

単語はもちろん、短い文章なら問題なく翻訳ができます。ぜひ一度お試しください。

Google Translate関数の言語コード

使用頻度が高いと思われるGoogle Translate関数の言語コードを表にしました。

言語言語コード
日本語ja
英語en
中国語zh
韓国語ko
タイ語th
スペイン語es
ロシア語ru
フランス語fr
ドイツ語
de