G Tips

Googleパスワードチェックアップの使い方

  • Release

皆さんはGoogleパスワードチェックアップという機能をご存じでしょうか。

使うことで情報セキュリティの安心につながる、こちらのGoogleパスワードチェックアップについて、詳しく紹介する記事をご用意しました。

インターネットが普及して、便利なことは増えましたが、その分、パスワードが何かの拍子に流出してしまうと個人情報がどんどん漏れてしまうという、まさに危険と隣り合わせの状態です。

ぜひ本記事を参考にして、情報セキュリティ強化に取り組んでみてください。

Googleパスワードチェックアップとは?

Googleパスワードチェックアップとは、Google アカウントに保存したパスワードのセキュリティをチェックできる機能です。

具体的には、Google アカウントに保存してる「漏洩したパスワード」「使いまわしているパスワード」「脆弱なパスワード」について確認することができます。

インターネット上のサービスにおいて、IDやパスワードを入力した際に、「パスワード情報が漏洩しました」などと表示された場合は、グーグルのパスワードチェックアップを行い、早急に変更するなどの対処を行うことをおすすめします。

特に、さまざまなサービスで、同じパスワードを使いまわしているような場合は、大きな事故につながる可能性もありますので要注意です。

Googleパスワードチェックアップの使い方

では続いて、Googleパスワードチェックアップの使い方を、スクリーンショットを交えて紹介します。

操作自体はまったく難しくありませんので、デバイスの操作が苦手という方も安心です。

項目をクリック

パスワードマネージャーを開き、「パスワード チェックアップ」項目内の「パスワード チェックアップに移動」をクリックします。

ボタンをクリック

「パスワードを確認」ボタンをクリックします。

パスの入力

本人確認のため、①「パスワードを入力」にGoogle アカウントのログインパスワードを入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

サイトを開く

上記の画面が表示されれば、Googleパスワードチェックアップによる、保存したパスワードのチェックは完了です。

先ほど紹介した項目ごとに注意が必要なパスワードが表示されるので、必要に応じてインターネットサービスごとにパスワードを変更していきましょう。

[Google アカウント パスワード]の関連記事

Page Top