G Tips

Google コンタクトの連絡先の名刺管理方法

  • Release

こちらの記事では、Googleの連絡先で、名刺管理をする方法をご紹介します。

よく利用する連絡先管理サービスで、仕事で関わる方の名刺の管理も合わせて行いたいという方も多いと思います。

名刺管理に必要なサービスや、連絡先の登録方法も合わせてご紹介します。

Googleの連絡先で名刺管理する方法

名刺管理を希望されている方の中には、名刺の写真を撮影したら、各種情報が入力作業なしで登録されるような、簡単に情報登録ができる状況にしたい、というイメージをお持ちの方が多いと思います。

残念ながら、Google コンタクト(連絡先)機能には、そういった撮影機能や、名刺の自動登録機能はありません。

ただ、Google コンタクトは、外部の名刺管理システムと連携できることが多いです。そういったシステムを利用することで、名刺の情報を簡単にGoogle コンタクトに登録していくことができます。

以下にて、Google コンタクトと連携可能な、人気の名刺管理システムをご紹介します。

連絡先への自動登録ができるシステム

まずは、連絡先への自動登録ができるシステムをご紹介します。

myBridge
myBridge

myBridgeは、専用アプリから名刺を撮影して登録する、LINE株式会社がリリースしているサービスです。

その最大の特徴としては、無料で名刺の枚数や入力項目数に上限がなく利用できる点です。

登録した連絡先は、Google コンタクト(連絡先)に保存できます。

CAMCARD BUSINESS
CAMCARD BUSINESS

CAMCARD BUSINESSは、INTSIG Information Corporationより提供され、世界で利用されているシステムです。

こちらは月額料金がかかるサービスですが、名刺情報の登録に人が介在する(登録作業は人が行う)ため、登録情報の正確性は非常に高いのが特徴です。

こちらのサービスは、スマートフォンは使わずに、専用スキャナーを使って、情報を取り込みます。

こちらサービスも、Google コンタクト(連絡先)への自動登録が可能です。

CSVからエクスポートできるシステム

続いて、Googleの連絡先への自動登録はできないながらも、CSVファイルを使って、インポートできるサービスをご紹介します。

sansan
sansan

sansanは、国内トップシェアの名刺管理システムで、民間企業だけでなく、公的機関でも利用されているサービスです。

利用にあたり、月額料金が発生しますが、AIと人の手入力によって、99.9%の精度で名刺情報を登録できるのが魅力です。スキャンの方法は、CAMCARD BUSINESSと同様に、専用スキャナーで情報を取り込みます。

広く利用されているsansanですが、残念ながらGoogleの連絡先への自動登録はできません。その代わり、CSVファイルをエクスポートして、Googleの連絡先へインポートすることは可能です。

Googleの連絡先へのインポート方法が分からないという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Google コンタクトの連絡先を登録する方法

Eight
Eight

Eightは、上記で紹介したsansanと同じ企業からリリースされている名刺管理サービスです。

こちらは、専用アプリで名刺を撮影して、AIが内容を読み取り、自動登録をしてくれるシステムです。sansanよりも精度は落ちますが、基本機能は無料で利用できるのが大きな魅力です。

企業はsansan、個人はEightを利用するというニーズが多いようです。

Eightもsansanと同様に、Googleの連絡先への自動登録機能はありませんが、CSVファイルを使ったインポートで情報登録をすることができます。

ただし、EightからCSVファイルのエクスポートする機能は、有料プランの契約のみ利用可能ですので注意です。

名刺の情報をGoogleの連絡先に登録する方法

名刺管理システムの利用開始方法や、Google コンタクトとの連携方法は、システムによって異なるので、上記で紹介している各システムのホームページをご覧ください。

一例として、myBridgeとGoogleの連絡先を同期する方法をご紹介します。

メニュー

myBridgeアプリを開いて、①「メニュー」アイコンをクリックし、②「連絡先に自動保存」をタップします。

連絡帳

「連絡先に自動保存」画面が開くので、「Google連絡帳」をタップします。

スイッチオン

「Googleの連絡帳に自動保存」のスイッチをオンにして、②表示される「この機能を~」という画面の「確認」をタップします。

続ける

「”myBridge”がサインインのために~」という確認画面が表示されるので、「続ける」をタップします。

アドレス入力

同期したいGoogle アカウントの①メールアドレスまたは電話番号を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

パスワード

同期したいGoogle アカウントの①ログインパスワード入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

許可

「myBrideがGoogle アカウントへのアクセスをリクエストしています」という確認画面が表示されるので、下にスクロールして「許可」ボタンをタップします。

完了

「保存オプション設定」画面が表示されたら、「完了」ボタンをタップします。

ONを確認

「Googleの連絡帳」画面に戻るので、「Googleの連絡帳に自動保存」にチェックが入っている状態になっていれば、同期設定は完了です。

このページを見ている人におすすめの商品