G Tips

Google Chromeのパスワードについて

  • Release

この記事では、Google Chromeのパスワードに関する情報について、詳しく説明します。

保存したパスワードの確認方法やパスワードの変更、エクスポートとインポートの方法についてもご紹介しますので、ご自分でしっかり管理するようにしましょう。

また、Google Chromeのパスワードについて、よくある質問にもお答えしています。

Google Chromeのパスワードマネージャーとは?

パスワード管理画面

グーグルクロームにはパスワード管理画面があり、保存したパスワードの確認や変更などを行うことができます。

パスワードマネージャー

また、Google Chromeのパスワード管理画面とは別に、Google アカウントでの保存パスワードを表示、管理することができるGoogle パスワードマネージャーというツールがあります。

詳しい使い方については、下記記事でご紹介しています。保存したパスワードの安全性もチェックできますので、ぜひお試しください。

Google パスワードマネージャーの使い方

パスワードを保存する

Google Chromeでパスワードを記憶させ、登録する方法については、下記記事で詳しく説明しています。

Google Chromeでサイトを開き、新しいパスワードを入力すると「パスワードを保存しますか?」ダイアログボックスが表示されますが、パスワード管理画面から手動でパスワードを保存することも可能です。

Google Chromeのパスワードの保存方法

保存したパスワードを確認する

パスワードアイコンをクリック

パスワードを忘れた場合は、管理画面の保存したパスワード一覧で確認できます。Windowsでの操作方法をご紹介しますが、パスワード表示にはWindowsのパスワードが必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

Google Chromeを開き、①「プロフィール」アイコン、②「パスワード」アイコンを順にクリックします。

プレビューアイコンをクリック

「保存したパスワード」一覧が表示されますので、確認したいパスワードの「プレビュー」アイコンをクリックします。

OKボタンをクリック

「Windows セキュリティ」ダイアログボックスが表示されますので、①「Windowsのパスワード」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

プレビューアイコンをクリック

保存したパスワードが表示されます。

再度「プレビュー」アイコンをクリックすると、パスワードは非表示になります。

保存したパスワードを変更する

パスワードアイコンをクリック

Windowsでの操作方法をご紹介しますが、保存したパスワードの変更にはWindowsのパスワードが必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

Google Chromeを開き、①「プロフィール」アイコン、②「パスワード」アイコンを順にクリックします。

︙をクリック

パスワード管理画面が表示されますので、「保存したパスワード」の中の変更したいパスワードの「︙」をクリックします。

パスワードを編集を選択

表示されたメニューの中から「パスワードを編集」を選択します。

OKボタンをクリック

「Windows セキュリティ」ダイアログボックスが表示されますので、①「Windowsのパスワード」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

保存ボタンをクリック

「パスワードを編集」ダイアログボックスが表示されますので、①「パスワード」を変更し、②「保存」ボタンをクリックします。

プレビューアイコンをクリック

パスワードの変更完了となります。

変更したパスワードを確認するには、「プレビュー」アイコンをクリックします。

保存したパスワードを削除する

パスワードアイコンをクリック

Google Chromeを開き、①「プロフィール」アイコン、②「パスワード」アイコンを順にクリックします。

︙をクリック

パスワード管理画面が表示されますので、「保存したパスワード」の中の削除したいパスワードの「︙」をクリックします。

削除を選択

表示されたメニューの中から「削除」を選択します。

パスワードを削除しましたと表示

「パスワードを削除しました」と表示され、削除完了となります。

保存したパスワードをすべて削除する

閲覧履歴を消去を選択

保存したパスワードをすべて削除するには、閲覧履歴データの「パスワードとその他のログインデータ」を削除します。

Google Chromeを開き、①」をクリックし、②「その他のツール」、③「閲覧履歴を消去…」の順に選択します。

ショートカットキー「Ctrl+Shift+Delete」でも可能です。

詳細設定タブを選択

「閲覧履歴データの削除」ダイアログボックスが表示されますので、「詳細設定」タブを選択します。

全期間を選択

「期間」の「▼」をクリックし、②表示されたプルダウンメニューの中から「全期間」を選択します。

データを削除ボタンをクリック

「パスワードとその他のログインデータ」にチェックマークを入れ、②「データを削除」ボタンをクリックします。その他の閲覧データの削除は、必要に応じて選択してください。今回の例では、すべて選択しています。

削除後のパスワード管理画面

削除後にパスワード管理画面を確認すると、保存したパスワードはすべて削除され、何も表示されていません。

パスワードを生成する

提案されたパスワードを使用を選択

Google Chromeでは、Webサイトで新たにアカウント作成や会員登録をする際に、安全性の高いパスワード生成して保存することができます。

Google Chromeにログインした状態でサイトへアクセスし、①パスワード入力欄でクリックします。パスワードがプレビュー表示されますので、②「提案されたパスワードを使用」を選択します。表示されたパスワードは自動保存されるため、覚えておく必要はありません。

パスワードを自動生成を選択

「提案されたパスワード」が表示されない場合は、①パスワード入力欄で右クリックし、②「パスワードを自動生成…」を選択します。

提案されたパスワードを使用を選択

パスワードがプレビュー表示されますので、「提案されたパスワードを使用」を選択します。

自動生成できない場合

同期が無効(オフ)になっている

パスワードを自動生成するには、Google Chromeの同期を有効(オン)にする必要があります。自動生成できない場合は、同期が無効となっている可能性がありますので、同期を有効にしましょう。

Google Chromeの同期を有効にする手順については、下記記事の「すべてのデバイスでGoogle Chromeでブックマークを同期する方法」で説明しています。

Google Chromeでブックマークを同期する方法

同期データのパスワードがオフになっている

Google Chromeの同期データはカスタマイズできるため、「パスワード」の同期がオフになっていると、パスワードの自動生成はできません。

同期データを確認し、パスワードがオフになっている場合は、オンにしてください。

同期データの確認方法は、下記記事の「GoogleアプリとGoogle Chromeを同期する方法」で説明しています。同期データは「すべてを同期する」または「パスワード」をオンにしましょう。

Google Chromeの同期とは?アカウント同期についての設定まとめ

「パスワードを保存できるようにする」がオフになっている

自動生成したパスワードは、Google アカウントに保存されるようになっています。そのため、設定で「パスワードを保存できるようにする」がオフになっていると、自動生成されません。

パスワードの設定の確認方法は、下記記事の「パスワードが保存されない場合」でご紹介していますので、ご参照ください。

Google Chromeのパスワードの保存方法

パスワードをエクスポートする

パスワードアイコンをクリック

Windowsでの操作方法をご紹介しますが、パスワードをエクスポートするにはWindowsのパスワードが必要になりますので、事前に用意しておきましょう

Google Chromeを開き、①「プロフィール」アイコン、②「パスワード」アイコンを順にクリックします。

︙をクリック

パスワード管理画面が表示されますので、保存したパスワードの右にある」をクリックします。

パスワードをエクスポートをクリック

「パスワードをエクスポート」をクリックします。

パスワードをエクスポートボタンをクリック

「パスワードのエクスポート」ダイアログボックスが表示されますので、「パスワードをエクスポート…」ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

「Windows セキュリティ」ダイアログボックスが表示されますので、①「Windowsのパスワード」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

保存ボタンをクリック

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されますので、①ファイル名を「Chrome パスワード」から「Chrome パスワード.csv」へ変更し、②「保存先」を選択し、③「保存」ボタンをクリックします。

例として、保存先は「デスクトップ」を選択します。

ファイルの表示

デスクトップにファイルが表示されます。

なお、このファイルは保護されていない状態で保存されますので、必要であれば暗号化する、または使用後に削除するなど管理には注意しましょう。

パスワードをインポートする

設定アイコンをクリック

パスワードのインポートは、Google パスワード マネージャーで行います。

また、他のサービスからパスワードをインポートできるのは、.CSV ファイル形式のパスワードのみとなっています。

Google パスワード マネージャーを開き、「設定」アイコンをクリックします。

インポートをクリック

設定画面が表示されますので、「インポート」をクリックします。

次へボタンをクリック

本人確認を行うため、①「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

ファイルを選択をクリック

「パスワードのインポート」ダイアログボックスが表示されますので、「ファイルを選択」をクリックします。

開くボタンをクリック

「開く」ダイアログボックスが表示されますので、①「ファイル」を選択し、②「開く」ボタンをクリックします。

例として、「Microsoft Edgeのパスワード」を選択します。

インポートをクリック

再度「パスワードのインポート」ダイアログボックスが表示されますので、選択したファイルを確認し、「インポート」をクリックします。

完了をクリック

「○件のパスワードをインポート」と表示されますので、「完了」をクリックします。

←をクリック

「←」をクリックします。

インポートしたパスワードの表示

インポートしたパスワードが表示されます。

Google Chromeのパスワードについてよくあるご質問

Google Chromeのパスワードに関するトラブルの対処法や、よくある質問にお答えします。

パスワードが自動入力されない

自動ログインをオンにする
パスワードアイコンをクリック

パスワードの自動ログインがオフになっている可能性がありますので、管理画面で確認しましょう。

Google Chromeを開き、①「プロフィール」アイコン、②「パスワード」アイコンを順にクリックします。

自動ログインをオン

「自動ログイン」を確認し、オフになっている場合はオンにしてください。

パスワードを常に保存しないサイトから削除
✕をクリック

パスワードを常に保存しないサイトになっていることで、パスワードが自動入力されない可能性があります。

上記の「自動ログインをオンにする」を参照にパスワードの管理画面を開き、下へスクロールして「常に保存しない」に表示されたサイトを確認してください。その中に自動入力されないサイトがあれば、「✕」をクリックしてください。

Google ChromeでiCloudキーチェーンは使える?

Chrome ウェブストア

Appleがリリースした拡張機能「iCloudパスワード」をWindowsのGoogle Chromeに追加することで、iCloudキーチェーンの利用が可能になりました。

Chrome ウェブストアからインストールできます。

パスワード情報が漏洩しましたと表示される

Google Chrome ヘルプ

Google Chrome ヘルプには、「第三者のウェブサイトやアプリのデータ漏えいで流出したパスワードとユーザー名の組み合わせを使用している場合、Chromeでアラートが表示されることがあります。」と記載されています。

もし、「パスワード情報が漏洩しました」と表示された場合は、パスワードを変更しましょう。安全なパスワードの作成については、Google アカウント ヘルプでご紹介していますので、ご参照ください。

保存したパスワードが消えた

Google Chromeのアップデートや同期設定などが原因で、保存したパスワードが消えることがあります。原因は明確ではありませんが、以下の対処法をお試しください。

Google Chromeからログアウトし、再度ログインする

ログインしているアカウントから一度ログアウトし、再度ログインしてパスワードが表示されるか、ご確認ください。

Google Chromeのアカウントのログアウト、ログイン方法については、下記記事でご紹介しています。

Google Chromeのログアウト方法

Google Chromeのログイン方法

デバイスを再起動する

PCやスマホなどお使いのデバイスを再起動し、パスワードが保存されているか、再度確認してください。

パスワードをエクスポートし、インポートする

この記事の「パスワードをエクスポートする」「パスワードをインポートする」で手順をご紹介していますが、Google Chromeのパスワードをエクスポートし、そのファイルをインポートしてください。

この方法で解決された方もいるようなので、上記の方法でパスワードを復活できない場合はお試しください。

このページを見ている人におすすめの商品