G Tips

Google アシスタントのエラー(反応しない場合など)

  • Release

Google アシスタントのエラーに関する情報をまとめてご紹介します。

Google アシスタントの反応が遅い場合や反応しない場合の対処法や、スピーカーやディスプレイで発生する接続エラーについても説明します。

エラーを防ぐためにも、アプリは常に最新のバージョンにしておくようにしましょう。

Google アシスタントのエラーについて

Google アシスタントを使っていると、予期せぬエラーが発生することがあります。

このセクションでは、Google アシスタントのよくあるエラーの対処法をご紹介します。

Google アシスタントの反応が遅い

AndroidのGoogle アシスタントは音声で利用することができますが、もし反応が遅い場合は以下の対処法をお試しください。

デバイスの再起動
再起動アイコンをタップ

まず最初に、Androidスマホの再起動を行ってみましょう。

電源ボタンを長押しし、②「再起動」アイコンをタップします。その後再度Google アシスタントの反応をご確認ください。

Google アプリを更新する
プロフィールアイコンをタップ

Google アプリが最新のバージョンになっていないことで、アシスタントの反応が遅い可能性もあります。

Google Play ストアアプリを開き、プロフィールアイコンをタップします。

アプリとデバイスの管理を選択

「アプリとデバイスの管理」を選択します。

管理タブをタップ

「管理」タブをタップします。

Googleを選択

インストール済みのアプリ一覧が表示されますので、「Google」を選択します。

更新ボタンをタップ

「更新」ボタンをタップし、最新バージョンにアップデートしましょう(「開く」ボタンが表示された場合は、最新バージョンになっています)。

Voice Matchを再設定する

大人になって声質が変わるということはあまり考えられませんが、念のためVoice Matchの音声モデルの再設定を行ってみましょう。

再設定の手順については、下記記事の「音声を変更する」セクションでご紹介しています。

Google アシスタントの音声利用について

Google アシスタントが反応しない

AndroidのGoogle アシスタントが反応しない場合、デバイスの再起動やアプリのバージョンアップだけではなく、設定がどうなっているかの確認もしましょう。

デバイスの再起動

Google アシスタントを使うには、インターネットへの接続が必要です。また、電波状況に問題があるかもしれませんので、一度Androidスマホの再起動を行ってみましょう。

Google アプリのバージョンを確認

Google アプリが最新のバージョンになっているか確認し、必要であればGoogle アプリを更新してください。

Google アプリを更新する方法は、この記事の「Google アプリを更新する」セクションでご紹介しています。

「OK Google」がオンになっているか確認する

「OK Google」と話しかけて音声で利用するには、Voice Matchの設定で「OK Google」をオンにする必要があります。しかし、アシスタントが反応しない場合は、「OK Google」がオフになっているかもしれません。

Voice Matchの設定については、下記記事の「Google アシスタントに声を認識させる(Voice Match)」セクションで説明しています。「OK Google」がオンになっているか、確認しましょう。

OK Google アシスタントを開いて


アシスタントの言語を確認する
プロフィールアイコンをタップ

アシスタントと話す言語は、デフォルトでは日本語となっていますが、他の言語が設定されているかもしれません。念のため確認してみましょう。

Google アプリを開き、プロフィールアイコンをタップします。

設定を選択

「設定」を選択します。

Googleアシスタントを選択

「Google アシスタント」を選択します。

言語を選択

「言語」を選択します。

言語をタップ

「日本語(日本)」が表示されているか、ご確認ください。

もし、他の言語が表示されている場合は、その言語をタップします。

日本語(日本)を選択

対応言語一覧が表示されますので、「日本語(日本)」を選択してください。

バッテリーセーバーと自動調整バッテリーをオフにする
バッテリーを選択

バッテリーセーバーと自動調整バッテリーがオンになっていることで、アシスタントが反応しない可能性もあります。設定をオフに変更しましょう。ここでは、Pixel 4aでの操作手順をご紹介します。

設定アプリを開き、「バッテリー(または電池)」を選択します。

バッテリーセーバーを選択

「バッテリーセーバー」を選択します。

トグルスイッチをタップ

「バッテリーセーバーを使用する」のトグルスイッチをタップします。

バッテリーセーバーがオフ

「バッテリーセーバーを使用する」がオフになりました。

「自動調整バッテリー」もオンになっている場合は、バッテリーセーバーと同様にオフにしてください。

iPhoneのGoogle アシスタントが反応しない

iPhoneのGoogle アシスタントアプリで、アシスタントが反応しない場合の対処法をご紹介します。

デバイスの再起動

電波状況が悪いことが原因で、アシスタントが反応しないのかもしれません。一度iPhoneの再起動を行ってみましょう。

Google アシスタントアプリのバージョンを確認
検索ボックスをタップ

Google アシスタントアプリが最新のバージョンになっているか確認しましょう。

App Storeアプリを開き、「検索ボックス」をタップします。

googleアシスタントアプリを選択

「Google アシスタント」と入力し、表示された検索結果一覧から②「google アシスタントアプリ」を選択します。

Googleアシスタントを確認

Google アシスタントを確認し、上記のように「開く」ボタンが表示されている場合は、最新バージョンにアップデートされています。

もし「アップデート」ボタンが表示された場合は、アップデートをしてください。

アシスタントの言語を確認する
プロフィールアイコンをタップ

Google アシスタントと話す言語は、デフォルトでは日本語となっています。しかし、アシスタントが反応しない場合は、他の言語が設定されていることも考えられます。念のため確認してみましょう。

Google アシスタントアプリを開き、プロフィールアイコンをタップします。

言語を選択

「言語」を選択します。

言語をタップ

「日本語(日本)」が選択されていれば問題ありません。

もし他の言語が表示されている場合は、その言語をタップします。

日本語(日本)を選択

対応言語一覧が表示されますので、「日本語(日本)」を選択してください。

接続エラーになった場合の設定方法

Google Nestシリーズのスピーカーやディスプレイで、アシスタントに接続できないエラーが発生することがあります。その場合のトラブルシューティングをご紹介します。

電源から一度外す

接続エラーが発生したスピーカーやディスプレイを、一度電源から外してください。そして約10秒間経過してから、再度電源に接続します。

デバイスが再起動したのを確認し、再びアシスタントに話しかけてみましょう。

Wi-Fiルーターを再起動する

Wi-Fiルーターを再起動してください。それでも接続エラーが発生する場合は、デバイスをルーターに近づけてみましょう。

デバイスを初期化する

接続エラーは数分経てば解決することが多いのですが、上記の対処法を試したあとでもエラーが何度も発生する場合は、デバイスを初期化しましょう。その後再設定し、アシスタントと接続できるかお試しください。

Google Nest Miniの初期化方法については、下記記事でご紹介しています。

Google Nest Miniを初期化する方法

Google Nest Hub(第2世代)の初期化方法については、下記記事をご参照ください。

Google Nest Hubの初期化(リセット)する方法

このページを見ている人におすすめの商品