G Tips

Google Driveの容量別料金について

  • Release
  • Update

Googleドライブは非常に便利なシステムですが、これだけ便利だと料金が気になりますよね。

今回こちらの記事では、Googleドライブの料金について、無料の範囲や金額ごとにできることなどをご紹介していきたいと思います。

ライトユーザーも、ヘビーユーザーも参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

Google Drive(ドライブ)の料金プランについて

Googleドライブは基本的に無料で利用できるサービスですが、使用していく中でストレージの容量が足りなくなってきた場合は、課金してストレージを増やすことができます。

この有料プランは「Google One」というサービス名で提供されています。

有料プランにも提供されるストレージの容量によって複数のプランがあります。

無料で利用できる範囲

無料での利用の場合、1アカウントで15GBのストレージを利用できます。

ただ、注意しなくていけないのは、「一つのGoogleアカウントで15GBのストレージ利用」なので、「Gmail」や「Googleフォト」などのサービスの容量も含めて15GBに収めなくてはいけません。

そのため、多くの容量を利用するファイルのやり取りや、長期間の利用による保存されているメールや、アイテムの積み重ねによってストレージを圧迫しているということはよくあります。

容量別料金

こちらが有料版の「Google One」の容量別の料金です。

1GB当たりの金額が、2TBのプランが一番安く、お得になるということで人気があるようです。

ストレージ容量料金(月額)料金(年額)
100GB250円2,500円
200GB380円3,800円
2TB1,300円13,000円
10TB13,000円156,000円
20TB26,000円312,000円
30TB39,000円468,000円

※2021年3月現在

法人・個人用ビジネス版(Google Workspace)の料金

ビジネスとしての利用向けに提供されている、「Google Workspace」も、「Google One」と同様にGoogleドライブの有料版として多くのストレージ容量を利用できます。

Google Workspaceは1ユーザー当たりで料金が発生するので、コストを計算するときは、下記の表の、「1ユーザー当たりの月額料金」に、参加メンバー数を掛けて算出しましょう。

システム名1ユーザー当たりのストレージ1ユーザー当たりの月額料金
Business Starter30GB680円
Business Standard2TB1,360円
Business Plus5TB2,040円

※2021年3月現在

提供が終了したGoogle Drive for Work

「Google Drive for Work」とは、2014年3月にGoogleが試用を開始した、月額1,200円で無制限のストレージが利用できるシステムです。

月額1,200円というコストで、ストレージが無制限という非常にコストパフォーマンスに優れたサービスでしたが、Googleが上記で紹介している「Google One」と「Google Workspace」の展開に切り替えたため、現在は提供を終了しています。

Google Driveと他サービスの料金比較

Googleドライブの有料版(Google OneとGoogle Workspace)と同様のストレージサービスで比較されやすいのが、「Dropbox」と「OneDrive」です。

各サービスの代表的なプランの料金は以下の通りです。

サービス名代表的なプランストレージ1ファイルの最大サイズ月額料金
Google WorkspaceBusiness Standard2TB5TB1,360円
Dropbox BusinessStandard5TB無制限1,250円
OneDrive for BusinessOne Drive for Business (Plan 1)無制限15GB540円

それぞれの料金での比較は各社がそれぞれ、他社の動向を見つつ引き下げを行っているため、常にどこが安いかは断言しにくい状況です。

ただ、それぞれのサービスの特徴や、ストレージ以外の付帯サービスに着目することで、選ぶべきサービスがみえてくるとおもいますので、ご紹介していきます。

Googleドライブ(Google One/Google Workspace)

有料プランのサービス名は上述の通りです。ストレージに特化しているだけではなく、Gmailやビデオ会議の機能など、ストレージ以外の機能も充実しています。

追加のストレージは100GB~2TBまでと比較的少ない量から購入できるのも魅力的です。

Google Oneの最新料金プランはこちら

Google Workspaceの最新料金プランはこちら

Dropbox

ストレージに特化したサービスを提供するDropbox。2TB、3TBのストレージの有料追加プランがありますが、他2つのサービスと違い、少量からの追加が出来ません。

そのため、「ストレージにのみ特化したサービスを求めている」「2TB以上使うような状況が確定している」という方向けのサービスです。

Dropboxの最新料金プランはこちら

OneDrive

マイクロソフトが提供しているサービスですが、iPhoneやmacでもストレージは利用可能です。

ストレージ容量は100GBから有料で追加可能なほか、サブスクリプションとして最新のOffice製品が使用できて1TBのストレージがついてくるプランなどもあります。

OneDriveの最新料金プランはこちら