G Tips

Google アカウントでログインするとは?仕組みからログイン方法

  • Release
  • Update

Google アカウントのログインについて、みなさんは詳しくご存じでしょうか。

Google アカウントは作るだけではなく、ログインして初めて、その真価を発揮し、便利な体験をユーザーに届けてくれます。

こちらの記事では、そもそも「ログインとは」ということや、仕組みや安全性、事例などを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントでログインするとは?

「Google アカウントでログインする」という表現は、Googleではない第三者サービスに、Google アカウントを使ってログインができる場合に表示されます。

こうしたログインの仕組みは「ソーシャルログイン」と呼ばれ、ユーザーが使い慣れた既存のSNSやGoogleなどのアカウントを利用して、Webサイトやサービスにログインできる機能です。

Google アカウントを使ったソーシャルログインは、フリーマーケットサービスの「メルカリ」や、動画サイトの「ニコニコ動画」で利用できます。

当然ですが、世の中全てのWebサービスで利用できるわけではないので、注意しましょう。

仕組み

ソーシャルログインは、ユーザーのデータを外部から安全に利用するための仕組みである「OAuth認証」を利用し、各プラットフォーマー(各サービス)が提供するAPIを実行することによって利用できるようになります。

そのため、導入・実装するには、OAuth認証の知識をもつシステムエンジニア(SE)と呼ばれるプロフェッショナルが、各プラットフォームの仕様、APIを把握し、スクラッチで開発をする必要があります。

そうした知識やスキルを、自社内や個人に持たない場合で、ソーシャルログインを実装したい場合は、システム開発企業に一度相談してみると良いでしょう。

ソーシャルログインを導入することによって、ユーザーにとっては、ログイン情報を入力するわずらわしさが軽減されるので、ログインページの離脱率が下がるといわれています。

安全性

こうした、ソーシャルログインは、ユーザーにとって便利で簡単なものである一方、安全性や外部ID連携の脆弱性については不安視される面もあるようです。

ただ、ソーシャルログインは、それぞれのサービスが、普段利用されていないデバイスやブラウザからのログインであれば二段階認証を行うような、強固なセキュリティ設定を持っていることが多いため、大きな心配はありません。

一方で、一つのSNSのログインができてしまうと、他のサービスにもログインできるようになるということは、物理的にあり得ます。心配な方は、ソーシャルログインを利用せずに、それぞれのサービスでログイン情報を設定しましょう。

Google アカウントでログインができるサービスの例として、クラウドサービス「Dropbox」と、オンライン会議サービス「Zoom」をご紹介します。

Dropbox
ドロップボックス

Dropboxは、アメリカのDropbox, Inc.が提供するオンラインストレージサービスです。

インターネット上に全てのデータを保存するので、パソコンやUSBが盗難に遭ったり紛失したりしてしまってもデータを失うことがありません。

また、インターネットに接続せずとも「オフライン環境」で使用できることも大きな特徴である、ストレージサービスです。

Dropboxは、Google アカウントを使ったログインが可能です。Google アカウントをお持ちの方はこちらのログインページより、ログインして利用してみてください。

Zoom
ズーム

Zoomは、Zoomビデオコミュニケーションズが提供するクラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービスの名称です。

いつでも、どこでも、インターネットにつながった端末があれば、Web会議を実現できるクラウドサービスで、複数人での同時参加も可能です。

感染症の蔓延により、在宅ワークが広く普及した際に、利用する企業や個人が大きく増加しました。

Zoomは、Google アカウントを使ったログインが可能です。Google アカウントをお持ちの方はこちらのログインページより、ログインして利用してみてください。

別の端末でログインする

Google アカウントに複数端末でログインする方法をご存じでしょうか。

Google アカウントは、Googleから提供されているサービス(Gmail、Google カレンダー、Google ドライブなど)に紐づいているので、複数のデバイスにまたがって利用したいという方も多いと思います。

以下のリンクの記事では、Google アカウントに複数端末でログインするための方法について、スクリーンショットを交えて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントに複数端末でログインする方法

別のアカウントでログインする

皆さんは、いくつかの違うアカウントをお持ちですか?

Google アカウントは、Googleから提供されているサービス(Gmail、Google カレンダー、Google ドライブなど)に紐づいており、場合によっては、複数個、他のアカウントを持っていたほうが便利なこともあります。

以下のリンクの記事では、Google アカウントにログインした状態で、別のアカウントにログインする方法や、ログインできない場合の対処法を、スクリーンショットを交えて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントを別のアカウントでログインする方法

ログインできない場合

Google アカウントにログインできないというトラブルに見舞われたことはありますか?

以下のリンクの記事では、機種変更時やパスワードが合っているにも関わらずログインができない場合など、さまざまなシチュエーション別の対処法をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

Google アカウントにログインできない場合の対処方法

「Googleでログイン」機能が一時的に無効」と表示される

ユーザー側に何か落ち度があったというメッセージではなく、アプリ側で発生している問題が対処されるまで、一時的にGoogle アカウントを使ったログイン機能が無効化されているというメッセージです。

その原因を確認するには、そのアプリのサポートに問い合わせをしたり、障害情報を確認してみると良いでしょう。

時間が解決することもあれば、アプリのアップデートで解決することもあるので、試してみてください。