G Tips

Google アカウントで本名登録は危険?

  • Release
  • Update

インターネットを利用する上で、私たちは個人情報が流出しないように自分で自分の身を守る必要があります。

そう考えると、Google アカウントで本名登録することは危険だと思ってしまうのではないでしょうか?

Google アカウントで本名登録は本当に危険なのか、またそう言われる理由について考えてみましょう。

Google アカウントで本名登録は危険?

Google アカウントは本名以外で登録することもできますが、仕事で利用する上で本名登録されている方も多いでしょう。

しかし、本名登録は危険なのではないかと言われています。

ここでは、Google アカウントで本名登録は危険というのは本当なのか、そしてその理由について説明します。

Google マップやYouTubeで本名が公開される

Google アカウントで登録した名前は、Google マップでお店のクチコミなどを投稿したり、YouTubeでチャンネルを作ったりコメントを投稿した際に表示されます。

Google マップのクチコミ欄

Google マップのクチコミには、投稿された方のアカウントの名前が表示されます。

YouTubeのコメント欄

YouTubeのコメント欄には、投稿された方のアカウントの名前が表示されます。

このようにGoogle アカウントの名前が表示されるため、もし本名で登録していると、本名が公開されることになります。

日本人の名前には漢字やひらがな、カタカナが使われていることから、海外と比べると同姓同名が少ないと言われています。

しかし、同姓同名が少ないということは、個人が特定される可能性が高く危険なのです。

そのため、コメントの投稿などされている方は、Google アカウントの名前やYouTubeのチャンネル名を本名以外へ変更することをおすすめします。

特に、YouTubeは世界中の人が利用しているので、どこで誰に見られているかわかりません。

また、本名登録されているアカウントを仕事とプライベート両方で利用していて、コメント投稿などもされている方は、プライベート用に別のアカウントを作成して利用するようにしましょう。

会社を病気で休んでいるのに、Google マップで飲食店のクチコミを投稿していたことが後からばれた、ということもあるようです。

もし、どうしても本名で登録したい方は、漢字ではなくローマ字で登録しましょう。その方が個人が特定される可能性は低くなります。

Gmailの送信者に表示される

Gmailの送信者名は、特に設定をしていなければGoogle アカウントの名前が表示されます。実際に見てみましょう。

Gmaillの受信トレイ

Gmailを送信すると、相手の方の受信トレイにはアカウントの名前が表示されます。

知っている方とのやりとりだけであれば問題ありませんが、ネットで知り合った人などとやりとりされている方は自ら本名を知らせていることになり、危険だと言えます。

Gmailの名前は、Google アカウントの名前は変更せずに、Gmail アカウントの名前だけを変更することも可能です。

ただし、Gmailでやりとりしている友人や知人などへは、送信者の名前を変更したことを知らせておいた方がよいでしょう。