Google ドキュメントのコメント機能に関する情報まとめ

  • Release

この記事では、Google ドキュメントのコメント機能に関する情報をまとめてご紹介します。

コメント機能は、ドキュメントを共有しているユーザーとチャットツールのように使えるので、とても便利です。

また、スマホ版Google ドキュメントでもコメント機能を利用できます。アプリでの操作方法についても説明します。

Google ドキュメントのコメント機能

共有しているファイルにコメントを追加したり返信することで、他のユーザーとの共同編集をスムーズに行うことができます。

PC(Windows)のGoogle ドキュメントで、コメントの追加、表示や通知の管理など各種操作方法について説明します。

コメントを追加する

コメントを追加アイコンをクリック

コメントを追加するファイルを開き、①コメントを追加するテキストを選択し、②「コメントを追加」アイコンをクリックします。ショートカットキー「Ctrl+Alt+M」でも可能です。

コメントボタンをクリック

コメント入力ボックスが表示されますので、①コメントを入力し、②「コメント」ボタンをクリックします。

絵文字アイコンをクリック

入力したコメントが表示されます。絵文字アイコンをクリックして、絵文字のリアクションを追加することもできます。

Google ドキュメントのコメントを表示する

PC(Windows)のGoogle ドキュメントでコメント履歴を開き、すべてのコメントを表示する方法をご紹介します。

作業時間:1分

「コメント履歴を開く」アイコンをクリック
コメント履歴を開くアイコンをクリック

Google ドキュメントで対象のファイルを開き、「コメント履歴を開く」アイコンをクリックします。ショートカットキー「Ctrl+Alt+Shift+A」でも可能です。通常、ドキュメントに表示されているのは、未解決のコメントです。

すべてのコメントの表示
すべてをクリック

解決済みも含め、すべてのコメントが表示されます。「すべて」をクリックすると、コメントの種類でフィルタすることもできます。

コメントを非表示にする

✓をクリック

コメントを非表示とするには、解決済みにして終了させる必要がありますが、終了後に再開することが可能です。その手順もご紹介します。

対象のファイルを開き、①非表示とするコメントを選択し、②「✓」をクリックします。

コメント履歴を開くアイコンをクリック

選択したコメントが非表示になりました。非表示にすると、そのコメントに参加しているユーザーに解決したことが通知されます。

再開するには、「コメント履歴を開く」アイコンをクリックします。ショートカットキー「Ctrl+Alt+Shift+A」でも可能です。

再開するを選択

コメント履歴が表示されますので、①再開するコメントの「︙(その他オプション)」をクリックし、②「再開する」を選択します。

コメントを追加して再開することもできます。

再開したコメントの表示

「再開しました」と表示され、ドキュメントにも再度コメントが表示されます。

コメントを通知する

コメントの通知は、以下の2種類の方法で設定・管理することができます。

「ツール」タブから設定する
通知設定を選択

対象のファイルを開き、①「ツール」タブ、②通知設定の順に選択します。

OKボタンをクリック

「通知設定」ダイアログボックスが表示されますので、①コメントの通知を受け取る条件(例:自分に関連するコメント)を選択し、②「OK」ボタンをクリックします。

デフォルトでは「すべてのコメント」が選択されています。

通知設定をクリック

上記のように、Gmailでコメントの通知がされます。「通知設定」をクリックし、コメントの通知の設定を変更することも可能です。

「コメント履歴」から設定する
コメント履歴を開くアイコンをクリック

対象のファイルを開き、「コメント履歴を開く」アイコンをクリックします。

通知設定アイコンをクリック

コメント履歴が表示されますので、「通知設定」アイコンをクリックします。

通知設定ダイアログボックスの表示

「通知設定」ダイアログボックスが表示されます。設定方法は、上記の「ツールタブから設定する」セクションをご参照ください。

コメントの通知をオフにする
通知設定を選択

対象のファイルを開き、①「ツール」タブ、②通知設定の順に選択します。

OKボタンをクリック

「通知設定」ダイアログボックスが表示されますので、①コメントの通知設定で「なし」を選択し、②「OK」ボタンをクリックします。

コメントの権限を変更する

共有ボタンをクリック

コメントの追加や編集などができるのは、アクセス権限が「編集者」または「閲覧者(コメント可)」の場合となっています。

権限を変更するには、対象のファイルを開き、「共有」ボタンをクリックします。

編集者を選択

『「(ファイル名)」を共有』ダイアログボックスが表示されますので、①コメントの権限を変更するユーザーの権限(例:閲覧者)をクリックし、②変更後の権限(例:編集者)を選択します。

保存ボタンをクリック

権限が変更(例:編集者)になっていることを確認し、「保存」ボタンをクリックします。

アクセス権を更新しましたと表示

「アクセス権を更新しました」と表示され、コメントの権限の変更完了となります。

コメントを削除する

削除を選択

コメントを削除すると、再開および復元することはできませんのでご注意ください。

対象のファイルを開き、①削除するコメントの「︙(その他オプション)」アイコンをクリックし、②「削除」を選択します。

削除をクリック

「このコメント スレッドを削除しますか?」と表示されますので、「削除」をクリックします。

一部のコメントだけ削除することはできず、スレッド単位での削除となります。

コメント履歴を開くアイコンをクリック

コメントが削除されました。

削除したコメントが表示されるか確認するため、「コメント履歴を開く」アイコンをクリックします。

コメント履歴の表示

すべてのコメント履歴を確認しても、削除したコメントは表示されません。

スマホ版のコメント機能の使い方

iPhoneおよびAndroidのGoogle ドキュメントアプリでも、コメントの追加や表示などを行うことができます。

基本的な操作方法をご紹介します。

iPhone

コメントを追加する
コメントを追加をタップ

Google ドキュメントアプリで対象のファイルを開き、①コメントを追加するテキストを選択し、②「コメントを追加」をタップします。

送信アイコンをタップ

コメントを入力し、②「送信」アイコンをタップします。

テキストをタップ

入力したコメントの内容を確認するには、コメントを追加したテキストをタップします。

入力したコメントの表示

入力したコメントが表示されます。

コメントを表示・返信する
コメントアイコンをタップ

Google ドキュメントアプリでコメントを表示するファイルを開き、「コメント」アイコンをタップします。

コメントを選択

すべてのコメントが表示されます。内容を確認するには、対象のコメントを選択します。

返信を追加をタップ

コメントの内容が表示されます。返信するには、「返信を追加」をタップします。

送信アイコンをタップ

コメントを入力し、②「送信」アイコンをタップします。

入力したコメントの表示

入力したコメントが表示されます。 

Android

コメントを追加する
︙をタップ

Google ドキュメントアプリで対象のファイルを開き、①コメントを追加するテキストを選択し、②」をタップします。

コメントを追加を選択

表示されたメニューの中から「コメントを追加」を選択します。

送信アイコンをタップ

コメントを入力し、②「送信」アイコンをタップします。

コメントアイコンをタップ

「コメントを追加しました」と表示されます。

入力したコメントの内容を確認するには、「コメント」アイコンをタップします。

入力したコメントの表示

入力したコメントが表示されます。

コメントを表示・返信する
コメントアイコンをタップ

Google ドキュメントアプリでコメントを表示するファイルを開き、「コメント」アイコンをタップします。

コメントを選択

すべてのコメントが表示されます。内容を確認するには、対象のコメントを選択します。

返信を追加

コメントの内容が表示されます。返信するには、「返信を追加」をタップします。

送信アイコンをタップ

コメントを入力し、②「送信」アイコンをタップします。

入力したコメントの表示

入力したコメントが表示されます。

Google ドキュメントのコメントが見れない場合

Google ドキュメントのコメントが表示されない、消えたなどで見れない場合の原因と対処法をご紹介します。

権限が変更された

編集権限をリクエストをクリック

コメントが消え、上部に「編集権限をリクエスト」と表示されている場合は、権限が「閲覧者」となっています。

「編集権限をリクエスト」をクリックして、オーナーへ権限の変更を依頼しましょう。詳しい操作手順については、下記記事の「編集権限をリクエストする」セクションをご参照ください。

Google ドキュメントの編集権限の設定方法

解決済みのため、非表示となっている

コメント履歴を開くアイコンをクリック

コメントが表示されない場合は、他のユーザーが解決済みにした可能性があります。

確認のため、「コメント履歴を開く」アイコンをクリックします。

解決済みを選択

すべてのコメント履歴が表示されます。解決済みのコメントを表示するには、①「すべて」をクリックし、②「解決済み」を選択します。

解決済みのコメントの表示

解決済みのコメントが表示されますので、内容をご確認ください。

コメントが削除された

コメント履歴を確認してもコメントが見れない場合は、他のユーザーが削除した可能性があります。

削除したコメントは復元不可のため、再度表示することはできません。

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 Google ドキュメントで行間を広くする方法を教えて
  • 質問例2 YouTube Premiumでできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

キーワードで記事を探す: 記事数